カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池涼介、勝つための手段としての芸術的な守備/守備職人のプライド

2019年5月9日

菊池涼介、勝つための手段としての芸術的な守備/守備職人のプライド

菊池涼介の芸術的な守備は今年も健在だ。変幻自在の動きで、何度も投手陣を救っている。3月29日の巨人との開幕戦(マツダ広島)で失策を記録し、4月10日のヤクルト戦(同)では2失策。

「究極の目標は失策ゼロ」という理想は早くも崩れたが、それでも変わらぬモチベーションでグラウンドに立つ。どんな場面でも全力を尽くす菊池涼ならではのスタイルだ。

菊池涼のプレースタイルを支えるのは、自らの経験によって体得した「基本」である。送球までのスピードが要求される難しいプレーでは、常識では考えられない動きとタイミングでボールを投げるが、簡単な打球はしっかり足を使って捕球し、丁寧に送球する。

1月の静岡自主トレで守備練習を公開したが、難しい打球を処理する派手なプレーではなく、正面の簡単なボールばかり繰り返し処理していた。

菊池涼はキャンプイン前に、こう話していた。「1試合1試合、143試合で143回、何でもいいんで、一つでもチームに貢献したい」。

それは、送りバントであるのかもしれないし、自らを犠牲にして走者を進める進塁打だったり、1つ前の塁を積極的に狙う走塁ということなのだろう。そして、守備で投手陣をもり立てるということでもある。

菊池涼がファインプレーを見せたとしても、それはあくまでチームが勝つための手段である。個人の技量を見せつけるためでは、決してない。それが、守備の達人のこだわりだ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

鈴木誠也、好結果を生む打席での『心構え』とは/チャンスは任せろ!

鈴木誠也、好結果を生む打席での『心構え』とは/チャンスは任せろ!

勝負強さが四番打者の必須項目ならば、鈴木誠也はピタリと合致する存在だ。 一軍定着後、得点圏打率は3年連続で3割以上をマークした。2015年は.358、16年は.346、17年は.308とやや下回ったが …

カープ、「進撃の5月」を検証!試行錯誤で『投・攻・守』にバランス

カープ、「進撃の5月」を検証!試行錯誤で『投・攻・守』にバランス

開幕直後は最下位に低迷したが、4月17日からの8連勝で持ち直し、5月2日から引き分けをはさんで4連勝、同11日から11連勝。守備が乱れ、投手陣が踏ん張れず、攻撃もつながらなかったかつての姿は見られず、 …

原監督、緒方監督に『上から目線』!「私が監督の時は強くなかった」

原監督、緒方監督に『上から目線』!「私が監督の時は強くなかった」

今季巨人が球団史上ワースト新記録の5年連続V逸を阻止するためには、セ・リーグ3連覇中の広島にストップをかけねばならない。昨季はその広島相手に球団史上初めて、同一カードで2年連続の2ケタ負け越しを食らう …