カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

矢崎拓也、落として奪う三振と確固たる地位/伝家の宝刀・フォーク!

2022年9月8日

矢崎拓也、落として奪う三振と確固たる地位/伝家の宝刀・フォーク!

今季セットアッパーとして地位を確立した矢崎拓也にとっては、フォークボールが生命線だ。150キロ超の直球に交えて140キロ前後の速く鋭く落ちる変化球を扱う。自身でも「基本真っすぐとフォークがメーン球種の投手」と分析しており、その重要度は把握している。

8月16日には無症状ながら新型コロナウイルス感染が発覚。実戦復帰は27日の二軍戦(ウエスタン・ソフトバンク戦=由宇)で1回無失点だった。すると、翌日に一軍昇格。佐々岡真司監督も「(矢崎は)タフな選手なので」と評価しており、早期の戦線復帰を果たしたのだった。

一軍復帰戦となった28日の巨人戦(マツダ広島)。2点リードの8回のマウンドに立った。2安打と四球で無死満塁を招いたが、伝家の宝刀・フォークが冴えた。大城卓三からフォークで空振り三振。続く中島宏之はスライダーで二飛とし、吉川尚輝を再びフォークで空振り三振とした。

「四球とか気にして置きにいくことはやめて、腕だけは振って投げようと思っていた」。磨き上げた勝負球を信じ、右腕を投げ下ろした。

そのフォークボールでつくり上げる高い空振り率もあり、セットアッパーとしての信頼も増している。矢崎自身は「あまり8回は投げていないと思うのですが……」と笑って謙虚に話すが、復帰戦で送り出された“8回”という場面が彼の立ち位置を示している。

「全力を尽くして、チームの一員としてゼロに抑えるのが仕事。個人としては与えられた場面で全力を尽くすだけ」。フォークを武器に守護神・栗林良吏にバトンをつなぐ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

4月3日のカープ対スワローズ戦。4回裏スワローズの先頭打者・中村悠平の打球はセカンドゴロになった……と書けば普通だが、菊池涼介がセカンドを守っていなければライト前ヒットになっていたであろう。その守備範 …

野村の制球力は大学時代からピカイチ!大久保ら現役社会人からも厳選

野村の制球力は大学時代からピカイチ!大久保ら現役社会人からも厳選

長年アマチュア野球を見ていると、「これまで見た選手のなかで誰が一番凄かったですか?」という質問をよく聞かれる。投手や野手、カテゴリーによっても異なるため絞るのはなかなか困難だ。 しかし、ここではテーマ …

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

7月4日の対スワローズ戦、初回からカープ自慢のタナキクマルが躍動した。まず1番・田中広輔が東京ヤクルトの先発・ブキャナン投手の初球を叩いてレフトスタンドに打ち込む先頭打者本塁打。2番の菊池涼介が左中間 …