カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「サード・坂倉将吾」が首位打者ならカープは優勝!/川口和久コラム

2022年3月29日

「サード・坂倉将吾」が首位打者ならカープは優勝!/川口和久コラム

キャッチャーとサードは相性がいい

雑誌の「週べ」のコラムでは、投手のヒットが目立った開幕2連戦について書いた。特に、會澤翼、坂倉将吾らを擁し、捕手の打撃がいいカープは、九番打者である投手の打撃で打線のつながりが生まれ、大量得点につながった。

ただ、投手が常に打ちまくるわけではない。そこはボーナスみたいなものと考えると、今後、カープが優勝を狙ううえで、けん引していく、いや、していってほしい存在になるのが、昨年打率2位とブレークした坂倉将吾だ。

坂倉は本来、キャッチャーだが、カープには強打のベテラン・會澤翼をはじめ、石原貴規など捕手の数はそろっている。前年であれば、坂倉はキャッチャー、一塁と半々の出場だった。

今季、佐々岡真司監督は開幕から2戦、坂倉をサードで起用した。これ、佐々岡にしては(?)クリーンヒットじゃないかな。すごくはまっているように見えた。

もともとキャッチャーからサードは相性がいい。小笠原道大(日本ハムほか)がそうだったし、カープで言えばレジェンドの衣笠祥雄さんも捕手で入り、一塁に回ったあと、初優勝の75年からサードになった。キヌさんはサードの守備もうまく、俺もずいぶん助けてもらった記憶がある。

サードはホットコーナーと言われ、内野の中ではもっとも速い打球が来て体を張らなきゃいけないし、さらにもっとも遠くから一塁へ投げなければならない。

ある意味、キャッチャーと同じだ。俊敏性を持ち投手の速球をさばき、ワンバウンドの処理もこなす。スローイングの練習も、もっともやっているポジションと言っていい。

しかもサードとなれば、守備面はキャッチャーに比べれば負担が少ないので、より打撃に力を注げるはずだ。かつての村田修一(巨人ほか)がそうだったが、サードの選手は守備のリズムを打撃につなげるタイプが多い。坂倉にとっても、カープにとってもプラスが多いコンバートじゃないかな。

就任後の低迷もあって、いろいろ批判があった佐々岡監督だったが、昨年の小園海斗のショート定着、栗林良吏の抑え起用と“ヒット”が増えてきたように思う。坂倉のサードコンバートが“長打”になれば、カープが優勝に突っ走る可能性も十分にある。

そのための条件が坂倉の首位打者かな。捕手メーンでは厳しいかもしれないと思っていたが、サードがメーンで起用になれば、十分いけると思っている。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

中村健人、高き壁へ!声で自身のことも鼓舞/わがチームの『○○王』

中村健人、高き壁へ!声で自身のことも鼓舞/わがチームの『○○王』

ベンチの最前線で張り上げる中村健人の“声”は、よく通る。ルーキーイヤーは出場こそ63試合ながら、出番がなくても存在感は際立っていた。「その日に先発メンバーとしては勝利に貢献できなくても、僕には声がある …

2013年入団・田中広輔、高・大・社と名門で揉まれた実力派内野手

2013年入団・田中広輔、高・大・社と名門で揉まれた実力派内野手

梵英心、菊池涼介、堂林翔太と右の内野手が多い広島は、補強ポイントである左の内野手に即戦力候補を指名した。名門で揉まれた実力者の足跡を辿る。 社会人で磨いた守備 広島カープから3位指名を受けた田中広輔。 …

木村昇吾「カープは勝ち方を知っている、どう上がっていくか楽しみ」

木村昇吾「カープは勝ち方を知っている、どう上がっていくか楽しみ」

クリケッターの木村昇吾です。4月30日に阪神-広島(甲子園)をパブリックビューイングで放送するイベントが広島市内の飲食店「弘法市スタジアム広島」で開催され、ゲストで参加させて頂きました。 広島ファンが …