カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

2018年6月29日

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

パ・リーグに加入していたら…

本誌創刊の1958年(昭和33年)、広島カープは5位。優勝はおろかいまだAクラスの経験もなく、いつ抜け出せるかも分からぬ長い低迷時代の中にあった。

もちろん、球団の歴史は、成績がすべてではない。明るい話題もある。

同年7月29日には、57年に開場した広島市民球場で、初めてオールスター・ゲームが行われた。選手入場では、地元の小学生の女の子たちがバレエの衣装チュチュを着て、いまのサッカーのように選手と手をつないで入場する予定となっていたが、パ・リーグでは特に、照れたのか、手をつながなかった選手もいたという。

男女7歳にして同席せず。昔の日本男児は繊細だ。

この試合、前売り券を求め、市民球場のチケット売り場に徹夜組が2000人以上出たと言われる。当時、地元でのカープ人気はすさまじく、キャンプでの有料紅白戦に3万人が集まったという記事もあった。

プロ球団創設は49年11月だ。2リーグ制誕生を前に、各地から多くの参入希望球団が名乗りを上げた時期で、広島はパ・リーグの毎日オリオンズからも誘われたが、結局、セに参入となっている。これもまた、運命の岐路だろう。不人気時代が長かったパ・リーグでは、球団はおそらく存続できなかったはずだ。

ただ、当初、関係者は、選手集めに関しては楽観視していた雰囲気がある。

それはそうだ。もともと広島商高、広陵高を擁する「野球王国」。しかも戦後のプロ球界のMVPは46、48年が広島商出身、南海の兼任監督・鶴岡(山本)一人、47年は若林忠志、49年は呉港中の藤村富美男。日系人の若林はハワイ出身だが、父母は広島出身。要は戦後1リーグ時代のMVPは、すべて広島関係者だった。

当時のプロ野球選手の広島出身者で、プロ球団が簡単に2つは作れたはずだ。

愛称は広島城の愛称“鯉城”にちなみ、カープ。当初は「広島カープス」と複数形にしていたが、鯉は英語では単複同形との指摘があって「広島カープ」に修正している。

監督は前年の大陽ロビンス監督で、広島出身、元広島商監督・石本秀一が志願して就任した。

ファンの浄財で存続

問題はカネである。原爆で大きな被害を受けてから、まだ5年も経っていない。

地元では1社で球団を支える余裕がある大企業はなかった。結果的には、地元の政財界、市民、県民が一体となってバックアップし、日本球界唯一の市民(県民)球団としてスタートを切ることになる。

プロ野球が地域密着を真剣に考え始めたのは、93年サッカーJリーグ誕生が一つの契機となる。広島はプロ球団の理念としては40年以上、先取りしたと言っていい。

ただ、繰り返すが、問題がカネだ。球団経営は思った以上にカネがかかる。

資金不足で選手集めもままならぬ年が続いた。幾度となく球団存続の危機に陥ったが、最大の危機は早々、1年目のシーズンを終えた51年3月だったという。

96敗とチームは負けまくっての最下位。経営も行き詰り、選手への給料遅配が続いた。連盟からは当時下関(山口県)に本社があった大洋との合併を勧められ、ほぼ決まりかけていた。

これを止めたのが広島の市民だった。存続のため各所で、涙と、多少は威かく的な嘆願活動を行い、1つ1つは小さいながら寄付金も集まった。地元企業が市民の熱気に押され、あらためて追加援助を決め、なんとか合併は食い止めた。

終戦後、どん底の貧困の時代は終わっていたが、一般家庭に贅沢する余裕などない。まさに、なけなしの金だっただろう。

当時の本拠地・総合グラウンド前には、四斗樽が募金箱として置かれ、石本監督が自ら動き、後援会制度も誕生させた。創設からしばらくは、まさしくファンの浄財によってカープは支えられたのだ。

一風変わったカープ史

カープの独自性は、周辺に他球団がない状態で70年近い歴史を刻んでいることもある。

似た球団は中日ドラゴンズ。こちらは80年以上とさらに長い歴史があり、他球団との距離は同様にあるが、少し違うのは規模だ。現在の数字であるが、名古屋市の人口は230万、広島市は120万。県で見れば、愛知県720万、広島県285万。

それでいながら両チームの球場の観客動員はさほど変わらない。地元の人たちへの密着度は、広島のほうが濃密と言っていい。

さらに言えば、この球団はファンだけでなく、歴代の関係者、首脳陣、選手のチーム愛が半端ではない(半端ないとは書かない)。低迷期が長く、他球団に比べ給料が安かったこともあるのかもしれない。移籍で大物が加入することも少なく、生え抜きたちを鍛えながら強くなっていくしかなかったのだ。

指揮官からしてそうだ。カネは関係ないと初代監督となった石本もそうだし、球団創設時、巨人から故郷広島に戻った二代目監督・白石勝巳は、60年、初の勝率5割を手土産に一度退任したが、そのときの言葉が「地固めはできた。立派な家はそれに適した人間で建てたほうがいい」だった。

68年、広島東洋カープ初年度に就任した根本陸夫監督もそうだ。目先ではなく、自分はいるかどうかも分からぬ、数年後をにらんで衣笠祥雄、山本浩二(浩司)ら若手を鍛えた。

75年、初優勝を導いた古葉竹識監督もまた、「自分がやめても5年は優勝争いができるチーム」をめざし、厳しい練習に加え、練習環境の整備、先を見据えたスカウティングを進め、実際、黄金時代は古葉が85年限りで退任した後、90年代序盤まで続いた。

以後、逆指名ドラフト、FA制度の影響をまとも受けた低迷もあったが、多くの先輩たちの魂を受け継ぎ、市民球団、育成球団の伝統はぶれぬまま、2016、17年と優勝。新球場「マツダ広島」は連日活況を呈し、新たなる黄金時代を築こうとしている。

今回は、6月29日発売で、広島カープの歴史を『週べ』のバックナンバーの記事で振り返ってみた。インタビューはOBの古葉竹識氏、外木場義郎氏、山本浩二氏、野村謙二郎氏、現役の新井貴浩選手。みな過去何回となく、取材をさせていただいた方たちだ。

いままでにない、一風変わったカープ史になったと自負している。機会があれば、若いファンの方にも、ぜひご一読をいただきたい。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

チケット抽選券に5万人が殺到!根本的な、構造転換以外の解決法は?

チケット抽選券に5万人殺到!根本的な構造転換以外の『解決法』は?

3年連続リーグ制覇で人気絶頂の広島カープだが、超人気ゆえの問題が発生した。これまで先着順だったチケット販売を抽選式に変更。発売前からの徹夜組が大量に発生することや、転売防止のための対策だったが、これが …

丸よ、巨人に行くなら行くがいい…それでもカープは強いままだから!

丸よ、巨人に行くなら行くがいい…それでもカープは強いままだから!

脂の乗り切った生え抜きが出ていってしまうかもしれない。だが、このチームに、右往左往する様子は見られない。人が替わっても強いチームを作るための「論理」が、しっかりと確立されているからだ。 断トツの出塁率 …

ドミニカ共和国へ帰国、カープファンが「クレちゃんロス症候群」に?

ドミニカ共和国へ帰国、カープファンが「クレちゃんロス症候群」に?

「あまちゃんロス症候群」ならぬ「クレちゃんロス症候群」になるかもしれない。2017年にバティスタとともにマツダスタジアムのお立ち台に上がったときの“カタコト通訳”で一躍人気者になった広島のプルペン捕手 …