カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

本当にルーキーなのか?一番プロ向き・小園の可能性/立浪和義コラム

2019年3月14日

本当にルーキーなのか?一番プロ向き・小園の可能性/立浪和義コラム

高い野球センス

一軍で使うか、二軍でじっくり鍛えるか──。今、広島の緒方孝市監督は、悩んでいるかもしれません。

ドライチルーキー、小園海斗選手です。今年は、素晴らしい才能を持った高卒新人がたくさんプロの世界に入りましたが、ドラフト前のスカウトの評判で、「一番プロ向き」という声が多かったのが小園選手のようです。

私も自分が現役時代、最初に守ったショートということで注目していましたが、まず驚いたのが守備です。気負いもあまりなく、立ち居振る舞いが自信たっぷりに見え、「本当にルーキーなのか」と思いました。

報徳学園高時代からそうだったようですが、肩に自信があるからでしょう。かなり深い守備位置をとり、必然的に守備範囲が広く、スローイングも安定しています。前方向へのダッシュも鋭く、打球判断の良さ、思い切りの良さを感じました。

さらに、これはテレビの映像で見ただけですが、少しイレギュラーした打球を柔らかいグラブさばきで、うまく処理していたシーンがありました。高い守備センスを感じましたね。

バッティングは、細身なので単打を狙って足でヒットを稼ぐタイプかなと思ったら、ここぞの場面ではしっかり強いスイングをし、パンチ力もある。スイングに悪い癖も特にありませんし、ショートに不安のあるチームであれば、開幕からレギュラーをつかんでもおかしくない力を持っています。

一軍で使ってほしい

ただ、広島の二遊間は、菊池涼介選手、田中広輔選手と脂の乗り切った選手がいます。現時点では、決定的な選手がいない三塁も堂林翔大選手らがレベルの高い争いを見せています。

もともとカープは育成力に定評があるチームなので、まずはオープン戦で一軍の実戦経験を積ませ、開幕からは二軍という選択もあるかもしれません。

一軍でベンチにいるより、二軍で実戦というのは、それはそれで正解かもしれませんが、小園選手の現時点の仕上がりや、これからを考えれば、一軍で、しかも最初からレギュラーで使ってほしいな、とも思います。

ショートは特に一軍での実戦経験が非常に重要なポジションだと思います。あれだけの守備力があれば、そちらで足を引っ張る心配はありません。シーズンが始まり、プロの投手の球に苦しみ、バッティングでプロの壁に当たることは当然あると思いますが、やりながら慣れていく部分もありますし、あの俊足があれば、センター中心に打ち返す意識を持つことでヒットも稼げるはずです。

今年は、小園選手、さらに故障で少し出遅れましたが、中日の根尾昂選手と、高卒新人ショートに将来性豊かな好選手が多いですね。彼らがどのようなルーキーイヤーを送るのか、私も楽しみにしています。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

セイバーメトリクスの指標(wOBA)とは?貢献度が高い鈴木誠也!

セイバーメトリクスの指標(wOBA)とは?貢献度が高い鈴木誠也!

wOBAとは1打席あたりどれだけチームの得点増加に貢献したかを示す指標 野球のデータを統計学から客観的に分析するセイバーメトリクス。これまで日本のプロ野球で打者の実力を示す指標として用いられてきたのは …

二軍ブルペンを視察する首脳陣、歯車が狂い始めたカープに策はあるか

二軍ブルペンを視察する首脳陣、歯車が狂い始めたカープに策はあるか

7月3日、10時、広島市から車で30分離れた廿日市市にある広島二軍練習場に、佐々岡真司一軍投手コーチの姿はあった。「病院に寄ろうと思った」「(育成選手の)モンティージャを見ようかなと」などと笑っていた …

本格指導前なのに…「河田野球」浸透の気配!犠打のキーマンが明かす

本格指導前なのに…「河田野球」浸透の気配!犠打のキーマンが明かす

今季から広島に復帰する河田雄祐ヘッドコーチ(53)は、就任直後の秋季練習でソフトバンク・今宮の映像を選手に見せた。守備でも打撃でもない、犠打の場面だった。動画を見るように呼び寄せたのは、上本崇司(30 …