カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「サード・坂倉将吾」が首位打者ならカープは優勝!/川口和久コラム

2022年3月29日

「サード・坂倉将吾」が首位打者ならカープは優勝!/川口和久コラム

キャッチャーとサードは相性がいい

雑誌の「週べ」のコラムでは、投手のヒットが目立った開幕2連戦について書いた。特に、會澤翼、坂倉将吾らを擁し、捕手の打撃がいいカープは、九番打者である投手の打撃で打線のつながりが生まれ、大量得点につながった。

ただ、投手が常に打ちまくるわけではない。そこはボーナスみたいなものと考えると、今後、カープが優勝を狙ううえで、けん引していく、いや、していってほしい存在になるのが、昨年打率2位とブレークした坂倉将吾だ。

坂倉は本来、キャッチャーだが、カープには強打のベテラン・會澤翼をはじめ、石原貴規など捕手の数はそろっている。前年であれば、坂倉はキャッチャー、一塁と半々の出場だった。

今季、佐々岡真司監督は開幕から2戦、坂倉をサードで起用した。これ、佐々岡にしては(?)クリーンヒットじゃないかな。すごくはまっているように見えた。

もともとキャッチャーからサードは相性がいい。小笠原道大(日本ハムほか)がそうだったし、カープで言えばレジェンドの衣笠祥雄さんも捕手で入り、一塁に回ったあと、初優勝の75年からサードになった。キヌさんはサードの守備もうまく、俺もずいぶん助けてもらった記憶がある。

サードはホットコーナーと言われ、内野の中ではもっとも速い打球が来て体を張らなきゃいけないし、さらにもっとも遠くから一塁へ投げなければならない。

ある意味、キャッチャーと同じだ。俊敏性を持ち投手の速球をさばき、ワンバウンドの処理もこなす。スローイングの練習も、もっともやっているポジションと言っていい。

しかもサードとなれば、守備面はキャッチャーに比べれば負担が少ないので、より打撃に力を注げるはずだ。かつての村田修一(巨人ほか)がそうだったが、サードの選手は守備のリズムを打撃につなげるタイプが多い。坂倉にとっても、カープにとってもプラスが多いコンバートじゃないかな。

就任後の低迷もあって、いろいろ批判があった佐々岡監督だったが、昨年の小園海斗のショート定着、栗林良吏の抑え起用と“ヒット”が増えてきたように思う。坂倉のサードコンバートが“長打”になれば、カープが優勝に突っ走る可能性も十分にある。

そのための条件が坂倉の首位打者かな。捕手メーンでは厳しいかもしれないと思っていたが、サードがメーンで起用になれば、十分いけると思っている。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

4連覇絶望的、Bクラス転落…鯉党から「監督・コーチ一掃」望む声も

4連覇絶望的、Bクラス転落…鯉党から「監督・コーチ一掃」望む声も

広島のリーグ4連覇が絶望的となった。広島は2019年7月7日、甲子園で阪神と対戦し0-1の完封負けを喫した。先発・床田寛樹投手(24)が7回5安打1失点の好投を見せたが、打線が阪神先発・髙橋遥人投手( …

「江夏の21球」のウラで、古葉監督が考えていたこと…/裏面史探偵

「江夏の21球」のウラで、古葉監督が考えていたこと…/裏面史探偵

衣笠祥雄の気遣い 広島を4度のリーグ優勝と3度の日本一に導いた古葉竹識が、さる11月12日、85歳で亡くなった。広島が初めて日本一になったのは1979年のシーズンである。「江夏の21球」で幕を閉じた近 …

主力不在も、なぜ首位快走?大野豊氏「連覇の自信が投打へ好影響」

主力不在も、なぜ首位快走?大野豊氏「連覇の自信が投打へ好影響」

交流戦を前に、ダンゴ状態のセ・リーグから頭一つ抜け出そうかという状態の広島(24日終了時点で2位巨人と4.5差)。ここまで、鈴木誠也や丸佳浩、野村祐輔といった主力選手を欠く場面がありながらも、この位置 …