カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セは全員出席、パは2人しか出席せず…パの怠慢、傲慢/オーナー会議

2018年7月14日

セは全員出席、パは2人しか出席せず…パの怠慢、傲慢/オーナー会議

プロ野球オーナー会議が11日に都内のホテルで行われたが、相変わらず出席率は「セ高パ低」だ。

セは議長の中日・白井文吾オーナーをはじめ広島・松田元、阪神・坂井信也、横浜DeNA・南場智子、巨人・老川祥一、ヤクルト・根岸孝成の6オーナーが全員集合。一方のパはオリックス・宮内義彦、日本ハム・畑佳秀の2オーナーのみ。他4球団はオーナー代行でお茶を濁した。

これ以上、パのオーナーたちの怠慢ぶりを野放しにしておくわけにはいかない。

東京五輪が開催される2020年にセ・パ交流戦を廃止し、パのオーナーたちの甘えを一掃する必要がある。もともと交流戦の創設は04年7月7日のオーナー会議で表面化した、パ・リーグ消滅の危機に端を発している。

パ側が10球団1リーグ制を懇願し、球界再編の動きが加速。ソフトバンクのダイエー買収、楽天の新規参入などで2リーグ制は存続したが、経済基盤の弱いパ球団を救済するために、セ側が交流戦導入を受け入れた経緯がある。

「パ高セ低の実力格差」といわれ、いまや人気面でもパは引けを取らなくなった。そしてオーナー会議の出席率に垣間見えるパのオーナーたちの傲慢さ。交流戦廃止を来季からと言わないのは、すでに日程が決まっている上、東京五輪の年の方がインパクトが強烈だからだ。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

セ・リーグMVPは誰の手に?!RCが示す『丸佳浩』の圧倒的な貢献

セ・リーグ「MVP」は誰の手に?!RCが示す『丸佳浩』の圧倒的な貢献

日本シリーズが終われば、野球界はもうオフだ。これから野球親父は「今年はどうだった」という「復習戦」を飲み屋で戦わせることになろう。特にMVPは、この時期の格好の酒の肴だ。 MVPやベストナイン、ゴール …

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

チャップマンが公開した筋トレ写真が年末年始のファン釘付け 米大リーグは年末年始で各球団の動きも小休止していたが、そんな時期に驚異の肉体でファンの視線を釘付けにしたのがヤンキースの守護神アロルディス・チ …

石井琢朗へ、子どもたちは毎日毎日パパに手紙を書いていましたね

妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」

「実は広島をやめようとしたのは、今回が初めてではありませんでした。3年前にも一度、広島を出る決意をしていたんです」――。 2016年、一軍打撃コーチとして、広島カープを25年ぶりのリーグ優勝に導いた石 …