カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

1位指名の常広は優勝へのラストピース、次世代を担う二遊間候補も!

2023年10月22日

1位指名の常広は優勝へのラストピース、次世代を担う二遊間候補も!

開幕前はBクラス予想も目立った中で、シーズン途中では首位争いも演じ、2位でフィニッシュした広島。投手は、数年かけて行った投手ドラフトで編成が安定し、野手はコンバートなどで既存戦力に刺激を与えることで、チームを活性化させた。

戦力に大きな穴はないように感じられるが、投手は先発陣の離脱や不調が目立つ一年でもあった。優勝争いに向けて、今ドラフト市場のトレンドである即戦力投手は確実に抑えたい。実際、常広羽也斗(青山学院大)の1位指名を早々に公言している。

一方で野手は、2016~18年のリーグ3連覇を知る選手がキャリアの折り返しを迎えている状態で、未だにベテラン頼りがちな面が目立つ。近年指名した選手の戦力化も鈍化するなど、将来に不安を残している。

そう考えると、今年のドラフトはバランス型で行くべきだろう。

常広の即戦力性は今年の中でもNo.1と言える。伸びのあるストレートは高めに決まれば空振りも誘え、フォークは落差も大きい上に球威も伴っている。時折混ぜるチェンジアップやカーブを駆使しながら試合を作りつつ、勝負所ではギアを上げて球威が増す様は圧巻の一言。先発でもリリーフでも、戦力として計算しやすい。

横山聖哉(上田西高)は恵まれた体格に似つかわしくない俊敏性を持つアスリートタイプの遊撃手。捕球から送球までの速さと、目に見えて分かる肩の強さが発揮される守備は、今年の高校生ではトップクラス。打撃では空振りを恐れず強振し、広角に打球角度をつけるなど、パワーだけでなく器用な一面も見せている。次世代を担う内野手に相応しい逸材だ。

木倉朋輝(日本生命)は打撃型の三塁手。大学時代から光る打棒が社会人で成長し、長打と確実性が共存しながら勝負強さを発揮する巧打者。守備も軽快で、大学時代に二塁を守ったこともある。外国人補強をスリムにしつつ、若手に刺激を与える存在として獲得したい選手だ。

【基本方針】

バランス型

【補強ポイント】

・優勝のラストピースとなる即戦力投手
・次世代を担う二遊間候補
・攻撃型内野手

【理想の指名】

1位 : 常広羽也斗(青山学院大)
2位 : 横山聖哉(上田西)
6位 : 木倉朋輝(日本生命)

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

丸「家族の関東引っ越し、事実じゃない」去就注目の本人を『再直撃』

丸「家族の関東引っ越し、事実じゃない」去就注目の本人を『再直撃』

広島からFA権行使を表明し、去就が注目される丸佳浩外野手(29)。「家族は関東に引っ越した」説に加え、「地元銀行とのイメージキャラクター契約を打ち切った」情報まで飛び交っている。11日、広島市内で本人 …

スカウトが明言「右の大砲」、オススメはこの3人!「元気印」も注目

スカウトが明言「右の大砲」、オススメはこの3人!「元気印」も注目

カープに元気がないと、セ・リーグが面白くない。とくに熱心なカープファンというわけではないが、牙を剥いた時の広島の勝負根性を味わってきた者としては、近年の戦いぶりは七味の効かないそばをすすっているような …

吉田輝星、根尾昂…プロ野球『ドラフト会議(2018)』は大豊作!

吉田輝星、根尾昂…プロ野球『ドラフト会議(2018)』は大豊作!

プロのスカウトから熱視線を注がれる「ドラ1確実」の逸材たちを大紹介。読めば、指名発表が待ち遠しくなる! 10月25日、いよいよプロ野球のドラフト会議が行われる。今年は野球ファンに限らず、一般的にも知名 …

Archives by Month

新着記事