カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

打撃好調の鈴木誠也は今季『三振率』が大幅減…追い込まれても強い!

2020年7月20日

打撃好調の鈴木誠也は今季『三振率』が大幅減…追い込まれても強い!

広島の四番・鈴木誠也のバットが今季も好調だ。7月20日現在、打率.359、7本塁打、21打点。それぞれセ・リーグで3位、3位、4位と打撃三部門で高レベルを誇っている。昨季も打率.335で首位打者を獲得し、28本塁打、87打点をマーク。プレミア12では日本代表の四番を務めて世界一に貢献したが、今季はさらに安定感が高まっているように映る。

何しろ、強いスイングをするのに三振が少ない。今季はここまで109打席に立ち11三振だから三振率(三振数÷打席数)は.101になる計算だ。昨季の鈴木は612打席で81三振。三振率は.132だったから、今季はさらに数字は良化している。ちなみに打撃三部門でセ首位を走る打者の三振率は以下だ。

打率1位=広島・堂林翔太 .156(90打席、14三振)
本塁打1位=巨人・岡本和真 .214(103打席、22三振)
本塁打1位=中日・ビシエド .076(118打席、9三振)
打点1位=ヤクルト・村上宗隆 .202(109打席、22三振)

ビシエドの三振しない技術も素晴らしいが、鈴木もそん色ないだろう。鈴木は追い込まれても簡単に打ち取られない。2ストライク時の成績は45打数15安打、打率.333を誇る。1ストライク時、0ストライク時はそれぞれ2本塁打、1本塁打。2ストライク時に4本塁打しているのも特徴的だ。

進化している鈴木のバット。今季は120試合制と通常より試合数が少ないシーズンだが今後、どこまで数字を積み上げるか楽しみだ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

日本最強の4番・鈴木誠也の『向上心』!【野球人が紡ぐ言葉と思い】

日本最強の4番・鈴木誠也の『向上心』!【野球人が紡ぐ言葉と思い】

「あいつに回したくないと思わせた時点で、4番の役割を果たしているかなと思います」(広島・鈴木誠也) 一度だけ、鈴木のロングインタビューに成功したことがある。彼が初めてWBC日本代表に選ばれた2017年 …

広島カープの意外な序盤戦善戦、健闘の裏に『伝統的』なチーム体質!

広島カープの意外な序盤戦善戦、健闘の裏に『伝統的』なチーム体質!

巨人3タテには失敗したものの、前評判の高くなかった赤ヘル軍団が健闘している。危機に強い伝統的なチーム体質が、改めてクローズアップされる。 開幕を前にして地元紙の報道で発覚した衝撃的な事実。「20年決算 …

頼む、菊池涼介の動きを観てほしい…3時間越える野球を楽しめる理由

頼む、菊池涼介の動きを観てほしい…3時間越える野球を楽しめる理由

数か月前、私に大学生の長女が「『ミッドサマー』って映画、映画館で観られなかったから気になっててこの前ラストだけネットで観ちゃった。あのクマさー……」と当たり前のように話してきた。 ちょっと待て、その観 …