カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中広輔、9月に入って状態上向き一番も/ラストスパートに懸ける!

2020年10月1日

田中広輔、9月に入って状態上向き一番も/ラストスパートに懸ける!

最後まであきらめない。プロ7年目の田中広輔は今年、シーズン前半戦は苦しいシーズンを送っていた。8月末時点で打率も2割を切る寸前まで落ち込んだ。かつてリードオフマンとして、リーグ3連覇に貢献した姿はなく、今季は主に「八番」の下位打線に座る。チームも下位に低迷。個人としても苦しみ、もがきながら、打開策を模索し続けた。

9月に入り、状態は上向き傾向にある。9月29日時点で月間打率は.304と奮闘。通算打率も同時点で.235にまで上昇してきた。今季2度目の「二番」で出場した9月21日の巨人戦(東京ドーム)では初回に先制の5号2ランを放つなど、この日まで3試合連続マルチ安打を記録。翌22日同戦では、昨年7月2日以来の「一番」の“定位置”に入り、久びさに「タナキク」が並んだ。好調の要因について「とにかく前で力強く振る意識で、練習から打席に入っています」と明かした。

昨年の今ごろは懸命にリハビリを行っていた。右ヒザ痛の影響もあり、19年は打撃3部門いずれも自己ワーストで、プロ入り後6年間で、97試合出場も自己最少だった。8月28日には「右ヒザ半月板部分切除手術」を敢行。今年2月の春季キャンプから完全復活を遂げ、「一番・遊撃」ではなかったものの、開幕スタメンとして一軍の舞台に戻ってきた。

チームは依然下位から抜け出せない戦いが続いている。選手会長としても、責任を感じている。「今の位置にいる現実は受け止めて、最後まであきらめずに。ファンの方も多く入るようになった。1試合1試合いいパフォーマンスをみせていきたい。若い子にはいい経験になっていると思う」と前を向く。最後まで全力で突っ走る覚悟だ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

失明の危機も「投げてくれんか?」、カープ初優勝のスーパーマン投手

失明の危機も「投げてくれんか?」、カープ初優勝のスーパーマン投手

「昭和プロ野球人」の貴重な過去のインタビュー素材を発掘し、その真髄に迫る人気シリーズ。当時の個性的な選手たちのなかでも、とりわけ金城基泰(かねしろ もとやす)さんの美しいアンダースローの投球フォームは …

初の新人王ながら、怪我に苦しむも復活遂げた炎のストッパーとは!?

初の新人王ながら、怪我に苦しむも復活遂げた炎のストッパーとは!?

プロ野球感動!カムバック伝説 怪我…リハビリ…諦めかけた。でも、もう一度 野球がやりたい…!不屈の闘志で過酷な運命と闘い、不死鳥のように蘇った男たちの物語! 男は鬼と化し炎の剛球を投げ込んだ! 津田恒 …

米大リーグで主流!「フライボール革命」は、日本の野球を変えるか?

米大リーグで主流!「フライボール革命」は、日本の野球を変えるか?

「フライボール革命」理論は、ゴロより飛球の方が長打の確率が高まるとして米球界で脚光を浴びている。 日本は犠打やゴロで走者を次の塁に進める「スモールベースボール」で世界と渡り合ってきたが、正反対の理論に …