カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木の「移籍報道」に松田オーナーが大激怒…一体何が起こったのか?

2021年12月4日

鈴木の「移籍報道」に松田オーナーが大激怒…一体何が起こったのか?

「メジャー移籍」報道のウラで…

プロ野球はストーブリーグが本格化してきた。

もっとも注目されているのは、メジャーへのポスティング移籍が決定した広島・鈴木誠也(27歳)だろう。

「今季は5月にPCR検査で陽性判定を受け登録を抹消されるアクシデントがあったものの、夏場に盛り返し、打率・317で首位打者を獲得。走攻守が揃った5ツールプレーヤーとして、メジャー各球団から熱い視線が注がれています」(スポーツ紙デスク)

広島はリーグ4位に終わり、早々とシーズンが終了した。ところが、鈴木の動向に関する取材は、なかなか難しかったのだという。

「松田元オーナーのご機嫌が悪かったんです」と語るのは、スポーツ紙の広島担当記者だ。

「広島は、’16年からのリーグ3連覇に貢献した鈴木の功績を認め、当初からポスティング容認の方針で大リーグ機構(MLB)側と水面下で話し合いを進めてきました。しかし、11月16日の発表会見より前に、MLBのウェブサイトで、『鈴木の移籍は決定的』と報じられてしまった」(広島担当記者)

これを受けて、日本のスポーツ紙各紙も次々と報道したのだが、松田オーナーが見咎めたのが、〈広島・鈴木誠也がポスティングでメジャー移籍へ〉と見出しを打った「東京スポーツ」紙だった。

「広島では、監督の人事や選手の移籍を決定する最終権限はすべて松田さんが握っていて、番記者はかならず球団に『当て取材』をしなければいけないというルールがある。破ると、取材規制がかかることもあります。

ところが、東スポはそれをせずに確定的な見出しを打ったため、オーナーは『俺は聞いてないぞ!』と激怒してしまった。おかげで、球団も鈴木の移籍関係の話にナーバスになり、なかなか取材がしづらいのです」(前出・広島担当記者)

笑顔で送り出してあげたいものだが……。

(※引用元 現代ビジネス

関連記事

嗚呼バティスタ…。ワタシ、あの時カープの『優勝』をあきらめました

嗚呼バティスタ…。ワタシ、あの時カープの『優勝』をあきらめました

リーグ4連覇を目標に掲げて挑んだ広島の2019年のペナントレースは、結果として4位でシーズンを終えた。 思えば序盤から大型連敗、大型連勝を繰り返し、ジェットコースターのようなシーズンだった。その201 …

プライドを捨てた堂林翔太は、今年必ず花開くだろう/川口和久コラム

プライドを捨てた堂林翔太は、今年必ず花開くだろう/川口和久コラム

ライバルは多いが、見ていて何かやってくれそうという雰囲気がある選手だ 開幕に向け、状態を上げてきたのが、広島カープだ。俺はキャンプ時から優勝候補と予想しているが、練習試合を見ても印象は変わらない。メヒ …

ある野手からの刺激…大瀬良はなぜ登板翌日もバント練習をするのか?

ある野手からの刺激…大瀬良はなぜ登板翌日もバント練習をするのか?

ホークスに3連敗、カープは地元6連戦での逆襲を誓う。DH制ではないセ・リーグの本拠地球場、ファイターズは打撃センス抜群で知られ「二刀流」を表明する上原健太を先発に立ててきた。ノーヒットだったものの、力 …