カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林翔太が『四番』を経験し、まだまだ飛躍する/復活を遂げた男たち

2023年10月5日

堂林翔太が『四番』を経験し、まだまだ飛躍する/復活を遂げた男たち

今季のチームで、プロ10年以上のキャリアにして初めて四番に座った選手が3人いる。その一人が14年目、32歳を迎えた堂林翔太だ。

上本崇司、菊池涼介の2人は、西川龍馬が故障離脱した際の緊急措置として四番を務めた。堂林も同様ではあったが、9月12日のヤクルト戦(神宮)で初めて任されると、翌日から2戦連発。

西川離脱中の10戦だけでなく、復帰した26日の中日戦(マツダ広島)でも、2位死守を目指す一戦で四番スタメン。新井貴浩監督が「中心にいて据わりがいい」と、ベストな布陣を組んだ中で送り出された。

出場試合数や打席だけを見ると、昨季とほぼ同じ。だが、12本塁打は3年ぶり3度目の2ケタで、自己最多に2本差だ。シーズン序盤は控えに甘んじていたものの、7月下旬からスタメン定着。

8月は月間打率.371で5本塁打を放ち、9割台で優秀とされるOPS(出塁率+長打率)は10割超えの1.088。9月も、23日の巨人戦(東京ドーム)では先制ソロに同点二塁打。これぞ四番という活躍ぶりだった。

年齢を考えれば、下降線をたどってもおかしくない。「32歳でも年を取ったと思っていない。まだまだ若い子たちには負けないように自分自身を鼓舞しながら、やっていけたらな、と」。復活というより、まだ発展途上。

新井監督は「(山本)浩二さんでも30歳ぐらいからバッといった。彼にとっては飛躍の1年になるんじゃないか」とレジェンドを引き合いに出す。チームはリーグ優勝こそ逃したが、5年ぶりのAクラス。阪神相手に下克上を狙うCSでも、背番号7の猛打は欠かせない。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

注目集める広島の『開幕投手』問題…新井監督が嬉しい悲鳴となるか?

注目集める広島の『開幕投手』問題…新井監督が嬉しい悲鳴となるか?

昨年リーグ2位と躍進した広島では開幕投手争いも注目ポイントとなりそうだ。 チームの大事な開幕戦を任せられる投手といえば、大事な位置づけとなる。その後も各球団のエースと当たり続けることでチームの柱として …

田中法彦、実戦力増した二軍セーブ王!次は一軍で貢献/飛躍の1年を

田中法彦、実戦力増した二軍セーブ王!次は一軍で貢献/飛躍の1年を

高卒2年目の昨季、田中法彦は将来性を感じさせるポテンシャルの高さを示した。ウエスタン・リーグでは主に抑えとして25試合に登板。1勝1敗12セーブ、防御率1.73と抜群の安定感をみせ、同リーグのセーブ王 …

Bクラスなんて誰が言った?広島カープが好スタートを切った『理由』

Bクラスなんて誰が言った?広島カープが好スタートを切った『理由』

かみ合う投打 巨人と阪神の争い――。開幕前はそんな予想が多かったセ・リーグにあって、その両チームに負けじと好スタートを見せているのが広島だ。9試合を終えて5勝3敗1分け。その好調の理由とは(数字はすべ …