カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

小園や根尾はどうなる?遊撃手から、コンバートされて開花したのは?

2019年12月2日

小園や根尾はどうなる?遊撃手から、コンバートされて開花したのは?

小園海斗と根尾昂にコンバートの可能性

このオフ、広島の菊池涼介がポスティングシステムを用いて、MLBへの移籍を目指している。広島にとってレギュラーの二塁手が抜けるのは大きな痛手となるのは間違いない一方、菊池の後釜をめぐりチーム内での競争が進むことで、戦力が底上げされる可能性も十分にある。

その後釜候補のひとりが2018年ドラフト1位の小園海斗だ。本来、小園の守備位置は遊撃であり、2019年シーズンも一軍では遊撃以外の守備についていない。しかし、みやざきフェニックス・リーグでは二塁の守備についており、来るべきときに備えている。思えば菊池も遊撃からのコンバートで二塁を守っていた。

小園と同じ2018年のドラフトで中日に入団した根尾昂は、アジアウインターリーグで外野として起用されている。「一軍での出場機会を得るために、外野への挑戦を続けていきたい」と契約更改後の会見でコメントしており前向きだ。

小園も根尾も現時点で完全なるコンバートというわけではないが、遊撃から二塁をはじめとした、その他のポジションへの転向は珍しくない。

山田哲人も入団時は遊撃手

日本が優勝したプレミア12の決勝戦で、起死回生の3点本塁打を放ったヤクルトの山田哲人も、履正社高校時代は遊撃手だった。

2010年のドラフトでヤクルトに入団後、3年目の2013年までは遊撃手として出場したが、2014年以降は完全に二塁へとコンバートされている。守備の負担が減ったことが、打撃で好成績を残し続けている理由の一つかもしれない。同じヤクルトでは、2015年の首位打者である川端慎吾も、プロ入り後に遊撃から三塁へとコンバートされている。

福留孝介(阪神)はプロ入り当初、中日で遊撃手としてプレーしていた。4年目となる2002年から本格的に外野へ転向。その年に自身初となる首位打者を獲得した。同じメジャーリーガーでは、プロ入り後にオリックスで遊撃手から外野手へと転向、飛躍を遂げて海を渡り、メジャーリーグ2度の世界一に輝いた田口壮(現・オリックス野手総合兼打撃コーチ)も有名だ。

松井稼頭央(現・西武二軍監督)は、MLB移籍後に遊撃から二塁へとコンバートされた。日本にもどり楽天に入団した後には外野も守った。松井はPL学園高校時代、投手だった。西武にドラフト3位で入った後、遊撃手になり、二塁手、そして外野手へと役割を変えていったのである。

陽岱鋼や梶谷隆幸も遊撃手からのコンバート組

その他では陽岱鋼(巨人)や梶谷隆幸(DeNA)、金子侑司(西武)も遊撃から外野へのコンバート組だ。このオフにFA宣言をした鈴木大地(ロッテ→来季楽天)と福田秀平(ソフトバンク→来季ロッテ)も入団時は遊撃手だった。

近年では、2018年にオリックスの宗佑磨が、春季キャンプ中に遊撃から中堅へとコンバートされ開幕スタメンを勝ち取った。

一方で現役晩年に守備範囲が狭くなってからのコンバートという例もある。ヤクルトの宮本慎也がそうだった。遊撃手として第一線で活躍したが、晩年は三塁に転向。そこでもさすがのグラブさばきを見せ、ゴールデングラブ賞を獲得した。

このように、遊撃手から他のポジションへのコンバートで花開いた選手が多くいる。小園や根尾が将来的にどのポジションでプレーするか楽しみであり、それがどこであっても、圧倒的な身体能力で才能を開花させることに期待したい。

(※引用元 SPAIA

関連記事

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

目標としていた開幕一軍入りはならなかった。広島の将来を担う正捕手候補として、日に日に評価を増している坂倉将吾。 強肩、強打に加えて俊足も兼ね備えた攻守走そろった捕手は、高卒2年目ながらキャンプ、オープ …

英国から来たカープ女子「パワーを」重病克服した自身に重ねる鯉の姿

英国から来たカープ女子「パワーを」重病克服した自身に重ねる鯉の姿

サッカーの母国から来たカープ女子が、チームの士気を高めている。宮崎・日南キャンプで客席からグラウンドに熱視線を送っていたのはルイーズ・サージェントさん(27)。広島グッズで身を固め、握りしめた赤いTシ …

球団史上初の5カード連続負け越し…わずか3安打、誠也の一発も空砲

新井氏「強くなる試練だ」/5カード連続負け越しの後輩へ『エール』

デイリースポーツ評論家・新井貴浩氏(42)が14日、開幕から5カード連続負け越しとなったカープへ、提言とエールを送った。現役時代は苦しい時代もリーグ3連覇した黄金時代も経験。酸いも甘いも知る新井氏が独 …