カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村奨が悔いる自らの甘え「どこかで、遊びに行きたいなという思い」

2022年3月12日

中村奨が悔いる自らの甘え「どこかで、遊びに行きたいなという思い」

2017年夏、甲子園で1大会6本塁打の新記録を打ち立てた広陵高の中村奨成は、プロ入り4年で通算43試合の出場にとどまっている。プロ5年目を迎える今年、春季キャンプでは捕手だけでなく、外野に本格挑戦。出場機会を求めて、捕手と外野の二刀流に取り組んでいる。プロで歩んできた道のりと、5年目にかける思いを語ってもらった。

プロ3年目までの自分

── 今年の春季キャンプから本格的に外野に挑戦しています。

「なんとか今年、レギュラーを獲るために。現状、捕手でレギュラーを獲るのが難しいことは自分でもわかっています。外野は(鈴木)誠也さんがいなくなり、(西川龍馬選手の出遅れもあり)現状は空いている。まずは試合に出られるようにそこを狙って、打撃、守備に取り組んでいます」

── 捕手へのこだわりより、試合出場にこだわるようになったのは、昨年一軍で39試合に出場した経験からでしょうか。

「そうですね。それまで3年間はほとんど二軍でしたし、自分でも『いつ上がれるのかな』と不安のほうが大きかった。そんななか、昨年は一軍で39試合に出場させてもらい『やっぱり野球は楽しいな』と思った。一軍の舞台で、あの大観衆のなかで、野球をしたいという思いがよりいっそう強くなりました」

── いま振り返ると、3年目までの自分自身をどうだったと思われますか。

「本気で野球と向き合っていたかと言われると……どこかで『遊びに行きたいな』という思いが少なからずありました。ずっと二軍暮らしで、自分がレベルアップしているとも感じなかった。自分の努力不足だということを、あらためて感じています。そういう経験もあり、昨年一軍の試合に出させていただいたことで、ちょっとずつ自覚が出てきました」

── 精神的に弱かったと。

「甘かったし、弱かったですね。練習しようとしてもやる気にならないし、真摯に野球と向き合えていなかったのかもしれません」

野球に見放されているのかな

── 変わるきっかけはあったのでしょうか。

「やっぱり(鈴木)誠也さんが若手に意識改革を求める記事を見て、奮い立たされました。いくらドラフト1位で入ったとはいえ、甘えた部分は許されない。それに3年目に初めて一軍の舞台を経験させてもらって、やっぱり一軍と二軍の雰囲気は全然違った。ここでプレーしたいという思いが強くなったこともあったと思います」

── 鈴木誠也選手は、中村奨成選手にとってどういう存在でしょうか。

「僕のなかでお手本にしている選手でした。打撃にしろ、外野を守るなら外野守備にしろ、超えなければいけない人だとも思っていました」

── 精神面の成長によって、心技体が整ってきた印象があります。

「入団する時、自分のなかで能力があると思っていたので、『なんとかなるだろう』という感覚があったんです。それが現実を見て『ちょっと無理なんじゃないか』という弱い部分が出てしまっていたのかもしれません。1年目は二軍で思うように結果が出ず。2年目は骨折からスタートして、治ったと思ったら、頭にデッドボールを受けて……『野球に見放されているのかな』と感じることもありました。

3年目は春季キャンプで一軍スタートだったのですが、キャンプ途中に二軍落ちになったことが、めちゃくちゃ悔しかった。それがプロに入って初めて『悔しい』と感じたことだったんです。もっとできるはずなのにと思っていたので、余計に悔しかった。二軍で結果を残そうと思って取り組み、その年に初めて一軍に上げてもらったんです」

── 一軍に初昇格した3年目の2020年はすべて代打で、4打数無安打でした。

「その時も『二軍でこれだけ打ってきたから、一軍でも打てるだろう』と思ってしまった。一軍でも絶対打てるという自信を持っていたので、そこで味わった悔しさから、またちょっとずつ変わっていったところはあります。やっぱり打ちたい、活躍したいという気持ちが強くなりました」

ドラフト1位の重圧はあった

── 広陵時代に甲子園で1大会最多本塁打を記録し、大きな注目を集めて地元広島にドラフト1位で入団しました。重圧はありましたか。

「甲子園で活躍して、プロに入って、1年目は周りからもそういう目で見られていた。正直、それはすごくしんどかったですね。僕は高校1年から全国的に注目された選手ではなく、最後の夏の甲子園でちょっと活躍しただけなので、すごい選手という感覚がない。(1大会6本塁打を)打った事実はあっても、周りが騒ぐような選手じゃないと思っていましたし、ドラフト1位でプロにいける選手じゃないと思っていました。だから、甲子園での活躍をプロでも……と期待されるのはしんどかったです」

── 今年でプロ5年目。また”新しい中村奨成”を見せられる1年になるのではないでしょうか。

「僕のなかではガラッと変わっている。ポジションもそうですし、感覚的に全然違う。それはそれでプラスに捉えています。『捕手で見たい』という声も耳にしますが、僕はどこでもいいから試合に出たい。昨年、今年とその気持ちはどんどん強くなっている。外野でレギュラーを獲って、試合に出れば違うと感じる姿を見せられるのかなと思う。それで『甲子園の輝きを取り戻した』と、そう言ってもらえればうれしいですね」

── 背番号と同じ22年。どのようなシーズンにしたいですか。

「とにかく試合にたくさん出たいです。ポジションにこだわらず、まずは昨年の成績をすべて超えられるように。まずはそこから。とにかく、首脳陣の方に『奨成を使いたい』と思われる選手になりたいと思います」

(※引用元 web Sportiva

関連記事

達川光男氏が見たカープ野手陣、『注目選手』の仕上がり具合チェック

達川光男氏が見たカープ野手陣、『注目選手』の仕上がり具合チェック

野間峻祥は、100点。慢心なしの心意気よし 不動の三番打者だった丸佳浩が巨人に移籍した今季、カープのオーダーは新たな編成を迫られることになった。そこでここでは、チームの頭脳として黄金時代を支え、監督も …

野間が出場選手登録『抹消』、巨人戦でフライ捕球時に左足痛めたか…

野間が出場選手登録『抹消』、巨人戦でフライ捕球時に左足痛めたか…

広島の野間峻祥外野手(25)が22日、故障で今季初めて出場選手登録を外れることになった。 高ヘッドコーチは「抹消する。そこまでひどいけがではない。早く治して戻ってもらいたい」と話した。 野間は21日の …

床田寛樹「出力は上がっている」、100メートル超えの遠投で調整!

床田寛樹「出力は上がっている」、100メートル超えの遠投で調整!

広島床田寛樹投手が100メートル超えの遠投調整を行った。小雨が降る中、マツダスタジアムの外野で藤井皓哉投手と長い距離でキャッチボールを実施。 出力増を目的に「大きく強く」を意識したという左腕は「あの距 …