カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

なぜ誠也の評価は高騰するのか?米国の声から見えた『真の強み』とは

2021年10月25日

なぜ誠也の評価は高騰するのか?米国の声から見えた『真の強み』とは

今季も好成績を残している広島・鈴木誠也外野手だが、ここにきて来季のメジャー挑戦への機運が高まっている。走攻守三拍子揃った実力は、これまでも注目されてきたが、今月に入ってから複数の海外メディアが鈴木の動向を特集している。

米国で鈴木が評価されているポイントは何なのか。鈴木のこれまでの成績や海外での評価も交えて、改めて振り返っていきたい。

オリックス・ジョーンズも太鼓判「MLBで活躍できると思う」

高卒で広島に入団しプロ9年目を迎えた鈴木だが、23日時点で打率.320(リーグ1位)、38本塁打(同3位)、87打点(同4位)と、チームの主砲として文句なしの好成績を残している。打率3割、25本塁打、OPS.900超えは2016年から6年連続での達成となり、文字通りNPBを代表する打者としての地位を確立している。

FA権の取得まではまだ2年を残しているが、米メディアや関係者の間では今オフに鈴木がポスティングシステムを利用してメジャー挑戦を果たすのではという論調が強くなっている。

MLBの移籍情報に特化したメディア「MLB TRADE RUMORS」は22日(日本時間23日)、鈴木の特集を掲載。現地メディア「FanGraphs」や「The Athletic」での執筆経験も持つキム・ソンミン氏が「成績やビデオを見る限り、打撃はまったく問題ないはず。打撃だけでなく、走力や肩も優れたアスリートだ」と評価している点や、オリックスに在籍するアダム・ジョーンズ外野手が「正直言って、彼はMLBでも活躍できると思う」と賛辞を送っていることを紹介している。

「MLB TRADE RUMORS」は特集内で直近でMLBに挑戦した秋山翔吾や筒香嘉智が当初の期待通りの活躍は残せていないことを指摘。しかし、秋山を上回るパワーを持ち、筒香よりも三振率や守備面で優れている鈴木のMLB挑戦は「(秋山や筒香よりも)理にかなっている」と論じている。

また、もし鈴木がポスティングされれば「今オフの左翼手、右翼手の移籍市場において最も若く、興味をそそる選択肢となる」とも評価している。

高評価のワケは5ツールプレイヤーぶり

前述の通り、鈴木の株が高騰している理由は、打撃面だけでなく守備走塁も含めた5ツールプレイヤー(打率、パワー、走力、守備、肩)としての評価の高さだ。

安打製造機として鳴らした秋山や、本塁打が売りだった筒香のNPB最終年の成績と比較すると、鈴木は両選手が不足していた点もしっかりカバーしていることが見えてくる。

また、長距離砲としての顔を持ちながら、出塁率や三振と四球のバランス面でもより優秀な数値を残している。仮にMLB挑戦が実現すれば、米国の投手相手にアジャストしなければいけない点も多々あるだろうが、前段階として期待値が高まるのも納得かもしれない。

ポスティングの可否が明らかになる前から今オフの目玉として注目を浴びるという“異常事態”だが、鈴木の動向を巡る狂想曲は今後ますます盛り上がりそうだ。

(※引用元 SPREAD

関連記事

鈴木誠也、米記者のハート鷲掴み「春季キャンプで驚いたこと」の答え

鈴木誠也、米記者のハート鷲掴み「春季キャンプで驚いたこと」の答え

ホワイトソックス戦ではOP戦初のマルチ安打を記録 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は4日(日本時間5日)、ホワイトソックスとのオープン戦に「6番・右翼」で出場。3打数2安打1打点と結果を残した。また …

栗林は当然の『最高』評価!Bクラスながら、投打ともに若い力が台頭

栗林は当然の『最高』評価!Bクラスながら、投打ともに若い力が台頭

全12球団の主力選手の2021年シーズンを5段階の通信簿形式で振り返っていく同企画。各選手のこれまでの実績や期待値も踏まえて査定し、評価していく。今回はわずかな差でクライマックスシリーズ進出を逃した広 …

残留か、降格か…若手サバイバル2連戦へ!佐々岡監督、入れ替え示唆

残留か、降格か…若手サバイバル2連戦へ!佐々岡監督、入れ替え示唆

出てこい、若鯉たち!広島佐々岡真司監督(54)が、若手野手の台頭を期待して、ゲキを飛ばした。チームは8日からオープン戦の阪神2連戦を甲子園で戦う。首脳陣はこのカードまで、若手主体で戦う構想を練っており …