カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セは全員出席、パは2人しか出席せず…パの怠慢、傲慢/オーナー会議

2018年7月14日

セは全員出席、パは2人しか出席せず…パの怠慢、傲慢/オーナー会議

プロ野球オーナー会議が11日に都内のホテルで行われたが、相変わらず出席率は「セ高パ低」だ。

セは議長の中日・白井文吾オーナーをはじめ広島・松田元、阪神・坂井信也、横浜DeNA・南場智子、巨人・老川祥一、ヤクルト・根岸孝成の6オーナーが全員集合。一方のパはオリックス・宮内義彦、日本ハム・畑佳秀の2オーナーのみ。他4球団はオーナー代行でお茶を濁した。

これ以上、パのオーナーたちの怠慢ぶりを野放しにしておくわけにはいかない。

東京五輪が開催される2020年にセ・パ交流戦を廃止し、パのオーナーたちの甘えを一掃する必要がある。もともと交流戦の創設は04年7月7日のオーナー会議で表面化した、パ・リーグ消滅の危機に端を発している。

パ側が10球団1リーグ制を懇願し、球界再編の動きが加速。ソフトバンクのダイエー買収、楽天の新規参入などで2リーグ制は存続したが、経済基盤の弱いパ球団を救済するために、セ側が交流戦導入を受け入れた経緯がある。

「パ高セ低の実力格差」といわれ、いまや人気面でもパは引けを取らなくなった。そしてオーナー会議の出席率に垣間見えるパのオーナーたちの傲慢さ。交流戦廃止を来季からと言わないのは、すでに日程が決まっている上、東京五輪の年の方がインパクトが強烈だからだ。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

一番走られなかった捕手、走りにくい捕手…それでも走る『カープ』

一番走られなかった捕手、走りにくい捕手…それでも走る『カープ』

阻止率が高くても…… 2017年の記録の裏側に迫る短期連載。第4回は盗塁阻止率だ。 まずパであるが、72試合以上の出場での阻止率1位はロッテ・田村龍弘の.337。ただ、だから彼が「一番走られなかった男 …

佐々岡監督、『闘病』の北別府氏に誓う日本一「全球団に勝つ気持ち」

佐々岡監督、『闘病』の北別府氏に誓う日本一「全球団に勝つ気持ち」

広島・佐々岡真司監督(52)が22日、東京都内のホテルで開かれた12球団監督会議に出席。昨年は投手コーチとして出席したが、監督としては初参加だけに巨人・原監督やドラフト同期の中日・与田監督ら、他球団の …

東京ドームで開催するオープン戦を無観客試合に…他球団へも呼び掛け

東京ドームで開催するオープン戦を無観客試合に…他球団へも呼び掛け

新型コロナウイルス感染拡大の影響が野球界にも波及した。巨人は25日、29日と3月1日に東京ドームで開催するヤクルトとのオープン戦を無観客試合として行うと発表した。政府の感染症対策本部の専門家会議が今後 …