カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「速くて見えない」名プレーヤー・高橋慶彦が驚愕した5人の名投手!

2022年9月8日

「速くて見えない」名プレーヤー・高橋慶彦が驚愕した5人の名投手!

村田兆治(元ロッテ)

プロに入って、最初に「すごい!」と思ったのは村田兆治さん。初めて対戦したのは、プロに入ってまだ間もない頃のオープン戦だったんだけど、「これがプロのボールか」と思い知らされた。

“マサカリ投法”と呼ばれたダイナミックなフォームから投げ込むストレートも強烈だったけど、村田さんはフォークがとんでもなくすごかった。スイングしようと思ったら、本当に目の前から消えた。ボールってこんなに変化するんだって、驚きしかなかった。「こんなボールどうやって打てばいいの」って……。

村田さんのフォークはストレートとまったく同じ軌道で、こっちが「よし!」と思ってスイングするとストンと落ちる。しかもストレートとフォークの球速差がほとんどなく、見分けるのが難しい。とにかく厄介なボールだった。

フォークと言えば、ほかにも遠藤一彦や佐々木主浩もすごかったけど、衝撃度は村田さんがダントツのナンバーワン。

小松辰雄(元中日)

これまで多くの投手と対戦してきて、速い球を投げるピッチャーは数えきれないほどいたけど、ボールが見えないと思ったのは小松辰雄ただひとり。

スピードはもちろんだけど、ボールのキレ、勢いがすごく、とくに低めに決まったストレートはバットに当たる気がしなかった。ちょうどこの頃にスピードガンが普及して、初めて150キロを連発したのが小松だった。だから「スピードガンの申し子」なんて呼ばれていたけど、バッターボックスでは球速表示以上の速さを感じたね。

小松はスタミナもあったし、全身がバネみたいな感じで、イニングを投げても球速が落ちない。実際、何度も完封されたし、9回になって球速が上がるピッチャーなんて見たことがなかった。

江川卓(元巨人)

小松のストレートも速かったけど、「ズドン」と速くて重かったのが江川卓さん。理論上、ピッチャーの投げた球が浮くことはないんだけど、江川さんのストレートは本当にホップしていた。真ん中だと思って振ったボールが、とんでもない高さだったり……ボールの伸びということでは、間違いなくナンバーワンだったね。

ただ江川さんは、オレと対戦する時は明らかに手抜きしていた(笑)。まぁ、そこまで力を入れなくても抑えられたということだろうけど、それでもいいボールを投げていた。それで得点圏でランナーを背負うと、突然ギアを上げてきてね。その時のボールがとにかく速くて、ベース付近で加速するから怖かった。

当時の江川さんは真っすぐとカーブしかないのに、あれだけ抑えることができたというのは、次元が違っていたのかもしれない。今じゃちょっと考えられないよね。プロ野球史に残るピッチャーであることは間違いない。

松岡弘(元ヤクルト)

ストレートとカーブのコンビネーションなら、松岡弘さんも忘れない。ストレートが速くて、しかも低めに伸びてくるからそれだけでも十分に打ちづらいボールだったんだけど、松岡さんはなんと言ってもカーブがすごかった。

松岡さんのカーブは、左打席から見ると、1回外に浮いて、そこからインコースに食い込んでくる軌道で、わかっていても打てなかった。よく「ブレーキの効いたカーブ」って言われるけど、松岡さんのカーブはまさにそれ。カーブのあとのストレート、ストレートのあとのカーブは打てなかったね。

いつも5回ぐらいまでストレートとカーブだけで手も足も出ないのに、なぜか6回からチェンジアップを投げてくれる。これが不思議とタイミングが合って、よく逆転した記憶がある。

松岡さんは200勝にあと9勝足りずに通算191勝で現役を終えたんだけど、ストレートとカーブだけ投げていれば200勝はできたんじゃないかな。それだけ強烈なボールだったし、いま振り返ってもなんでチェンアップを投げてくれたのかがわからない(笑)。

松本幸行(元中日など)

最後に挙げるのが、中日で活躍した松本幸行さん。ストレートは速くないし、特殊な球種があるわけでもない。それでも松本さんを選出したのは、テンポが恐ろしく早かったから。

キャッチャーからの返球を受ける前にサインを確認して、ボールを捕ったらすぐに投げてくる。しかもコントロールがいいから、どんどん松本さんのペースにはまっていく。構えで立ち遅れてしまうから、いざスイングしようと思ってもタイミングがずれてしまう。だからいい当たりはするけど、すべてファウル。気がついたら2球で追い込まれている……そんなピッチャーやったね。

シーズン20勝を挙げた年もあったし、5年連続2ケタ勝利というのは、名投手の証。投球術という部分で、松本さんは突出していたし、プロのすごさを見せつけられたね。

*     *     *     *     *

もちろん、このほかにも近鉄・野茂英雄のトルネード投法から繰り出されるストレートとフォーク。さらに、西武の潮崎哲也のシンカーや、桑田真澄のフィールディングなど、驚かされたピッチャーは何人もいたが、今回はあえて5人に絞って選ばせてもらった。どの投手もいまだに記憶に深く残っており、これらの名投手と勝負できたことが、自分の成長の糧になったのは言うまでもない。

(※引用元 web Sportiva

関連記事

マエケンVS大瀬良、始球式『黒田』!日米野球がカープ一色に染まる

マエケンVS大瀬良、始球式『黒田』!日米野球がカープ一色に染まる

野球日本代表「侍ジャパン」と米大リーグのスター選手が広島にやってくる。2018年11月13日、「2018日米野球」の第4戦が、初めて「Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島」(広島市)で開催さ …

セ・リーグ、30日の試合を終えての勝敗で…珍事がネットで話題に!

セ・リーグ、30日の試合を終えての勝敗で…珍事がネットで話題に!

30日のセ・リーグ全試合を終えて、首位広島は5勝0敗、2位巨人は4勝1敗、3位ヤクルトは3勝2敗、4位DeNAは2勝3敗、5位中日は1勝4敗、最下位阪神は0勝5敗と全チーム1ゲーム差ずつ離れているなど …

プロ野球、開幕延期が『決定』…「4月中に開幕できることを目指す」

プロ野球、開幕延期が『決定』…「4月中に開幕できることを目指す」

プロ野球の4月以降の開幕延期が9日、決まった。 今月20日にセ・パ両リーグで同時開幕する予定だったが、斉藤惇コミッショナーが東京都内で会見を開き「開幕を延期することを決定した。イースタン・リーグ、ウエ …