カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

矢崎拓也、落として奪う三振と確固たる地位/伝家の宝刀・フォーク!

2022年9月8日

矢崎拓也、落として奪う三振と確固たる地位/伝家の宝刀・フォーク!

今季セットアッパーとして地位を確立した矢崎拓也にとっては、フォークボールが生命線だ。150キロ超の直球に交えて140キロ前後の速く鋭く落ちる変化球を扱う。自身でも「基本真っすぐとフォークがメーン球種の投手」と分析しており、その重要度は把握している。

8月16日には無症状ながら新型コロナウイルス感染が発覚。実戦復帰は27日の二軍戦(ウエスタン・ソフトバンク戦=由宇)で1回無失点だった。すると、翌日に一軍昇格。佐々岡真司監督も「(矢崎は)タフな選手なので」と評価しており、早期の戦線復帰を果たしたのだった。

一軍復帰戦となった28日の巨人戦(マツダ広島)。2点リードの8回のマウンドに立った。2安打と四球で無死満塁を招いたが、伝家の宝刀・フォークが冴えた。大城卓三からフォークで空振り三振。続く中島宏之はスライダーで二飛とし、吉川尚輝を再びフォークで空振り三振とした。

「四球とか気にして置きにいくことはやめて、腕だけは振って投げようと思っていた」。磨き上げた勝負球を信じ、右腕を投げ下ろした。

そのフォークボールでつくり上げる高い空振り率もあり、セットアッパーとしての信頼も増している。矢崎自身は「あまり8回は投げていないと思うのですが……」と笑って謙虚に話すが、復帰戦で送り出された“8回”という場面が彼の立ち位置を示している。

「全力を尽くして、チームの一員としてゼロに抑えるのが仕事。個人としては与えられた場面で全力を尽くすだけ」。フォークを武器に守護神・栗林良吏にバトンをつなぐ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

不振のワケ…投壊だけど打率はトップ、佐々岡監督は本命ではなかった

不振のワケ…投壊だけど打率はトップ、佐々岡監督は本命ではなかった

巨人の宮本・元木コーチが羨ましい 昨季こそ4位に終わったが、2016・17・18年とセ界を3連覇してきた広島カープ。佐々岡真司新監督(52)を迎えての2020年シーズンだったが、投手出身監督なのにチー …

誠也の三冠王に立ちはだかる大きな壁とは?【タイトルホルダー予想】

誠也の三冠王に立ちはだかる大きな壁とは?【タイトルホルダー予想】

ついに6月19日、2020年のプロ野球が開幕する。120試合の短縮シーズンとなる今年は、例年以上に激しいタイトル争いが予想されるが、果たして栄光をつかみ取るのは誰なのか。本命・対抗・大穴の3つに分けて …

異例すぎる19歳でのトレードから広島の正捕手に登り詰めた西山秀二

異例すぎる19歳でのトレードから広島の正捕手に登り詰めた西山秀二

誰もが順風満帆な野球人生を歩んでいくわけではない。目に見えない壁に阻まれながら、表舞台に出ることなく消えていく。しかし、一瞬のチャンスを逃さずにスポットライトを浴びる選手もいる。華麗なる逆転野球人生。 …