カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ホーム14連勝中のDeNAを止めるのは、打率5割のマクブルーム!

2022年8月19日

ホーム14連勝中のDeNAを止めるは、打率5割のマクブルームか!

貯金6の2位・横浜DeNAベイスターズと借金3の3位・広島カープのAクラス同士の3連戦の舞台は横浜スタジアムだ。DeNAが球団新記録となるハマスタ14連勝中という中で、両チームの“4番対決”が鍵を握る。

マクブルームは対DeNA打率.396、ハマスタ打率.500

DeNAの4番は牧秀悟。

プロ2年目にしてすでにベテランの風格を漂わせながら、今季ここまで94試合出場で打率.280、17本塁打、63打点をマーク。得点圏打率.344はリーグ2位を誇る。その上で球場別の成績を見ると、本拠地・横浜では43試合で打率.356、9本塁打、36打点で他のどの球場よりも好成績を収めており、さらに対戦チーム別の成績では、広島戦が最も相性が良く、17試合で対戦打率.343、4本塁打、14打点。16日、17日の巨人との2連戦は計7打数でタイムリー1本の1安打のみとおとなしかったが、18日からの今カードでは爆発間違いなしだ。

対する広島の4番は、来日1年目のマクブルームだ。

パワー自慢の新助っ人は今季、開幕当初こそ目立たなかったが、時間の経過とともに日本野球に順応し、ここまで97試合出場で打率.282、12本塁打、53打点の優良っぷり。得点圏打率.309も牧には及ばないが、チームトップの数字。そして横浜スタジアムでのプレーは3試合のみと少ないが、12打数6安打の打率.500、対戦チーム別ではDeNA戦が最も好相性で12試合、打率.396、2本塁打、9打点の好成績を残している。

「4番」と言えば常に打線の中心であるが、今カードでは普段以上に注目度が高くなる。「牧 vs. マクブルーム」、ともに好相性を誇る4番同士の対決が、DeNAの連勝記録更新の行方を大きく左右する。

(※引用元 SPREAD

関連記事

球場入り後に通達…長野の「巨人復帰」で思い出される「屈辱の指令」

球場入り後に通達…長野の「巨人復帰」で思い出される「屈辱の指令」

長野久義が巨人に復帰する。2018年オフ、丸佳浩をFAで獲得した際、28人のプロテクト名簿から外れ、人的補償として広島へ移籍したので「5年ぶり」の古巣帰還となる。巨人ファンは大歓迎であり、また、無償で …

侍J最多選出もチームは苦戦...広島カープが低迷する「本当の原因」

侍J最多選出もチームは苦戦…広島カープが低迷する「本当の原因」

侍ジャパン・稲葉篤紀が発表した東京五輪の内定24選手。球団別で見ると、広島が菊池涼介、鈴木誠也、森下暢仁、栗林良吏と4人が選ばれて12球団最多だった。故障の影響で出場を辞退したが、會澤翼を入れると5人 …

2014年、あの決断に至る真実/ニューヨークと広島に感謝を込めて

2014年、あの決断に至る真実/ニューヨークと広島に感謝を込めて

40歳になるシーズンをどこで過ごすのか――。 2014年12月、僕はこれまでになく悩んでいた。オファーを出してくれたのは、報道で出ていた通りその年まで在籍していたヤンキースとメジャー複数球団。そして… …