カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

2019年7月18日

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

前半戦の戦いを支えた1人が床田寛樹だ。左ヒジ手術から復帰したシーズン。春季キャンプ前から首脳陣の期待は高かったが、その期待に十二分に応える活躍でチームを引っ張ってきた。

4月6日の阪神戦(マツダ広島)で724日ぶりのプロ2勝目を挙げると、13日のDeNA戦(横浜)でプロ初完投。さらに勝ち星を連ね、自身の連勝を4に伸ばした。

調子の良しあしにかかわらず、試合を作ってきた。良いときは右打者の内角を鋭く突いて付け入るスキを見せない。悪ければ、ていねいに低めを突く投球で1人1人ゴロアウトを奪っていく。ピンチでも粘り強く投げ、致命的な1点を与えない。

修正能力もチーム屈指だ。6月14日の楽天戦(楽天生命パーク)でプロ初の5被弾、2回途中でKOされた。頭は混乱し、ベンチでは涙も見せたが、20日のロッテ戦(マツダ広島)は6回無失点。30日のDeNA戦(横浜)は6回1失点。いずれもリリーフが打たれて勝ちはつかなかったが、悪夢を振り払った。7月7日の阪神戦(甲子園)も、打線の援護がなく負け投手となったが、7回を1失点に抑えている。

後半戦のテーマは、“安定感を持続できるか”だ。チームにとって欠かせない戦力であることは間違いないが、先発ローテーションを守り続けた経験はない。蓄積する疲労、肩、ヒジへの負担と戦いながら、これまでのような投球を見せられるのか。調子が悪くても、試合を作ることができるのか。未知の領域を進むことになる。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

不振のワケ…投壊だけど打率はトップ、佐々岡監督は本命ではなかった

不振のワケ…投壊だけど打率はトップ、佐々岡監督は本命ではなかった

巨人の宮本・元木コーチが羨ましい 昨季こそ4位に終わったが、2016・17・18年とセ界を3連覇してきた広島カープ。佐々岡真司新監督(52)を迎えての2020年シーズンだったが、投手出身監督なのにチー …

緒方監督の『鉄拳制裁』をデーブ大久保、野村克也らはどう見るか?

緒方監督の『鉄拳制裁』をデーブ大久保、野村克也らはどう見るか?

広島カープに降ってわいた暴力騒動。野間峻祥の怠惰走塁を叱責する過程で、緒方孝市監督(50)の“掌底連打”が炸裂したとされる。この件を先達や批評家はどう見るか。 監督としてカープを史上初のリーグVと日本 …

二軍ブルペンを視察する首脳陣、歯車が狂い始めたカープに策はあるか

二軍ブルペンを視察する首脳陣、歯車が狂い始めたカープに策はあるか

7月3日、10時、広島市から車で30分離れた廿日市市にある広島二軍練習場に、佐々岡真司一軍投手コーチの姿はあった。「病院に寄ろうと思った」「(育成選手の)モンティージャを見ようかなと」などと笑っていた …