カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

野間峻祥、長打力アップでチームをけん引/来季は、ひと味違います!

2023年12月13日

野間峻祥、長打力アップでチームをけん引/来季は、ひと味違います!

4年ぶりに100試合以上に出場したものの、野間峻祥には消化不良の思いが残る。5月は右、9月は左と両太もも裏を痛めたことによる離脱があり、規定打席には25打席届かなかった。来季に向けて「とにかく1年間しっかり戦う体を。ケガをしないで1年間しっかり戦えたら」と決意を新たにした。

昨季まではリードオフマンを務めることが多かったが、今季はつなぎの役割を担った。二番打者として先発出場した82試合で打率.293。球団からは「粘り強く頑張ってくれた」と評価をもらった。「小技だったり、状況判断だったり。スコアボードを見ながら打席に入らないといけない打順。何年もやっていた菊池さんのすごさを、あらためて感じた」。貴重な経験を積んだ1年となった。

今季は5年ぶり2度目の3ケタに乗せる106安打を放った。得点圏打率も.348と勝負強さを発揮した一方で、2年連続の本塁打ゼロ。長打も昨季から半減し、58安打連続で単打を重ねた時期もあった。「強かったとき(2016~18年のリーグ3連覇時)は2人(一番・田中広輔、二番・菊池涼介)で1点を取ることも多かった。単打ばかりでは寂しい」と“Mr.単打”の返上を誓う。

今オフ、主軸として打線を支えた西川龍馬がオリックスにFA移籍。「若い外野手も多い。僕も競争だと思っているけど、秋山さんと一緒に引っ張っていければ」と自覚を抱く。来季10年目。「新井貴浩監督を胴上げして、みんなでハワイ(旅行)に行きたい」。キャリアハイの成績を残すことで、チーム6年ぶりのリーグ優勝を手繰り寄せる。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

誠也、契約の裏にあった三つの『棚ボタ』…なぜ、ここまで高騰した?

誠也、契約の裏にあった三つの『棚ボタ』…なぜ、ここまで高騰した?

広島の鈴木誠也外野手(27)がポスティング制度によりカブスと契約した。5年契約で総額8500万ドル。日本円にして実に100億円を超える。失礼ながら、分不相応な額に映るが、 「賃金水準が低い“安すぎる日 …

菊池涼介&西川龍馬の1軍登録『抹消』、シーズン終盤に痛い主力離脱

菊池涼介&西川龍馬の1軍登録『抹消』、シーズン終盤に痛い主力離脱

プロ野球・広島は11日、菊池涼介選手と西川龍馬選手の1軍登録を抹消しました。 菊池選手は今季114試合に出場し打率.264、5本塁打、27打点の成績を残しています。今月5日の試合で手を負傷し、6日以降 …

秋山が広島を選んだ『本当の理由』…「スタメンになれる」が決め手か

秋山が広島を選んだ『本当の理由』…「スタメンになれる」が決め手か

二つのまさか、である。 メジャーから日本球界に復帰する秋山翔吾(34)をめぐり、古巣の西武、金満ソフトバンクとの三つ巴の争奪戦を制したのは、広島カープ。金欠球団が大型選手の争奪戦に参入したことも意外な …