カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープを思うあまり!?市民球場にファンが乱入!/プロ野球仰天伝説

2018年6月28日

カープを思うあまり!?市民球場にファンが乱入!/プロ野球仰天伝説

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。

初のリーグ制覇を遂げた年に

広島が球団初のリーグ制覇を果たした1975年。その年の9月10日、広島での中日戦でとんでもない事件が起こった。広島ファンの球場乱入である。

事が起こったのは9回裏。しかし、その“与震”は試合中盤からすでに始まっていた。中日の先発は若き日の星野仙一。当時、首位を走っていた広島が相手ということもあり、星野も闘志を燃やしていたが、2回には衣笠祥雄、大下剛史に、6回は水谷実雄に、この日3個目の死球を与えてしまう。8回表、中日に3点奪われたことも重なって、広島ファンの怒りは我慢の限界に達していた。

そして、迎えた問題の9回裏。二死から山本浩二の中前打で二走・三村敏之が本塁突入を試みたが、捕手・新宅洋志が三村の顔面にタッチ。その新宅のタッチを巡ってすぐさま本塁上で両軍の乱闘が始まった。

さらに、爆発したファンが次々と乱入。その怒りの矛先は新宅へ、そして中日ナインに向けられ、三塁ベンチに襲い掛かった。そこに、広島ナインのほとんどが止めに入るという騒ぎに発展し、翌日の試合は中止となったのだ。

これも、市民球団として、ともに歩んできた広島市民が「わがカープ」を思うあまり起こってしまった事件だろう。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

今シーズン導入された申告敬遠に慣れてしまった自分に寂しさを感じている同志の皆さま、如何お過ごしですか。あれほど「敬遠球をホームランにしたり暴投したりのドラマがなくなる!」と憤っていたのに案外簡単に受け …

クリケット挑戦の木村昇吾、カープ・元同僚からのプレゼントに感激!

クリケット挑戦の木村昇吾、カープ・元同僚からのプレゼントに感激!

クリケットのバットが届いた クリケットのプロリーグを目指す木村昇吾が広島で同僚だった東出輝裕打撃コーチ、廣瀬純外野守備走塁コーチからクリケットのバットを贈られたことを明かした。今月上旬に届き、すでに練 …

機動力のカープで、鈍足の4番が光る!松山「新井さんゆっくりして」

機動力のカープで、鈍足の4番が光る!松山「新井さんゆっくりして」

広島野球の伝統、といえば、機動力野球だろう。 今季新たに4番を務めた鈴木誠也は“走れる4番”として、自己最多タイの16盗塁を記録した。1番から4番まで走れる選手が並ぶ打線は相手にとっては脅威であり、リ …