カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

2019年7月18日

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

前半戦の戦いを支えた1人が床田寛樹だ。左ヒジ手術から復帰したシーズン。春季キャンプ前から首脳陣の期待は高かったが、その期待に十二分に応える活躍でチームを引っ張ってきた。

4月6日の阪神戦(マツダ広島)で724日ぶりのプロ2勝目を挙げると、13日のDeNA戦(横浜)でプロ初完投。さらに勝ち星を連ね、自身の連勝を4に伸ばした。

調子の良しあしにかかわらず、試合を作ってきた。良いときは右打者の内角を鋭く突いて付け入るスキを見せない。悪ければ、ていねいに低めを突く投球で1人1人ゴロアウトを奪っていく。ピンチでも粘り強く投げ、致命的な1点を与えない。

修正能力もチーム屈指だ。6月14日の楽天戦(楽天生命パーク)でプロ初の5被弾、2回途中でKOされた。頭は混乱し、ベンチでは涙も見せたが、20日のロッテ戦(マツダ広島)は6回無失点。30日のDeNA戦(横浜)は6回1失点。いずれもリリーフが打たれて勝ちはつかなかったが、悪夢を振り払った。7月7日の阪神戦(甲子園)も、打線の援護がなく負け投手となったが、7回を1失点に抑えている。

後半戦のテーマは、“安定感を持続できるか”だ。チームにとって欠かせない戦力であることは間違いないが、先発ローテーションを守り続けた経験はない。蓄積する疲労、肩、ヒジへの負担と戦いながら、これまでのような投球を見せられるのか。調子が悪くても、試合を作ることができるのか。未知の領域を進むことになる。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

カープ方式の徹底で…巨人二軍監督時代に『非情』通告した中堅3選手

カープ方式の徹底で…巨人二軍監督時代に『非情』通告した中堅3選手

「カープ方式でやります」と鹿取GMと石井球団社長に宣言し、2017年7月、巨人の二軍監督に就任した。私はそれまで二軍で7番だった岡本和真を4番に固定した。 一方で犠牲になったのは、実績のある「スタンバ …

北別府氏、打撃不振の田中広輔に熱きエール「こういう時は必ずある」

北別府氏、打撃不振の田中広輔に熱きエール「こういう時は必ずある」

広島の元エースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が8日、自身のブログを更新。同日の中日戦(ナゴヤD)で9回2失点完投勝利を飾った広島のエース大瀬良大地投手(27)を称え …

他球団も驚いた!『カープの秘密兵器』ドミニカ出身の育成右腕とは?

他球団も驚いた!『カープの秘密兵器』ドミニカ出身の育成右腕とは?

2月1日からプロ野球の春季キャンプが始まる。 毎年、この時期の注目ポイントは、各球団の新戦力。昨年5位からの浮上を狙う広島は、6人の新顔が一軍キャンプに名を連ねた。 新人ではドラフト1位の栗林良吏(ト …