カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セは全員出席、パは2人しか出席せず…パの怠慢、傲慢/オーナー会議

2018年7月14日

セは全員出席、パは2人しか出席せず…パの怠慢、傲慢/オーナー会議

プロ野球オーナー会議が11日に都内のホテルで行われたが、相変わらず出席率は「セ高パ低」だ。

セは議長の中日・白井文吾オーナーをはじめ広島・松田元、阪神・坂井信也、横浜DeNA・南場智子、巨人・老川祥一、ヤクルト・根岸孝成の6オーナーが全員集合。一方のパはオリックス・宮内義彦、日本ハム・畑佳秀の2オーナーのみ。他4球団はオーナー代行でお茶を濁した。

これ以上、パのオーナーたちの怠慢ぶりを野放しにしておくわけにはいかない。

東京五輪が開催される2020年にセ・パ交流戦を廃止し、パのオーナーたちの甘えを一掃する必要がある。もともと交流戦の創設は04年7月7日のオーナー会議で表面化した、パ・リーグ消滅の危機に端を発している。

パ側が10球団1リーグ制を懇願し、球界再編の動きが加速。ソフトバンクのダイエー買収、楽天の新規参入などで2リーグ制は存続したが、経済基盤の弱いパ球団を救済するために、セ側が交流戦導入を受け入れた経緯がある。

「パ高セ低の実力格差」といわれ、いまや人気面でもパは引けを取らなくなった。そしてオーナー会議の出席率に垣間見えるパのオーナーたちの傲慢さ。交流戦廃止を来季からと言わないのは、すでに日程が決まっている上、東京五輪の年の方がインパクトが強烈だからだ。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

元カープ・前田氏に救われた、江村氏がヤクルト打撃投手の入団テストへ

元カープ・前田氏に救われた、江村氏がヤクルト打撃投手の入団テストへ

懐かしい顔がヤクルトの愛媛・松山キャンプに加わった。2013-15年まで在籍した江村将也氏(30)だ。11月6日から5日間、打撃投手の入団テストとして、キャンプに参加。かつての仲間を相手に“登板”した …

「屋外球場でもへばらない、カープの選手は鍛え方が違う」/谷繁元信

「屋外球場でもへばらない、カープの選手は鍛え方が違う」/谷繁元信

『ベースボールマガジン』で連載している谷繁元信氏のコラム「仮面の告白」。ネット裏からの視点を通して、プロ野球の魅力を広く深く伝えている同氏だが、今回はスタジアムに関して、だ。 ドラゴンズでどっぷり浸か …

大谷、サイクル安打&2勝以上は、過去120年で2人目の『大偉業』

大谷、サイクル安打&2勝以上は、過去120年で2人目の『大偉業』

エンゼルスの大谷翔平投手(24)が「3番・指名打者」で出場し、メジャー日本人初のサイクル安打を達成した。初回の打席で8号3ラン、三回に左中間二塁打、五回に右翼線三塁打、七回に中前打。今季初の4安打で打 …