カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープが阪神3連戦で1勝もできないのに「余裕」なワケがあった

2023年7月31日

広島カープが阪神3連戦で1勝もできないのに「余裕」なワケがあった

広島は7月28日から敵地甲子園で阪神との首位攻防戦を2敗1分けと力を発揮できず敗れたが、意外にも表情は明るい。

第3戦の30日も、死球の影響でベンチ待機だった菊池涼介が9試合ぶりに先発復帰して、即適時打を放つ。新井貴浩監督は「やっぱり相手の投手、守りもいい。強いチームだなと思った」と感想を語ったが、本心は違っていた。球団OBが明かす。

「甲子園で大きなプレッシャーのかかる3連戦のうち、できれば1試合は勝ちたかったが、まだ勝負どころではないので2位のポジションでもいい、というのが新井監督の考え。鞭を入れて勝負をかけるのは8月のお盆が終わってから、との認識のようだからね。残り10試合の直接対決のうち、7試合は本拠地マツダスタジアムでの試合。今度は阪神にプレッシャーがかかる中で戦うことになる。まだまだ逆転は可能と踏んでいるわけだ」

西川龍馬や外国人野手が不調やケガで満足に揃うことがない中で首位を経験したことにも、手応えを感じているようで、

「相手はすでにベストメンバーで戦っているが、秋口になると前川右京、森下翔太など、阪神の若手は経験のないプレッシャーで戦うことになる。そこは広島の方が有利に動く」(前出・球団OB)

まだまだ決着は先のようである。

(※引用元 Asagei plus

関連記事

自分になくて大地にあったもの…元広島・今村が明かす大瀬良の存在!

自分になくて大地にあったもの…元広島・今村が明かす大瀬良の存在!

はじめまして。昨季まで広島東洋カープでプレーしていた今村猛です。今何をしているのかとよく聞かれるんですが、そのときは“何でもチャレンジしたい人”と答えています。 野球が終わってから、いろいろと考える時 …

2位を呼び込んだ新井監督のツキ、CS地元開催で興行面で大きな違い

2位を呼び込んだ新井監督のツキ、CS地元開催で興行面で大きな違い

10月14日からプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが始まる。セ・リーグは2位広島が本拠地マツダスタジアムで3位DeNAを迎え撃つ。143試合のレギュラーシーズンを終えて両チーム …

カープ快進撃の理由を球界OBが解説!「選手の気持ちをかきたてる」

カープ快進撃の理由を球界OBが解説!「選手の気持ちをかきたてる」

新任の新井貴浩監督率いる広島が快進撃を続けている。 首位攻防となった29日の阪神戦(甲子園)は延長12回を戦い、2-2のドロー。先発した森下暢仁が6回途中にアクシデントで降板する場面もありながら後続の …