カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ドラフト1位・斉藤優汰は2年後にカープの宇田川優希になってほしい

2022年11月5日

ドラフト1位・斉藤優汰は2年後にカープの宇田川優希になってほしい

トリプルタワーの勝利の方程式

日本シリーズは、1996年以来となるオリックスの日本一で終わった。MVPはラオウこと杉本裕太郎だったが、一番感じたのはオリックスのリリーフ陣の力だ。

要所でベテランの比嘉幹貴が相手のチャンスの芽をことごとく摘み、さらに宇田川優希、山崎颯一郎、ジェイコブ・ワゲスパックの長身右腕が角度ある150キロ台後半の球をドンドン投げ込んで、ヤクルト打線を圧倒した。

リリーフは本来、いろいろなタイプがいたほうがいいと言われるが、比嘉は別とし、彼ら長身右腕がドンドン攻め込む継投を見ていたら、これもありだな、と思った。

角度ある150キロ台後半の真っすぐとフォークが武器の似たタイプの右腕3人がつなぐという今までなかったトリプルタワーの勝利の方程式だ。

特に株を上げたのが、昨年育成ドラフトで入団し、わずか3カ月前まで育成だったという宇田川だ。高いリリースの位置から速球とフォークを武器に4試合に投げて無失点。陰のMVPと言ってもいいだろう。

投手にとって身長は大きな武器になる。単純に180センチ台後半の選手が正しいメカニズムで投げたら150キロは普通に出るし、190センチ台後半なら160キロも出ると思っている。もちろん、ある程度の筋力、柔軟性がないと継続しては難しいけどね。

まずは体づくりの1年を

そういう意味で楽しみなのが、今年広島に入った斉藤優汰だ。苫小牧中央高の投手で身長は189センチ。すでにマックスは151キロというし、映像を見てもクセのないいい投げ方だ。

新井貴浩監督は高卒だから急がずに、何年かあとのエース候補として期待していると思うし、彼にはまず1年間、ファームで体づくり、フォームづくりに専念し、球速アップを目指してほしいな。

160キロとは言わないが、150キロ台後半が常に出るところまで上げることでフォークの威力も増すはずだ。

それで2年目は「カープの宇田川」ではないが、まずはセットアッパーはどうだろう。先発陣から抑えの栗林良吏につなぐ、今のカープの最重要ポイントだが、そこに長身右腕が入ることで一気に盤石になり、迫力が増す。

二軍投手コーチは、高橋建と永川勝浩だが、永川も長身でフォークが武器のクローザーだったから教育係にはちょうどいいかもしれないね。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

再び暗黒時代に突入へ…なぜ、カープは急激に弱体化してしまったのか

再び暗黒時代に突入へ…なぜ、カープは急激に弱体化してしまったのか

2016年に25年ぶりのリーグ優勝を果たし、そこから三連覇を成し遂げた広島。ちなみにセ・リーグで三連覇を達成したのは巨人以外の球団では初という快挙である。だが、昨年は最後の最後で阪神に逆転されて4位と …

広島カープ、クラスター発生より深刻な『大赤字』を乗り切る知恵とは

広島カープ、クラスター発生より深刻な『大赤字』を乗り切る知恵とは

セ・パ交流戦を目前に、広島でチーム内クラスターが発生。主力を含む12人が陽性となり、5試合連続延期という異例の措置が取られた。すでに首位・阪神から大きく引き離されたなかでの大量離脱で、まさに大ピンチだ …

新井監督と糸井氏の「サンモニ」出演で「今、曲がり角にいるお二人」

新井監督と糸井氏の「サンモニ」出演で「今、曲がり角にいるお二人」

プロ野球広島の新井貴浩新監督が6日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)に生出演した。 今季限りで引退した元阪神の糸井嘉男氏と共に生出演したが、司会の関口宏は「今朝は今、曲がり角にいるお二 …