カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ドラフト巧者・広島カープが得意の「1位公表」その成功例と勝率は?

2023年10月22日

ドラフト巧者・広島カープが得意の「1位公表」その成功例と勝率は?

10月26日ドラフト会議まで2週間を切った13日、広島は青学大の155キロ右腕・常廣羽也斗投手(4年)を1位指名すると12球団最速で公表した。 逆指名制度が撤廃された2007年以降、広島が1位指名を公表した結果を振り返ってみたい。

【広島のドラフト1位公表】

◆09年(成功)
今村猛→単独指名

◆11年(成功)
野村祐輔→単独指名

◆12年(失敗)
森雄大→2球団競合で抽選負け

◆14年(失敗)
有原航平→4球団競合で抽選負け

◆16年(失敗)
田中正義→5球団競合で抽選負け

◆17年(成功)
中村奨成→2球団競合で抽選勝ち

◆19年(成功)
森下暢仁→単独指名

◆22年(成功)
斉藤優汰→単独指名

公表のメリットの1つとして、他球団に競合を避けて指名候補を変更させる狙いがある。その点、19年ドラフトで大学ナンバーワン投手といわれていた森下(明大)の単独指名成功は、広島にとって会心だった。佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)らが人気を集める状況で、森下を1位公表し、けん制する他球団をしり目に一本釣りに成功。森下は1年目から新人王を獲得し、先発ローテの柱となる活躍ぶりで、他球団を悔しがらせた。

広島はこれまで公表した8度のうち5度、指名に成功している。さらに昨年ドラフトでは広島を含めた過去最多9球団が1位公表したが、いずれも公表球団に指名選手が入団。公表したことによる勝率、過去の成功実績に加え、先手を打つことで他球団を受け身に回らせるアドバンテージもある。

今回1位公表した青学大・常廣は最速155キロ右腕で、6月の全日本大学選手権で18年ぶりの優勝に貢献し、MVPと最優秀投手賞を獲得。ドラフト豊作年といわれる今年の大学生投手のなかでもナンバーワンの呼び声が高く、1位競合は必至といわれている。

広島の公表により、他球団は重複覚悟で指名に踏みきるか、抽選を避けて一本釣りを狙うのか、さまざまなシミュレーションをして指名を読み合う。公表も、非公表も戦略。12球団の駆け引きが、ドラフト最大の醍醐味でもある。

さらに今回、広島が公表する数日前に、阪神の岡田監督が事前の1位非公表を12球団に提言したばかり。言い出しづらい空気が漂ったが、広島は岡田監督の先制攻撃をものともせず、宣戦布告する形となった。

ドラフト巧者といわれる広島が、勝算を見込んで積極的に活用する「公表戦略」。吉と出るか。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

常広羽也斗ってどんな選手?岸孝之のフォーム+佐々木朗希のスタイル

常広羽也斗ってどんな選手?岸孝之のフォーム+佐々木朗希のスタイル

10月26日に行われたドラフト会議で、広島が常広羽也斗(青山学院大)を1位で指名し、楽天との競合の末に交渉権を獲得した。彼が一体どんな選手なのかを紹介しよう。 【名前】常広羽也斗(つねひろ・はやと) …

1位指名の常広は優勝へのラストピース、次世代を担う二遊間候補も!

1位指名の常広は優勝へのラストピース、次世代を担う二遊間候補も!

開幕前はBクラス予想も目立った中で、シーズン途中では首位争いも演じ、2位でフィニッシュした広島。投手は、数年かけて行った投手ドラフトで編成が安定し、野手はコンバートなどで既存戦力に刺激を与えることで、 …

ドラフト1位・斉藤優汰(苫小牧中央高)、キレ味抜群のスライダー!

ドラフト1位・斉藤優汰(苫小牧中央高)、キレ味抜群のスライダー!

20日、2022年プロ野球ドラフト会議が行われ、広島が1位で苫小牧中央高・斉藤優汰を指名し交渉権を獲得した。 ■プロフィール 名前:斉藤優汰(さいとう・ゆうた) ポジション:投手 生年月日:2004年 …