カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープファン歴6年、僕が期待する小園海斗と大好きなグローブの話!

2022年4月20日

カープファン歴6年、僕が期待する小園海斗と大好きなグローブの話!

僕がカープファンになったのは2016シーズンの6月18日、テレビ新広島の特番「ニッポンを釣りたい!」をユニフォームに背負い、始球式をした時です。

小学5年生から小学校のチームで野球を始め、始球式当時小学6年生だった僕は、野球をプレーすることが大好きでしたが、プロ野球は特に好きな球団もなく、テレビでやっていたら観るくらいでした。

しかし、始球式で球場が真っ赤で、僕がマエケン体操をすると盛り上がってくれて、球場全体で選手を応援している、そんなカープファンのみなさんの熱さを感じて「僕もカープファンになりたい!」と思い、カープを応援しはじめました。

2017年からは試合間の7回に流れる「それ行けカープ」のリレー映像にも出演させていただいています! みるみるプロ野球にハマり、もちろんカープが一番ですが、毎日12球団楽しみに、試合や試合結果を観ている野球オタクです!

「神ってる」が出た試合はなんと…

さて、僕がカープファンになった2016年のシーズンは、前年4位で終わり、柱であった前田健太投手がメジャーへ挑戦した年。そして今シーズン、前年4位で終わり、4番であり、カープの柱であった鈴木誠也選手がメジャーへ挑戦しました。

お気づきでしょう。今年、カープは優勝します!

2016年は4月終了時点で2位、そこからシーズンを通して1位を貫くのですが、今年はこのコラムを書いている4月14日終了時点で、ジャイアンツに続く2位! 4月後半から勝ち進み、5月に鯉がのぼれば、今シーズンの優勝間違いなし!!

……と言いたいところなのですが、大切になってくるのが6月です。

2015年まで、カープといえば前田健太投手でしたが、2016年からはなんと言っても鈴木誠也選手でしょう。2015年から活躍しはじめていましたが、2016年、新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した「神ってる」で一躍国民的選手になった鈴木誠也選手。その鈴木選手が、2試合連続サヨナラホームランを放ち、緒方監督の「神ってる」が出たのはなんと、6月18日、僕が始球式をした日なんです!! 今年も鈴木選手のような大ブレイク選手が6月あたりで出てくれれば、カープの優勝もだいぶ見えてくるのではないでしょうか。

鈴木誠也選手が大ブレイクをしたのは4年目のシーズン、今年4年目を迎えるのは、鈴木誠也選手から51番を受け継いだ小園海斗選手をはじめ、島内颯太郎投手、林晃汰選手などです。小園選手、林選手共に昨年100試合以上出場、島内投手も51試合に登板と活躍。より、国民的な選手になってほしいです!!

個人的には、小園選手が大爆発を起こしてくれることを大いに期待しています! 3番で大活躍をしてくれれば、チームとしても一段と強くなると思います! はたして6月に、大ブレイク選手は出るのでしょうか!?

今年、始球式のお話は来ていませんが、6月の交流戦、6年ぶりの始球式があれば、2試合連続、いや、3試合連続サヨナラホームランもありえるのではないでしょうか!!! 期待しています(笑)。

二遊間コンビのグローブにも注目

そして、ここからは僕の大好きなグローブについてのお話です。注目すべきは、守備の要である二遊間! 菊池涼介選手、小園選手共に肩も強く、足も速く、とても守備の上手い選手ですが、使っているグローブに凄く個性が出ています。

昔から多くの内野手は、プロ、アマチュア問わず、浅く広く、握り替えのしやすいグローブを使う選手が多いです。しかし最近は、若干丸く、深めを好む選手が増えてきています。

菊池選手も小園選手も、深めの使い方だと思います。菊池選手はもともと浅く広く使う選手でしたが、最近のグラブは丸みを帯びていて、しっかりと包むような使い方をしているように見えます。

そして小園選手はなんと言っても「コユニ」。小指2本入れのグローブを使っています! しっかりと掴む、包むようにゴロを捕る、そして強肩でしっかりとアウトを取る。カープの二遊間は、鉄壁です!!

若手選手にも、グローブにも注目しながら、今年もしっかりと、カープを応援していきたいと思います! カープファンのみなさま、一緒に応援しましょう!!

(※引用元 文春オンライン

関連記事

カープと開幕と私――今季最初の試合をどう観るか?/文春野球コラム

カープと開幕と私――今季最初の試合をどう観るか?/文春野球コラム

文春野球コラムペナントレース。昨シーズン、カープの担当ライターとして初参加し、45才のオールドルーキーながら「セ・リーグ新人王」を受賞。これで2020年シーズンも参加させてもらえるだろうと胸をなで下ろ …

野間に「もう戦力としては厳しい」と、批判の声…佐々岡監督も失望?

野間に「もう戦力としては厳しい」と、批判の声…佐々岡監督も失望?

13日に行われたオープン戦・広島対日本ハム戦。「3-0」で広島が勝利したが、試合結果以上に話題となったのが広島のプロ8年目・29歳の野間峻祥のバント失敗だった。 両チーム無得点で迎えた8回裏。広島は先 …

異例すぎる19歳でのトレードから広島の正捕手に登り詰めた西山秀二

異例すぎる19歳でのトレードから広島の正捕手に登り詰めた西山秀二

誰もが順風満帆な野球人生を歩んでいくわけではない。目に見えない壁に阻まれながら、表舞台に出ることなく消えていく。しかし、一瞬のチャンスを逃さずにスポットライトを浴びる選手もいる。華麗なる逆転野球人生。 …