カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

西川が今季チーム最多出場、来季フル出場誓う!/チームの『○○王』

2021年12月2日

西川が今季チーム最多出場、来季フル出場誓う!/チームの『○○王』

今季、チーム単独トップの「137試合」に出場した。主砲・鈴木誠也が欠場した試合では四番を務めるなど主にクリーンアップに座り、打順は一番から八番まですべてこなした。打率.286、12本塁打、60打点をマーク。安打数もチーム1位の144本を記録した。

ただ、本人は「今年に関してはピタッとハマるものがなかったので、その場しのぎでやっていたかなという感じです」と、一切満足することはない。

さらなるレベルアップへ、準備を着々と進めている。来年1月には、昨オフは手術の影響で参加を見送った日本ハム・近藤健介らとの合同自主トレを行う。打撃では、上半身と下半身の連動性向上をテーマに掲げる。

西川は「上と下がバラバラすぎた。下が使えていても、上がついてこなくて、バットが出てこなかったり。上を使おうとしたら、下が使えていないから手打ちになったりする」と説明。

「もう1回、下をどっしりさせながら、近藤さん(の打撃)を見ながら、下と上の使い方を見直したい」と引き締めた。

今オフは同学年の鈴木誠が、メジャー挑戦を表明した。主砲を欠くことになれば、チームにとっては大きな痛手となることを、西川は重々に受け止めている。

「来季は143試合出ますよ。そういう年齢だし。誠也も多分(メジャーに)行くから、僕が来年はちゃんとせなアカンのです」。責任感を背負いながら、年間フル出場を心に誓っている。

新たなチームの核となるべく全試合出場を果たし、チームに「優勝」を引き寄せる決意をにじませている。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する二番と言えば、菊池涼介を置いてほかにはいない。昨年のWBCでは侍ジャパンの一員として全7試合に二番で出場し、広島に戻っても136試合に二番でスタメン。4年連続で100試合以上を務めている …

枡田アナ、佐々岡監督の前で有吉にマジツッコミ「TPOがあるんで」

枡田アナ、佐々岡監督の前で有吉にマジツッコミ「TPOがあるんで」

元TBSでフリーの枡田絵理奈アナウンサー(36)が27日放送のRCC中国放送・TBS系「有吉弘行の故郷に帰らせていただきます。~地元でいい顔でちゃいました!~」に出演。お笑いタレントの有吉弘行(47) …

佐々岡監督に「二軍に落とせ」クレーム殺到…炎上続く助っ人の代役は

佐々岡監督に「二軍に落とせ」クレーム殺到…炎上続く助っ人の代役は

2日に行われた広島対ヤクルトの一戦。この試合に登板した広島の助っ人投手・スコットの投球が、ネット上の広島ファンの怒りを買っている。 「5-5」と両チーム同点で迎えた9回裏、5番手としてマウンドに上がっ …