カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也が「内川塾」を卒業し、チームに還元を!/リーダーの決意

2020年1月9日

鈴木誠也が「内川塾」を卒業し、チームに還元を!/リーダーの決意

4連覇を目指した昨季、チームは4年ぶりのBクラスに沈んだ。「個人的には良かったですけど、シーズン4位で終わって面白くないなと思った。もっとやれたんじゃないかと思う」。鈴木誠也は首位打者&最高出塁率のタイトルを獲得。しかし「優勝」だけを目指しチームに徹してきたからこそ、悔しさの残るシーズンとなった。

2020年には26歳を迎える。プロ4年目の16年からレギュラーに定着し、チームの顔へと成長を果たした。そんな鈴木がチームの危機感を口にした。「僕より下の選手が現状では出てきていない」。チームが強くなるために、若手選手の底上げが必要と考える。

「優勝したいのが一番。優勝するには僕より下の選手たちが出てこないと難しい。少しでも力になれることがあればやっていきたい。僕から歩み寄って、しっかり考えながら接していきたい」。

チームを考え、早速行動に移した。16年から宮崎・日向でソフトバンクの内川らと実施していた自主トレからの卒業を決断。「内さん(内川)とやらしてもらって、たくさん吸収できた。次は後輩、チームの仲間と一緒にやって、いい方向にいけたら」。1月から堂林、野間、曽根、永井と自主トレを実施する。自身の経験、知識をチームメートに落とし込み、チーム強化につなげる。

今夏は東京五輪も控える。「五輪で優勝して、チームでも優勝できるように1年間頑張りたい」。広島、そして日本の主軸としてどっしり構え、チームを引っ張る。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

広島カープが下馬評を覆す健闘/【小早川毅彦のベースボールカルテ】

広島カープが下馬評を覆す健闘/【小早川毅彦のベースボールカルテ】

セ・リーグは広島が、下馬評を覆して頑張っている。昨季まで3年連続Bクラスに加え、主砲の鈴木誠也(現カブス)が抜けた。開幕前に評論家の間で、低い評価が多かったのもうなずける。 私の順位予想は2位。OBな …

なぜカープの与四球数は激減したのか?データの徹底共有から意識改革

なぜカープの与四球数は激減したのか?データの徹底共有から意識改革

広島の投手陣は、今春から試合の開始前と終了後に四球や先頭打者の出塁に関するデータを全員で共有するようになった。たとえば「今日の試合で先頭打者を出塁させたのは4度あり、失点につながったのは3度ありました …

江藤氏と広島カープの記憶「殺されそうな練習でも、ありがたかった」

江藤氏と広島カープの記憶「殺されそうな練習でも、ありがたかった」

23年ぶりにマツダスタジアムに姿を現した背番号33が打席に入ると一際大きな歓声が上がった。現役時代と変わらないゆったりとした構えから放たれた打球は綺麗な放物線を描き、レフトスタンドの遥か前にぽとりと落 …