カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

會澤翼、悔しさ胸に立ち上がる『選手会長』/リーダーの決意!

2019年2月14日

會澤翼、悔しさ胸に立ち上がる『選手会長』/リーダーの決意!

選手会長として2年目を迎えた會澤は、迷いなく言う。「4連覇、日本一を目指していきたい」。私心はない。チームをどう引っ張っていくか。その一点を見据え、シーズンに向かう。

契約更改の場では、自分のことだけでなく、選手の要望を集めて球団側に訴えた。

チームリーダーゆえの行動だった。内容はマツダスタジアムのブルペンにモニターを増設できないかというものなど、多岐にわたった。

昨季は65年ぶりに球団の捕手の本塁打記録を塗り替えた。13本塁打を放ち、53年門前真佐人の12本塁打を超えた。自己最多タイの106試合に出場し、315打数96安打、打率.305。それでも、日本一に届かず「悔しさは一生忘れることがないと思う」と話す。何が足りなかったのか。選手会長として考え続けた。

オフには3年連続で護摩行に臨んだ。高さ4メートルに達する炎の前に座り、90分にわたって経を唱えた。1年間を戦う精神力を蓄えるため、勝つために心身を投げうつ覚悟を固めるため、歯を食いしばって3日連続でやりきった。参加した誰よりもやけどの度合いがひどかったのは、意気込みの裏返しだ。

キャンプでは投手陣、野手陣の動きに目を配りながら、時間を有効に使って自らの調整を進めている。第1クール最終日の3日には、鈴木と2人でランチ特打を行った。會澤は今年もチームのために戦い続ける。(写真:BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

チャンスで小園の犠打になぜ?佐々岡采配にカープファンの不満が募る

チャンスで小園の犠打になぜ?佐々岡采配にカープファンの不満が募る

プロ野球の広島は2021年5月12日、神宮球場でヤクルトと対戦し9回0-0で引き分けた。 先発・森下暢仁(23)が7回3安打無失点の好投を見せるも報われず。打線は2回に無死1、2塁の先制のチャンスを作 …

遊撃・田中、二塁・菊池、中堅・丸が守備でも中心となり、強固なセンターラインを形成

【2017シーズン総括】投打に充実の戦力、2年連続独走リーグV

ソフトバンクの日本一で幕を閉じた2017シーズン。熱戦が続いたが、球団ごとに「投手力」「攻撃力」「守備力」に分けて振り返っていく。 投手力 PITCHING REVIEW セ・リーグ1位 ◎143試合 …

前半戦は酷かったけれど…後半戦は『カープのターン』になる理由とは

前半戦は酷かったけれど…後半戦は『カープのターン』になる理由とは

待望のペナントレースが再開した。オールスターを除いて考えると、前半戦終了の7月14日から後半戦開始の昨日まで、およそ1ヶ月の空白。当初は「そんなに野球から離れなきゃいけないの?」と不安になったし「なに …