カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今季のカープ、優勝のカギを握るのは佐々岡監督の「やさしい性格」!

2020年3月25日

西山秀二による野球解説動画「ザ・捕手目線」の第2回。広島東洋カープは、今季、佐々岡真司監督が就任して、Bクラスからの逆襲を狙う。新監督と同年齢で、共に低迷期のカープを支えた捕手・西山さんから見ると、新監督の性格が今季のカープの大いなる武器になるという。

「とにかく痩せろ」と言われている新監督だが!?

ーー今年、カープの監督が代わりました。佐々岡真司新監督は、西山さんは同年齢ですよね。今回の監督交代はどうなんでしょう?

西山:野手的には熟成されたいいチームを引き継いでいるわけですから、そんなに心配はいらないと思うんですよね。

一方で、投手陣はやっぱりちょっと、ガタガタっときたって言ったらおかしいんですけど、かなり疲れている部分と、いろいろあると思うんですよ。

だから、(投手出身の佐々岡監督が)そこをどういうふうにうまくやっていくかっていうのはあると思うんですよ。

でも、4位から優勝っていうのが一番狙いやすいというか、結構多いパターンじゃないですか。「Bクラスはダメだ、頑張らないと」っていうところで、球団も本腰入れて補強もしてくれるし、前監督が2位くらいで交代したら次の監督はしんどいけど、1回Bクラスに落ちて、「よし!そっから!」っていうのはやりやすいと思います。

(チームの雰囲気が)厳しいところから急に優しくなったら、その1年目っていうのは意外と活躍するっていうのはよく言いますよね。いろんなところでいろんな解説者が言ってますけど、緒方(孝市)前監督のときは、ピリッと締まった空気があったと思うんですよ。緒方監督は厳しかったですよ、ある程度。だけど、佐々岡監督は優しいというか、すごくおおらかですからね。

それで、チームの雰囲気が緩んだっていうことはないんですけど、これまでのピリピリした張り詰めた空気で練習している感じはなくなって、のびのびやってるっていう気はします。

そういったときの1年目って意外と選手が活躍するんです。2年目から完全にダラダラになっちゃって弱くなることもあるんですけど、1年目っていうのはけっこうみんな頑張るんですよ。そしていい結果出るんですよ。それまで小さくなってたのが、のびのびやるっていうところでね。

これがいいように回れば、放っておいても優勝する力はあると思います。カープっていうのは。

あとは、監督も言ってましたけど、「攻撃のことはあんまりようわからんかな」っていうような部分があるかもしれないけど、高信二ヘッドコーチがついてますから、そこは相談しながらやるんでしょうね。ただ「エンドランはけっこう使いたいんや」とかいうことは言ってましたけど。

細かいことを言えば、たとえばランナーがサードで突っ込ますのかストップなのか、カウントがスリーツーになったらランナー走らせるのか止めるのか、こういうことはわからないと思います。そういう点については、高ヘッドコーチの役割りっていうのは大きくなってくると思います。。彼ももう10年、いろんな監督、コーチに仕えてヘッドコーチも長くやってますから、(チームのことは)あらゆる面でわかっていると思います。

そういう役割分担が、うまく機能すれば選手もすごくやりやすいなか、うまくまわっていくんじゃないかなと。そうなれば、佐々岡監督はもうベンチで普通にじーっとしてても優勝争いすると思います。

監督になったとき、ネットじゃファンの人たちが「とにかく痩せろ」とか無茶苦茶なこと言ってたじゃないですか。すごい言われようだったでしょ。俺も密かに見てけっこう笑ってたんだけど。そこまで言うかっていうくらいファンの人がね。「とにかく痩せろ」とかボロカス言われてましたから、ちょっと痩せてましたよ、キャンプで見たら。

ーーけっこう気にしてたのかもしれないですね。

西山:たぶんね。

(ネットで)足を引きずって歩く姿が痛々しいとかいう声があったけど、あれは、去年膝を手術して、それが治りきってなかったからマウンドとかでああいう痛々しい歩き方になってたけど、「今年はだいぶ良うなってきた」って言って、すっと歩いてましたよ。

歴代No.1捕手への提言

ーー広島捕手の先輩である西山さんから見て、會澤翼捕手はどう映ってますか? 去年は得点圏打率はセ・リーグでトップでしたが。

西山:やっぱり彼のバッティングっていうのはすごいですよね。ジョンソンが「石原、石原」って言うじゃないですか。それさえなければ、會澤が完全なレギュラーで全部出ててもおかしくないと思うんですよ。

ジョンソンがどうしても「石原さん、石原さん」ってなるから、そこは石原を使います、でいいと思うんです。それはそれで。適度に會澤も休めますからね。

ただ、彼は打撃面では、今までのカープのレギュラーキャッチャーではナンバーワンです。だから、いつも彼に言うのは、「規定打席目指していけよ」ということ。「とにかくどん欲に試合に出させてもらえ」と。

僕が3割残したから言うんじゃなしに、やっぱり規定打席いかないと認めてもらえない。彼はたぶん規定打席いったのは1回かな。(石原と併用だと)全部で100試合前後になってくるから、規定打席到達は難しい。彼にはいつも言ってるんですよ。「なんとしてでも食らいついて規定打席いけ」って。

で、「3割20本ボーンといってみな」って。そうしたら誰もが「日本ナンバーワンのキャッチャーや」って言ってくれる。そこを目がけてやらんとタイトルとか獲れたとしても、「規定打席いってないやん」って言われたら言い返しようがないからね。やっぱり、レギュラーとして誰もが認める日本一のキャッチャー言われるっていうのは、規定打席いって、それだけの成績残すっていうところですよね。

だから、「『休ませる』って言われても、どん欲に『いや、出ます』って言って出ろよ」と。彼とはそういう話をしてるんですけどね。

(※引用元 現代ビジネス

関連記事

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する二番と言えば、菊池涼介を置いてほかにはいない。昨年のWBCでは侍ジャパンの一員として全7試合に二番で出場し、広島に戻っても136試合に二番でスタメン。4年連続で100試合以上を務めている …

ピンチに強い『菅野智之』とピンチを未然に防ぐ『大瀬良大地』/比較

ピンチに強い『菅野智之』とピンチを未然に防ぐ『大瀬良大地』/比較

セ・リーグ防御率1位の広島・大瀬良大地と2位の巨人・菅野智之が、ともに8月17日に勝利を飾った。ここでは、2人を記録面から比較してみたい。 別次元にいる菅野 「ギアを上げる」という言葉が普通に使われる …

世界から笑われないために侍ジャパンに求められる『王者の振る舞い』

世界から笑われないために侍ジャパンに求められる『王者の振る舞い』

国際大会での常識 中国で「王者の振る舞い」が称えられている。第2回BFA女子野球アジアカップ(中国)。日本はインド、パキスタン、中国との予選リーグで、いずれもワンサイドのコールドで大勝したが、その真摯 …