カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井監督の采配はこのままでいいのか?貧打&痛恨ミスで…開幕3連敗

2023年4月4日

新井監督の采配はこのままでいいのか?貧打&痛恨ミスで、開幕3連敗

新井貴浩新監督が就任した広島は、リーグ3連覇を目指すヤクルトに敵地・神宮で開幕カード3連敗。厳しい船出となった。

まさかのエラーで開幕3連敗

投手陣は踏ん張ったが、打線が機能しなかった。開幕戦で3安打零封負けを喫すると、2戦目は早速、打線をテコ入れ。1番・菊池涼介、8番・小園海斗と入れ替えたがつながらない。4安打のみに終わり、球団史上初の開幕2試合連続零封負けを喫した。

3戦目は初回に秋山翔吾の右越え適時三塁打、2回に新外国人・デビッドソンの来日初アーチとなる1号左越えソロで試合の主導権を握ったが、先発の玉村昇梧が3回に山田哲人に同点2ランを浴びると、膠着状態に。試合の分岐点となったのは手痛いミスだった。

8回に村上宗隆の右翼フェンス直撃の当たりを、野間峻祥が捕球を試みたが届かず、クッションボールの処理でもたついた。足を滑らせて転倒すると、焦った送球は野手のいない一塁方向へ転々。この間に村上に決勝点の本塁帰還を許した。

スポーツ紙デスクは、「野間が身体能力の高い選手であることは間違いないが、実戦で手痛いミスが目立つ。チーム再建に向けて若手を起用した方がいいのでは。高卒2年目の田村俊介はオープン戦で結果を出していましたし、スタメンで見たい選手です。広島は16~18年に球団史上初の3連覇を飾ってから5年が経つ。当時の主力に衰えが見え始める中、若返りを加速するべきだと思います」と指摘する。

19年から4年連続Bクラスと低迷期が続き、今年の下馬評も決して高くない。チームに漂う停滞感をどう打破するか。シーズンはまだ始まったばかり。熱狂的で知られる広島ファンの期待は大きい。新井監督の手腕が問われる。(中町顕吾)

(※引用元 J-CAST

関連記事

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

パ・リーグに加入していたら… 本誌創刊の1958年(昭和33年)、広島カープは5位。優勝はおろかいまだAクラスの経験もなく、いつ抜け出せるかも分からぬ長い低迷時代の中にあった。 もちろん、球団の歴史は …

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

今シーズン導入された申告敬遠に慣れてしまった自分に寂しさを感じている同志の皆さま、如何お過ごしですか。あれほど「敬遠球をホームランにしたり暴投したりのドラマがなくなる!」と憤っていたのに案外簡単に受け …

セ・リーグ首位打者争いは、稀に見る四球の少なさ…菊池は悪球打ち?

セ・リーグ首位打者争いは、稀に見る四球の少なさ…菊池は悪球打ち?

菊池涼介、糸原健斗のIsoDはリーグ最低クラス 今季のセ・リーグ首位打者争いは、広島・菊池涼介と阪神・糸原健斗が共に打率.350前後をマークするハイレベルな展開となっている。昨季は両選手とも打率3割を …