カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也が「内川塾」を卒業し、チームに還元を!/リーダーの決意

2020年1月9日

鈴木誠也が「内川塾」を卒業し、チームに還元を!/リーダーの決意

4連覇を目指した昨季、チームは4年ぶりのBクラスに沈んだ。「個人的には良かったですけど、シーズン4位で終わって面白くないなと思った。もっとやれたんじゃないかと思う」。鈴木誠也は首位打者&最高出塁率のタイトルを獲得。しかし「優勝」だけを目指しチームに徹してきたからこそ、悔しさの残るシーズンとなった。

2020年には26歳を迎える。プロ4年目の16年からレギュラーに定着し、チームの顔へと成長を果たした。そんな鈴木がチームの危機感を口にした。「僕より下の選手が現状では出てきていない」。チームが強くなるために、若手選手の底上げが必要と考える。

「優勝したいのが一番。優勝するには僕より下の選手たちが出てこないと難しい。少しでも力になれることがあればやっていきたい。僕から歩み寄って、しっかり考えながら接していきたい」。

チームを考え、早速行動に移した。16年から宮崎・日向でソフトバンクの内川らと実施していた自主トレからの卒業を決断。「内さん(内川)とやらしてもらって、たくさん吸収できた。次は後輩、チームの仲間と一緒にやって、いい方向にいけたら」。1月から堂林、野間、曽根、永井と自主トレを実施する。自身の経験、知識をチームメートに落とし込み、チーム強化につなげる。

今夏は東京五輪も控える。「五輪で優勝して、チームでも優勝できるように1年間頑張りたい」。広島、そして日本の主軸としてどっしり構え、チームを引っ張る。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

チャンスで小園の犠打になぜ?佐々岡采配にカープファンの不満が募る

チャンスで小園の犠打になぜ?佐々岡采配にカープファンの不満が募る

プロ野球の広島は2021年5月12日、神宮球場でヤクルトと対戦し9回0-0で引き分けた。 先発・森下暢仁(23)が7回3安打無失点の好投を見せるも報われず。打線は2回に無死1、2塁の先制のチャンスを作 …

森下が覚醒した、大学時代の転機とは?新人王有力候補も気掛かりは…

森下が覚醒した、大学時代の転機とは?新人王有力候補も気掛かりは…

昨年のドラフトで1位指名を受け、プロへの道を踏み出した、森下暢仁。ルーキーながらチームトップタイの5勝を挙げるなど、今季低迷にあえぐ広島カープで数少ない希望ともいえる存在だ。若鯉はいかにして野球人生を …

石原に聞いた、黒田投手の「バックドア」と「フロントドア」の使い方

石原に聞いた、黒田投手の「バックドア」と「フロントドア」の使い方

元広島の黒田博樹投手がツーシーム(シュート系のボール)をそのように用いることで有名になった、「バックドア」「フロンドドア」という、ボールの使い方がある。 これは、ボールがホームプレートの外側から内側へ …