カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープは人間でいえば20歳/菊池涼介のメジャー挑戦表明に思う

2019年1月5日

広島カープは人間でいえば20歳/菊池涼介のメジャー挑戦表明に思う

まず、菊池選手が今季オフに大リーグ挑戦したいと表明した件。これは俺が持ってるラジオ番組『がんばれカープ大放送』でも話したので聞いた人は「またかよ」だし、そのときに「見当違いの適当なこと言いやがって」と思った人は「それをまた書くのかよ」と思われるかもしれませんがやはりこれは大事な推理及びそもそも案件なので記させていただきます。

報道で知った瞬間、カープファンのみなさんは驚いたと思います。そしてショックだったと思います。「大リーグ挑戦、頑張って!」と思った人もいたとは思います。ですが、やはり寂しい気持ちがしたと思います。ヒーローインタビュー時もそうですが、広島カープを見ていると職業野球チームというよりも、なにか高校生とかの集団を見ているような気持ちになることがある。そうした集団感というか、仲間意識というか、そうしたものを暑苦しくて息苦しく思う人もいるかもしれないけど、まあ基本的に悪いものではない。

カープはひとつの生きた生命体

映画の世界だと原田芳雄さんと松田優作さんとか、さらに優作さんと山西道広さんとか清水宏さんとか、桃井かおりさんや阿藤海(快)さんとか、村川透監督とか、そんな感じだった。

室田日出男さん、川谷拓三さん、野口貴史さん、岩尾正隆さん、志賀勝さん、小林稔侍さんたちのいわゆるピラニア軍団と、渡瀬恒彦さん、中島貞夫監督とかも、そんな感じだった。

映画の世界もチームワークなのでおのずと関係性は濃厚になる。それぞれ協力も必要だが最終的には家族でも配偶者でもないので他者は他者だがやはり仲間は仲間でありライバルでもある。だが他者は他者なので折り合いの悪いときは当然あるし、ケンカもするだろう。冷めた部分もあるし、関係ないと言えば関係ない。人間、生まれてくるときは母がそこにいるが死んでいく時はひとりである。野球の世界もつまりは個人個人別会計で別の生活があり別の引退があり別の老後があり別の最後がある。だが野球や映画、あと仕事によっては職業によってはチームであり仲間でありひとつの確固たる意志を持った集団である。野球やサッカーなどのスポーツの場合はその集団に意志だけでなく気持ちや生命まで感じることがある。

いまの広島カープがそれである。

新井選手は「家族」と表現したが、そとから見てる私にはひとつの生きた生命体に見えることもある。他球団のファンの中にも私みたいなことを感じている人はいるはずだ。

いずれ誰もがいなくなるというのではない

いまの広島カープは人間で言えば二十歳ぐらいに見える。

じゅうぶん育ったが、まだ若い。これからである。ただこれからではあるが、つらい別れもある。高校の同級生なんかはどれだけ仲がよくても二度と会えない場合がある。二十歳すぎの頃、まだ高校生時代の思い出は鮮明だったが俺はそんな漫画を当時の『ガロ』に連載した。その通りであった。全然会えない。どこでなにをしているかもお互い知らない。SNSは万能ではない。秘めた不倫関係に限らず浮上しない関係もある。

今回の菊池選手の早すぎるポスティング表明はFA移籍したことで若干の風当たりが生じた丸選手の援護だと私は思う。鈴木球団本部長がなぜいまそれを言ったのかと首をかしげたが、たしかにそうで菊池選手は口の堅い人だと思う。不調やケガも自分から言うことはないように思うし、本心はなかなか明かさないタイプと俺には見える。俺もそうだからだ。

もちろん菊池選手の言ってることは本心で、大リーグに挑戦する意思は強いのだろう。だが「なぜ、いま?」ということになると丸選手の風当たりを少しでもそらすためではないかと俺は思った。

いずれ誰もがいなくなるというのではない。

いずれまた誰かが出てくる。

そして帰ってくることもある。

チームの年齢は成長することも老いることもあるし若返ることもある。

今季の展望という原稿テーマなのでそこを記すなら今季のカープは大躍進する選手が何人も見える。だから急に弱くなることはないと思う。ただ野球は相手のあるチームなので勝敗ということになるとやってみないとわからない。ただ、伸びるべき選手が伸びればファンがストレスを感じるようなチームになることはないと思う。もちろん丸選手と投手陣の対決も見ものである。ぜったいに見逃せない。お互いの表情がテレビ中継では大アップになるだろう。目頭が熱くなることが必ずある。ハンカチを用意しておこう。(杉作J太郎)

(※引用元 文春オンライン

関連記事

米大リーグで主流!「フライボール革命」は、日本の野球を変えるか?

米大リーグで主流!「フライボール革命」は、日本の野球を変えるか?

「フライボール革命」理論は、ゴロより飛球の方が長打の確率が高まるとして米球界で脚光を浴びている。 日本は犠打やゴロで走者を次の塁に進める「スモールベースボール」で世界と渡り合ってきたが、正反対の理論に …

強力助っ人を送り込む、駐米スカウト・シュールストロム氏の『哲学』

強力助っ人を送り込む、駐米スカウト・シュールストロム氏の『哲学』

広島エリック・シュールストロム駐米スカウト(49)は、03年に現職に就いてから毎年のように有望選手を広島に送り込んできた。今季はケーシー・ローレンス投手(31=マリナーズ)とカイル・レグナルト投手(3 …

外野で勝負!レギュラー奪取へ、守備徹底強化【西川インタビュー1】

外野で勝負!レギュラー奪取へ、守備徹底強化【西川インタビュー1】

広島・西川龍馬内野手(24)が20日、デイリースポーツの独占インタビューに応じた。規定打席到達と打率3割を目指し、今キャンプは昨秋から挑戦している外野守備を強化中。レギュラー取りへ、走攻守のレベルアッ …