カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

打撃好調の鈴木誠也は今季『三振率』が大幅減…追い込まれても強い!

2020年7月20日

打撃好調の鈴木誠也は今季『三振率』が大幅減…追い込まれても強い!

広島の四番・鈴木誠也のバットが今季も好調だ。7月20日現在、打率.359、7本塁打、21打点。それぞれセ・リーグで3位、3位、4位と打撃三部門で高レベルを誇っている。昨季も打率.335で首位打者を獲得し、28本塁打、87打点をマーク。プレミア12では日本代表の四番を務めて世界一に貢献したが、今季はさらに安定感が高まっているように映る。

何しろ、強いスイングをするのに三振が少ない。今季はここまで109打席に立ち11三振だから三振率(三振数÷打席数)は.101になる計算だ。昨季の鈴木は612打席で81三振。三振率は.132だったから、今季はさらに数字は良化している。ちなみに打撃三部門でセ首位を走る打者の三振率は以下だ。

打率1位=広島・堂林翔太 .156(90打席、14三振)
本塁打1位=巨人・岡本和真 .214(103打席、22三振)
本塁打1位=中日・ビシエド .076(118打席、9三振)
打点1位=ヤクルト・村上宗隆 .202(109打席、22三振)

ビシエドの三振しない技術も素晴らしいが、鈴木もそん色ないだろう。鈴木は追い込まれても簡単に打ち取られない。2ストライク時の成績は45打数15安打、打率.333を誇る。1ストライク時、0ストライク時はそれぞれ2本塁打、1本塁打。2ストライク時に4本塁打しているのも特徴的だ。

進化している鈴木のバット。今季は120試合制と通常より試合数が少ないシーズンだが今後、どこまで数字を積み上げるか楽しみだ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

広島カープ、リーグ4連覇危機の『本当の元凶』は投手陣の救世主不在

広島カープ、リーグ4連覇危機の『本当の元凶』は投手陣の救世主不在

リーグ4連覇危機に立たされている広島の本当の元凶は、投手陣の救世主不在だ。球団史上初のリーグ3連覇の要因は、予期せぬ投手が大活躍。四半世紀ぶり優勝の16年は野村、連覇の17年は薮田、3連覇の18年は大 …

カープ6連勝の立役者『ポスト新井』會澤が目指す真の常勝球団とは?

カープ6連勝の立役者『ポスト新井』會澤が目指す真の常勝球団とは?

V3球団が目を覚ましてきた。広島は24日、中日戦に快勝。1週間前まで最下位に沈んでいた王者も、気付けばこの日で6連勝。勝率5割も目前(借金2)となった。 開幕から低迷が続くと、精神的支柱としてチームを …

10年前の奇跡/谷の『木村拓也魂』弾、高橋建によぎった「引退」

10年前の奇跡――谷の『木村拓也魂』弾、高橋建によぎった「引退」

ちょうど10年前の2010年4月24日。巨人―広島戦(東京ドーム)で奇跡の場面に遭遇した。同7日に37歳で急逝した巨人・木村拓也内野守備走塁コーチの追悼試合。両軍選手が喪章を着けて天国に思いをはせなが …