カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井監督の采配に「よう分からん」…上から目線の『どんでん節』全開

2023年7月31日

新井監督の采配に「よう分からん」…上から目線の『どんでん節』全開

〝新井さん旋風〟恐るるに足らず! 阪神が首位攻防第3ラウンド、30日の広島戦(甲子園)も快勝し2勝1分けで首位の座を堅守した。破竹の10連勝で乗り込んできた赤ヘル軍団を返り討ちにした岡田彰布監督(65)は、敵将の新井貴浩新監督(46)の采配まで皮肉る追い打ちで格の違いを見せつけた。

前夜は4時間56分の総力戦で延長引き分け。試合前のメンバー交換で、「おい、今日は長い試合はアカンで!」とドスを効かせた岡田監督に、かつての教え子の新井監督がひるんだわけではなかろうが、この日は3時間切りの締まった試合に。

苦しんだ7月を快勝で締めて月間勝ち越しを決め、いざ8月の長期ロードへ。岡田監督は「ずっと外ばかりの試合だったから、最初は名古屋だし久しぶりに涼しい所でできるのが一番。選手が楽にはなる」とナインの体調を優しく気遣いつつ、やはり采配の話になると歯に衣着せない。

「(絶好調の)広島の印象というてもどうなんやろなあ。あんまりよう分からんかったわ」とジャブをかましてから、8回に2点差に迫られてなお無死一、二塁で、今カード好調の小園に犠打を命じた相手ベンチに〝感謝〟。「ちゃんとバントしてくれたから良かったよ。俺やったら打たしとったけどなあ。(2点差で)まだ分からんわけやから。小園に打たれた方が怖かったわ」と手堅い新井采配を皮肉った。

さらに阪神が3回に先制した場面を振り返り、相手ベンチが守備位置を前進させたり、また下げたりして「なあ、よう分からんかった。だからそういうこと(結果的に点を許す)やん」とぴしゃり。勝てばなんとでも言える…かもしれないが、勢いに乗る新井カープに1勝も許さず蹴散らした日くらい、上から目線のどんでん節全開でもバチは当たるまい。(岩﨑正範)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

2013年入団・田中広輔、高・大・社と名門で揉まれた実力派内野手

2013年入団・田中広輔、高・大・社と名門で揉まれた実力派内野手

梵英心、菊池涼介、堂林翔太と右の内野手が多い広島は、補強ポイントである左の内野手に即戦力候補を指名した。名門で揉まれた実力者の足跡を辿る。 社会人で磨いた守備 広島カープから3位指名を受けた田中広輔。 …

丸佳浩移籍の『心の傷』癒えない理由、あるカープファンの面倒な思い

丸佳浩移籍の『心の傷』癒えない理由、あるカープファンの面倒な思い

ペナントレース終盤。巨人が優勝に向けて首位を独走する中、ベイスターズがそれを猛追。世紀の大逆転があるのか、それとも巨人が逃げ切るのか。目の離せない日々が続いている。 球団史上初の3連覇という偉業を達成 …

ドラ1・常廣がプロでの成功のカギと語る「柔らかいボール」って何?

ドラ1・常廣がプロでの成功のカギと語る「柔らかいボール」って何?

2023年10月26日、常廣羽也斗(青山学院大)はプロ野球ドラフト会議の目玉のひとりと見られていた。 会議前の10月13日には広島が常廣の1位指名を公表。ドラフト会議当日には楽天も常廣を1位指名し、抽 …