カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

プロ野球、今年は「開催は無理なんじゃないですかね…」/選手の葛藤

2020年4月20日

プロ野球、今年は「開催は無理なんじゃないですかね…」/選手の葛藤

新型コロナウイルスの感染が収束しない中、プロ野球12球団は2020年4月3日に12球団代表者会議を開催し、24日の開幕を目指すことを断念した。現時点で新たな開幕日を設定することも難しいと判断を下した。

球界関係者によると、観客を球場に入れて開催することは感染のリスクが高いため、「無観客試合」で公式戦開幕が現実的だとして今後12球団で話し合いが詰められていく可能性が高いという。

シーズン中に感染者が出たら…?

ただ、無観客試合で開催しても選手の中で感染が広がる危険性がはらむ。濃厚接触を避けるためにベンチで座る距離に神経を使わなければいけないし、本塁打を打った後や試合後のハイタッチも避けなければいけないだろう。

3月下旬に阪神の藤浪晋太郎、伊藤隼太、長坂拳弥の感染が判明したが、シーズン中に首脳陣、選手、スタッフに感染者が出たらどうするのだろうか。濃厚接触の疑いがある選手たちは登録抹消しなければならず、2軍から昇格した選手たちをスタメンに並べざるを得ない状況となり、大幅な戦力ダウンは必至だ。

交流戦や球宴を含め、公式戦の試合数が大幅に削減することも想定しなければいけない。選手たちは自主練習期間だが、トレーニングジムは臨時休業で球場も限られた時間しか練習ができない。3月20日の公式戦開幕に向けて自主トレ、春季キャンプ、オープン戦と状態を上げてきたが1カ月以上延期となり、コンディショニングを整えるのが非常に難しい。また、モチベーションの維持も懸念される。

ある選手は複雑な心境を口にする。

「家と球場を往復する日々ですが、車に乗って移動している時に道路もガラガラで出歩いている人も少ない。外出自粛が呼びかけられているので当然かもしれませんが、そういう光景を見ていると野球をしていていいのかなと。もし、公式戦が開幕しても、選手の中から感染が広がってリーグ戦が中断する可能性もある。選手寿命を考えればやりたいですけど、シーズン開催は無理なんじゃないですかね」

「無観客試合でも公式戦を開幕してほしい」というファンの声も考慮しなければいけないが、選手たちは「野球をしてよいのだろうか」と葛藤を抱えながら日常生活を送っている。

(※引用元 J-CAST

関連記事

北別府氏、沙知代さんは「圧倒されるような存在感の方でした」と回想

北別府氏、沙知代さんは「圧倒されるような存在感の方でした」と回想

プロ野球・広島の元投手で213勝を挙げた、野球解説者の北別府学氏が8日、自身の公式ブログを更新し、野村克也氏の妻、野村沙知代さんの逝去を悼んだ。 広島一筋だった北別府氏は直接、克也監督の下ではプレーは …

赤松「ゆっくり焦らずに」、大腸がん公表の阪神・原口へサポート約束

赤松「ゆっくり焦らずに」、大腸がん公表の阪神・原口へサポート約束

広島赤松真人外野手が25日、大腸がん発症を公表した阪神原口文仁捕手に自身の経験を重ね、できる限りのサポートを約束した。 「見つかったというのが一番だと思う。まずは治療に集中してほしい。ゆっくり焦らずに …

巨人・丸の攻略は…カープ愛あふれる「元監督」が明かした手の内とは

巨人・丸の攻略は…カープ愛あふれる「元監督」が明かした手の内とは

FA(フリーエージェント)で広島から巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)が、古巣の対策法を巨人ナインに「伝授」する意向を示した。春季キャンプに向けて自主トレ中の丸が、報道陣に向けて明かしたもので、スポー …