カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

薮田「黙って観戦していろ!」(四球多い批判)にインスタでキレた?

2018年8月23日

薮田「黙って観戦していろ!」(四球多い批判)にインスタでキレた?

プロ野球・広島東洋カープの薮田和樹投手(26)が2018年8月21日夜、インスタグラムで「日本人は有名人に対する敬意がない」などと英語で書き込み、物議を醸している。

ファンからの「野次」に応酬したとみられるが、「SNSでそれやっちゃうのはな…」との声も相次いでいる。

「すべての有名人はあなたより優れている」

薮田投手は14年ドラフト2位でカープに入団。17年に15勝を挙げて最高勝率のタイトルを獲得し、シーズンオフには野球の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の代表にも選ばれた。

だが今季は、2勝1敗、防御率5.74と思うような成績を残せておらず、与四球率の高さ(26.2イニングで32四球)が目立つ(数字は8月21日時点)。

問題となっているのは、インスタグラムに投稿された英文だ。黒の背景に薄い白抜きの文字で、以下の持論を展開している。

「I think that this is a pitcher. Baseball is a game to compete for a score.Both the hit and the base on balls are the same.However, “a base on balls, a base on balls”Look in silence!」

投手が四球を与えると、野球ファンはなぜか「四球だ四球だ」と不満を漏らす、といった趣旨の内容で、薮田投手は「黙って観戦していろ!」と突き放している。

続けて、

「A Japanese does not have respect for a celebrity.All the celebrities are superior in something than oneself. Please know it!」(編集部訳:日本人は有名人への敬意がない。すべての有名人はあなたより優れているのに。このことを理解して!)

とも書き込んでいる。

投稿の意図は不明だが、自身の与四球率の高さ、もしくは8月21日のカープ対東京ヤクルトスワローズ戦でカープ投手陣が13四球を与えたことを批判するファンへの反論である可能性がある。

「応援する者は支えにならんといかんのでは?」

投稿はすぐに削除されるも、ツイッターではスクリーンショットが拡散。カープファンとみられるユーザーから、

「薮田が外野が四球四球騒ぐな黙って見とけって言ってるけどアンタの四球グセがチーム全体に広がって悪化してんだよね」「そりゃいろいろ不満もあるやろけどSNSでそれやっちゃうのはな…」

といった批判が上がっている。

一方、冷静な意見も少なくなく、

「薮田の発言も疑問だが、今一度ファンも自分の胸に手を当てて考えませんか?応援する者は支えにならんといかんのでは?追い込んでどうすんの?」「薮田を嫌いになったってコメ多いけど、普通ならそんなインスタ載せない、そこまで追い詰められたのを誰かきちんとケアしてほしい」

と薮田投手の精神面を気にかける声もあった。

カープ選手のSNS投稿をめぐっては、福井優也投手(30)が17年8月、自身が打ち込まれた試合の判定に疑問を呈するような写真をインスタグラムに投稿し、批判が相次ぐ騒動があった。

(※引用元 J-CAST

関連記事

元カープ・黒田博樹氏、引退の新井さんに感謝「かけがえのない戦友」

元カープ・黒田博樹氏、引退の新井さんに感謝「かけがえのない戦友」

2015年に新井とともに広島に復帰し翌16年のリーグ優勝に大きく貢献した黒田博樹氏(43)が3日、20年のプロ野球人生を終えた新井貴浩内野手について語った。 大声援の中で代打に立ち、最後は一塁守備にも …

ドラフト1位・森下暢仁、目標への第一歩は「開幕ローテーション」!

ドラフト1位・森下暢仁、目標への第一歩は「開幕ローテーション」!

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)は、ルーキーイヤーとなる2020年の初夢を「開幕ローテーション」と書き込んだ。目標とする新人王への第一歩として、春季キャンプからのし烈な先発争いを勝ち抜く …

一岡竜司&薮田和樹がストレス発SUNマウンド!太陽の下で実戦想定

一岡竜司&薮田和樹がストレス発SUNマウンド!太陽の下で実戦想定

広島・一岡竜司投手(29)と薮田和樹投手(27)が22日、マツダスタジアムで午前に行われたB班投手の練習に参加。佐々岡真司監督(52)の発案でブルペンではなく、本拠地のマウンドに上がって投球練習を行っ …