カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大道温貴、つかんだ今のポジションから、もっと/『飛躍』のシーズン

2023年10月11日

大道温貴、つかんだ今のポジションから、もっと/『飛躍』のシーズン

うなりをあげるような150キロ超の速球は、甘いマスクに似つかわしくないほどの力強さだ。大道温貴は3年目シーズン、開幕こそ二軍スタートも、リリーフで48試合に登板。1年目の24試合、昨季はわずか3試合に終わった右腕が今季、確かな成長の爪痕を残した。

シーズン最終戦の10月1日の阪神戦(マツダ広島)、0対0の3回無死一、二塁で名前がコールされた。立ち上がりから状態が上がらない先発・大瀬良大地からのバトン。佐藤輝明の詰まった打球が適時打となったものの、最少失点で切り抜けた。

8月から9月にかけて14試合連続で無失点を続けたこともある。一時7.88まで跳ね上がった防御率は最後、2.72という立派な数字でレギュラーシーズンを締めくくった。

4月下旬に一軍昇格後、当初は敗戦処理だった。だが、気づけば試合序盤から中盤にかけての“勝負どころ”を任されるように。右腕自身がターニングポイントに挙げたのは、1イニング6失点と打ち込まれた5月18日のDeNA戦(横浜)だ。

「全部詰まった当たりが重なっての6失点だった。相手と勝負できているなという感覚があった」。結果からは見えない手応えをつかみ、それ以降、複数失点は一度もなかった。

今季は最速を3キロ更新する154キロもマークした。新井貴浩監督は「球も強いし、気持ちも強いから、しっかりと腕が振れる。イニング途中からでも、相手の流れを止めてくれる。今のポジションは彼がつかんだもの」と、成長に目尻を下げる。

「来年はもっとやりたい。もうすでに、その気持ちが強い」。来年は、今年以上の飛躍をつかみ取る。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール)

関連記事

【菊池涼介ってこういう男(中)】戦力外の同期選手に「名刺入れ」を

【菊池涼介ってこういう男(中)】戦力外の同期選手に「名刺入れ」を

親友3人覆面座談会(中) 6年連続6回目のゴールデングラブ賞に輝いた守備の名手、広島・菊池涼介内野手(28)の素顔を親友3人が明かす第2弾。(構成・山戸英州) A「優勝決定直後の10月2日は、キクにと …

カープ「息切れ原因」…不発の秋山翔吾の厄介な「2000安打」聖域

カープ「息切れ原因」…不発の秋山翔吾の厄介な「2000安打」聖域

終盤に差し掛かったプロ野球。セ・リーグでは一時、首位・阪神に迫った広島だが、結局は力負けしゲーム差は9月14日終了時点で「13」にまで広がってしまった。 クライマックス(CS)から日本シリーズに進む可 …

野間峻祥、長打力アップでチームをけん引/来季は、ひと味違います!

野間峻祥、長打力アップでチームをけん引/来季は、ひと味違います!

4年ぶりに100試合以上に出場したものの、野間峻祥には消化不良の思いが残る。5月は右、9月は左と両太もも裏を痛めたことによる離脱があり、規定打席には25打席届かなかった。来季に向けて「とにかく1年間し …