カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

2018年7月20日

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死からちょうど25年が経った。1993年7月20日、32歳の若さでこの世を去った津田恒実。いつも魂を込めて投げ、マウンドでは鬼の形相を浮かべて広島の勝利に貢献した。“炎のストッパー”と呼ばれた男の野球人生を振り返ってみよう。

1球1球に魂を込めて

高校時代は南陽工高のエースとして、快速球を武器に3年時の春夏の甲子園に出場した津田恒実。82年に協和発酵からドラフト1位で広島に入団した。指名会見の際、「巨人に指名されるのが怖かった。しつこかったから」と言って、集まった報道陣を笑わせた。

開幕一軍は果たしたが、出だしはやや打ち込まれた。それでも途中からエンジンがかかり、7連勝を含む11勝6敗で球団史上初の新人王となった。負けたときは悲壮感漂う表情で黙り込んだが、勝利の後には陽気そのもの。5勝を挙げた大洋戦では「クジラの肉は子どものころからよく食べていました」。また、ヤクルト戦に勝てば、「試合前にジョアを一気飲みしたのが良かったですかねえ」と、常に記者が喜びそうなコメントをしてくれる男だった。

翌年も前半は5試合連続完投勝利もあり、球宴までに9勝。20勝ペースとも言われたが、夏場になって右肩が痛み出し、登録抹消。さらに3年目には右手中指の血行障害に苦しみ、オフには史上初と言われる指のじん帯摘出、移植という手術を受けた。

長いイニングは難しいということでリリーフに回り、86年にはストッパーで起用され、4勝22セーブ。優勝決定の試合では先発の北別府学が大差となった9回裏、津田にマウンドを譲った。津田は胴上げ投手となり、カムバック賞も受けている。

その攻撃的なスタイルも話題となった。1球1球、キャッチャーからの返球を受けるたびに前に出て、打者をにらみつける。捕手の達川光男も、津田を燃えさせるために、あえて全力で返球したという。一度、津田が受け損ない、顔面に当てたことがあったというが、鼻血を出しながら後続を抑えた。

ただ、本当の津田は心優しく、むしろ弱気な男でもあった。高校時代、カーブでかわしにいって被弾したときから「弱気は最大の敵」を座右の銘にしたのも、自分を鼓舞するためだ。不安があり、怖さがあるからこそ、マウンドでは自分を追い込み、自分の中にある、すべてを振るい起こし、1球1球に魂を込めて投げたのだ。それはまるで、自らの体と魂をマウンドで、燃やし尽くそうとしているかのようでもあった。

強い相手には真っ向勝負

強い相手には特に燃えた。86年はライバル巨人に15試合を投げ、失点はわずか1。ほとんどの投手が逃げ回った阪神の三冠王バースを、すべて150キロ強のストレートで3球三振に斬って取ったとき、バースは「ツダはクレージーだ」とコメントした。

さらに同年9月24日には巨人の四番・原辰徳の打者生命を断った1球もある。原は津田の球をファウルした際、手のひらを骨折。以後、全力のスイングはできなかったという。それでも原は「彼が相手だから全力でいった。自分の生涯で一番いいスイングをした。後悔はありません」ときっぱり言い切った。

日本シリーズも5試合に投げ、無失点。87年には47試合に投げ、防御率1.64と冴えわたる。88年にはやや球威が落ちたこともあり、シーズン6度サヨナラ負けを喫したが、大野豊の勧めもあって変化球も取り入れ、89年には最優秀救援投手にも輝く。ただ、ここぞというときのストレート勝負は変わらなかった。

1度は奇跡が起こったが……

しかし、90年に肩を痛め、夏にはヒザのじん帯を損傷と故障が相次ぐ。そして91年4月14日の開幕戦となった対巨人の試合だった。すでに激しい頭痛や極度の倦怠感に襲われていたというが、それをチームに隠したまま8回に登板し、ワンアウトも取れぬまま9球で交代。最後、タイムリーを打ったのが原だった。試合後、津田は池谷公二郎コーチに「二軍に落としてほしい。このまま投げたら申し訳ない」とすがりつくようにして、涙ながらに訴えたという。

病状は脳腫瘍だった。だが、チームメートに心配をかけたくないと、水頭症と偽ってもらった。4月22日には開頭手術で腫瘍除去をしたが、すべては取り切れなかった。その後も隠し続けたが、病状の悪化もあって、山本浩二監督からナインに「本当は脳腫瘍。野球選手として復帰できる可能性はゼロに近い。それどころか命の危険もある」と告げた。病院では体重が半分近くとなり、言葉も失った状態になっていたという。当時、広島は2位だったが、「津田のために勝つんだ」を合言葉に快進撃。逆転優勝を飾っている。

津田の代わりに抑えになったのが先輩の大野豊だ。大野はいつも登板の後、「津田、ありがとう。きょうもお前のおかげで投げられたよ」と心の中で言った。だれもが津田の復活、いや奇跡を祈った。

そして、奇跡は起こった。まさに死の淵から、夫人の看護もあって、歩けるようにまで回復。シーズンオフに広島からは任意引退を告げられたが、「絶対に復活してやる」と誓った。ダイエーに移籍していた親友の森脇浩司には「オレはダイエーで投げるんだ」と言った、森脇も「お前が治ったら、俺の年俸が半分になってもダイエーに入れるように言ってみる」と答えていた。92年にはスイミングプールやジムに通うまで回復。しかし、8月にふたたび症状が出た。

もう……奇跡は起こらなかった。93年7月20日永眠。32歳だった。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

対カープ、特にマツダスタジアムで勝利のイメージがわかない『巨人』

対カープ、特にマツダスタジアムで勝利のイメージがわかない『巨人』

初戦は下水流のサヨナラ弾で決着 7連勝と勢いに乗っていた巨人。エース・菅野智之、新戦力のヤングマン、メルセデスと先発陣の安定もあっての上昇機運だけに、首脳陣も心強かったはずだ。 しかし、首位・広島に5 …

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

今シーズン導入された申告敬遠に慣れてしまった自分に寂しさを感じている同志の皆さま、如何お過ごしですか。あれほど「敬遠球をホームランにしたり暴投したりのドラマがなくなる!」と憤っていたのに案外簡単に受け …

今もカープに息づく『黒田』の流儀「どれだけ彼から力をもらったか」

今もカープに息づく『黒田』の流儀「どれだけ彼から力をもらったか」

広島・石井トレーナー部長に聞く、黒田博樹氏が残した足跡 広島は昨シーズン、セ・リーグ2連覇を果たしながら、クライマックスシリーズ・ファイナルステージでDeNAに競り負け、日本シリーズ進出を逃した。今季 …