カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

常広羽也斗ってどんな選手?岸孝之のフォーム+佐々木朗希のスタイル

2023年10月26日

常広羽也斗ってどんな選手?岸孝之のフォーム+佐々木朗希のスタイル

10月26日に行われたドラフト会議で、広島が常広羽也斗(青山学院大)を1位で指名し、楽天との競合の末に交渉権を獲得した。彼が一体どんな選手なのかを紹介しよう。

【名前】常広羽也斗(つねひろ・はやと)
【生年月日】2001年9月18日(22歳)
【出身地】大分県
【身長/体重】180cm/73kg
【守備位置】投手
【投打】右投右打
【経歴】大分舞鶴高→青山学院大

10月中旬と早い段階で広島が1位指名を公表しながらも、x球団が競合した常広は、今ドラフトを席巻する“東都6人衆”の一人だ。進学校の大分舞鶴高出身という経歴を持ち、スポーツ推薦ではないにもかかわらず、青山学院大では2年春から登板機会を勝ち取った。

岸孝之(楽天)に似ている無駄のない投球フォームから、最速155キロの速球と大きく落ちるフォークを中心に、カーブやチェンジアップ、スライダーなどを投げ込む、佐々木朗希(ロッテ)のようなスタイルが魅力だ。

特にプロのスカウトの評価が高かった理由は、その奪三振能力だ。今年6月に行われた全日本大学選手権決勝では、強力打線を誇る明治大を向こうに回して10奪三振の完封勝利と貫禄の投球を見せた。

また、7月にアメリカで行われた日米大学野球選手権でも、第3戦~第5戦まで3連投して計7.2イニングを投げ、11奪三振。自責点1に抑えるなどメジャーリーガー候補にも実力が通用するところを証明した。果たしてプロの世界でどんなピッチングを見せてくれるか楽しみだ。

(※引用元 THE DIGEST)

関連記事

吉田輝星、根尾昂…プロ野球『ドラフト会議(2018)』は大豊作!

吉田輝星、根尾昂…プロ野球『ドラフト会議(2018)』は大豊作!

プロのスカウトから熱視線を注がれる「ドラ1確実」の逸材たちを大紹介。読めば、指名発表が待ち遠しくなる! 10月25日、いよいよプロ野球のドラフト会議が行われる。今年は野球ファンに限らず、一般的にも知名 …

広島カープがMLB通算4勝のハッチ、同12勝のハーンの獲得を発表

広島カープがMLB通算4勝のハッチ、同12勝のハーンの獲得を発表

【プロ野球】12月4日、広島がハッチ投手、ハーン投手の2人の獲得を発表した。 12月4日、広島東洋カープが現在29歳の右腕トーマス・ハッチ投手と同じく29歳で左腕のテイラー・ハーン投手の獲得を発表した …

育成ドラ2・中村貴浩が支配下契約「やっとスタートラインに立てた」

育成ドラ2・中村貴浩が支配下契約「やっとスタートラインに立てた」

プロ野球・広島は17日、育成選手の中村貴浩選手と支配下契約を結んだことを発表しました。背番号は「123」から、2桁の「97」に変更されました。 2000年4月9日うまれの23歳の中村選手は、育成ドラフ …