カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

マクブルーム、四番は自分と向き合い続ける/本領発揮はこれからだ!

2023年5月11日

マクブルーム、四番は自分と向き合い続ける/本領発揮はこれからだ!

待望の一発は開幕19試合目、71打席目に飛び出した。4月23日のDeNA戦(マツダ広島)、1点を追う7回。ライアン・マクブルームの打球は、あっという間に左翼席上段に着弾した。セ・リーグの四番打者では最遅の今季1号だった。

来日1年目の昨季はチームトップ17本塁打を放ち、今季も開幕から全試合で四番に座り続ける。4月30日の巨人戦(東京ドーム)では2号を含む今季初猛打賞をマーク。同日時点で打率.235も、打点はチームメートの秋山翔吾らと並びリーグトップに1差の3位タイの13。うち3点が犠飛、1点が内野ゴロと物足りなさはあるものの、「一番はチームの勝利」という思いの一端が打点の数として表れている。

昨季から好不調の波はあったとしても、どんなときでも自分を見失わない。「打てるとき、打てないときが必ずある。自分も実際、打てないとフラストレーションはたまるが、野球人みんなが感じること。そこに適応しながら自分が打てる球を打っていく。その繰り返しが成功へのカギ」。そう自分に言い聞かせ、鯉の季節の5月からの爆発につなげようとしている。

新井貴浩監督は開幕前から「四番がしっかりといるチームは安定した戦いができる」と、主軸の重要性を語った上でマクブルームの起用を決めた。チームは開幕4連敗と苦しいスタートを切ったものの、直後の5連勝で盛り返し、4月は勝率5割の単独3位で終えている。上位を打つ菊池、西川龍馬は打率3割を超え、秋山は4割近い。あと打線に必要なのは、四番の長打力だ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

カープ躍進・巨人凋落の原因、プロからみたらこんなにシンプルだった

カープ躍進・巨人凋落の原因、プロからみたらこんなにシンプルだった

2018年のプロ野球セ・リーグ、広島カープがリーグ3連覇を達成した。セ・リーグでは、読売ジャイアンツ以外のチームがリーグ3連覇を果たすのは初めてのことである。一方、常勝を課せられているジャイアンツは4 …

赤ヘル軍団「9月に勝負に出る」!新井監督が選手を操るベンチと計画

赤ヘル軍団「9月に勝負に出る」!新井監督が選手を操るベンチと計画

広島カープの旋風は本物なのか。首位の阪神をピタリと追走。5年ぶりの優勝へ、アツい戦いを演じている。その要因について、地元・広島のスポーツメディア関係者が、ベンチ裏を解説する。 「新井貴浩監督が選手の士 …

カープ快進撃の理由を球界OBが解説!「選手の気持ちをかきたてる」

カープ快進撃の理由を球界OBが解説!「選手の気持ちをかきたてる」

新任の新井貴浩監督率いる広島が快進撃を続けている。 首位攻防となった29日の阪神戦(甲子園)は延長12回を戦い、2-2のドロー。先発した森下暢仁が6回途中にアクシデントで降板する場面もありながら後続の …