カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下暢仁、『すべて』を補い、突き抜けた成績を/タイトル獲得宣言!

2024年3月25日

森下暢仁、『すべて』を補い、突き抜けた成績を/タイトル獲得宣言!

新人王を獲得したのが2020年。以降、タイトルは22年にゴールデン・グラブ賞を受賞しただけだ。5年目を迎える森下暢仁は「どのタイトルも常に獲りたいと思っている」と強いこだわりを胸に抱く。

「なかなかうまくいかないシーズンばかり。同じような結果しか残していない。そこは変えられたらなと、強い意識を持ってやりたい」と決意を示した。

右肘手術の影響で出遅れた昨季は2ケタに1勝届かず。1年目から安定した成績は残しているものの、物足りなさも。それは自身が一番、分かっている。「勝ち星なら2ケタいって当たり前だし、15(勝)ぐらいしたい。規定(投球回)にいくのも当たり前」と、高いハードルを課す。

突き抜けた成績を残すために、何が足りないのか――。「球速もコントロール、技術もそうですけど、すべて」と自己分析する。オフには前田健太(タイガース)に弟子入りし、主に投球までの準備の方法を学び、チェンジアップの改良や新球種スライダーの習得にも取り組んできた。

今季初実戦となった3月1日の楽天戦(倉敷)では3回2安打無失点。だが、「全然良くなかった。(捕手が)構えたところにいってないし、直球も高めに抜けてばかり」。今年の森下は、どこまでも自分に厳しい。

個人タイトルの獲得を最低ノルマに、その先に見据えるのは“チームのタイトル”。

「チームが優勝するために、というところを強く思って、意識高くやりたい」。名乗りを挙げていた開幕投手こそ先輩の九里亜蓮に譲ったが、先発の柱の一人して先頭に立ってチームを引っ張っていく。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

打率1位・鈴木誠也のすごみは安定感、逆転Vのキーマンである理由…

打率1位・鈴木誠也のすごみは安定感、逆転Vのキーマンである理由…

現在.328で打率1位の鈴木誠也のすごみは安定感だ。過去ブレークし、スタメンに定着した2016年以来、すべて打率3割超。今季は出塁率.444、長打率.574、得点79はいずれもリーグ1位。波の大きな打 …

栗林良吏は勤続疲労?救援失敗で『5敗目』…「守護神」復帰のカギは

栗林良吏は勤続疲労?救援失敗で『5敗目』…「守護神」復帰のカギは

球界を代表する守護神に上り詰めた広島・栗林良吏が苦しんでいる。 「夏場以降を見据えて…」 2023年6月4日のソフトバンク戦(マツダ)で、1点リードの6回に2番手として救援登板。不運な打球 …

無失点記録、金メダルの次は新人王!栗林が圧倒的に優れてる指標とは

無失点記録、金メダルの次は新人王!栗林が圧倒的に優れてる指標とは

森下暢仁に続き2年連続新人王なるか 開幕から圧倒的なパフォーマンスを見せている広島のドラフト1位ルーキー・栗林良吏。阪神・佐藤輝明、DeNA・牧秀悟らとのハイレベルな新人王争いが度々話題になるが、もし …