カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

12球団トライアウト、球界OBも思わず涙した再起を願う選手の名前

2022年11月11日

12球団トライアウト、球界OBも思わず涙した再起を願う選手の名前

11月8日、楽天生命パークで12球団合同トライアウトが行われた。今回は3年振りの有観客で49名が参加し、再起を懸けた各選手による必死のプレーに、球界関係者の視線が注がれた。

各球団で戦力外を通告された選手たちによる、限られた打席、投球数の中での選手たちのアピールは、観ているものの胸を打つ場面も少なくなかった。トライアウト会場の様子に視線を送っていた球界OBも、多くの選手に対し、熱い思いを語っている。

現役時、大洋で主力として活躍し、ベストナイン、盗塁王も獲得した高木豊氏は自身のYouTubeチャンネル『TAKAGI YUTAKA BASEBALL CHANNEL』で今回のトライアウトに参加した有力選手について言及した。

トライアウトが行われた日の夜に配信となった「【2022年戦力外選手】12球団合同トライアウトを見て獲得に動きそうな選手について語ります!」では、そのタイトルの通り、今後、他球団との再契約が見込まれるプレーヤーの名前を紹介する内容となっている。

動画では「2001年から始まったトライアウト、再契約を結ぶ確率は5%程度」と、狭き門であることを明かしながらも、高木氏は今回、多くの選手を有望視している。

最初に名前を挙げたのは広島の菊池保則だ。今季は8試合の登板で未勝利に終わったものの、2019年から3シーズンに渡り中継ぎとして活躍した。高木氏は「まだ33歳、コントロールも安定していたし、ボールも良かった。なんでクビになったんだろう」と語った。

続いては、中日の右腕、佐藤優。2018シーズンには42試合に登板した29歳には「全然行けるね」と太鼓判。「中日は良い投手が多いから、はじかれるんだろうね。佐藤はボールに角度もあるしコントロールもいい。中継ぎで困っている日本ハムなんか面白いかな」と印象を述べている。

投手では他にも、阪神の守屋功輝、楽天からは通算32勝の福井優也、2011年のドラフト2位の釜田佳直をピックアップ。3投手とも今季は0勝に終わったものの、それぞれの特徴に触れながら「まだやれる。使えるよ」と力を込めた。

野手で最初にフォーカスしているのは巨人の勝俣翔貴。ここまで3年間のプロ生活のほとんどを2・3軍で過ごしてきた25歳の内野手には「初めて見たけど、(バットを)振る力がある。だから、この選手はなんとかなるなと直感で感じた。まだ25歳、教え方によっては全然良いよ。すごく魅力を感じた」として、ポテンシャルを絶賛。

また、広島で今季85試合出場にとどまったものの、2017年には規定打席にも達するなど実績を残してきている33歳の安部友裕にも「もう絶対使える。間違いなく使える。ベンチに置いていても、代打でも代走でも使える。内外野守れるだろうし、重宝すると思う」と、ユーティリティープレーヤーであることを強調している。

さらに、高木氏が今回の動画の中で、強く感情を込めながらエールを送った選手がいる。ヤクルトの中山翔太だ。これまで一軍では計9本塁打を放っているものの今季の公式戦出場は無く、4シーズンで戦力外となった28歳。高木氏は「ウエイト大好き。愛称は『中山きんに君』。柔軟性が無いのよ」と苦笑しながらも「魅力なのは真面目だということ」と指摘。

その上で、今季限りで引退した坂口智隆とのエピソードを披露し「(この日に向け)坂口がバッティングピッチャーを1か月間、やってくれたのよ。今日も坂口はスタンドにいたよ」と語りながら言葉を詰まらせた。

続けて「中山はホントに人が良くて真面目な子だから。坂口が一生懸命に手伝ってくれた想いや、中山のひたむきさも感じた。始まる前もずっとスイングしていた。そういう姿勢がどっかの球団に伝わってくれたら」と涙を拭い、中山の今後への想いを口にしている。

その他にも、ソフトバンクの真砂勇介を「右の『ミギータ』」と称しており、26歳という年齢にも期待を込めたDeNAの宮本秀明、「試合慣れしている」と評価した中日の三ツ俣大樹等にも「まだやれる」「ぜひとも、どこかの球団、よろしく」として、言葉を並べた。

高木氏のコメントの数々は、いつも以上に選手への深い愛情が込められていた。今回の参加選手から、一人でも多くの選手がもう一度、プロ野球のステージでのプレー出来ることを祈るばかりだ。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

「こいつは面白い!」鈴木誠也の『珍回答』に、現地記者らが大爆笑!

「こいつは面白い!」鈴木誠也の『珍回答』に、現地記者らが大爆笑!

2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、鈴木誠也がメジャーに挑戦したばかりの頃、「キャンプで驚いたこと」を語ったシーンを取り上げる。現地記 …

侍ジャパン、悲願の『金』!森下-栗林の完封リレーでアメリカに勝利

侍ジャパン、悲願の『金』!森下-栗林の完封リレーでアメリカに勝利

東京五輪(8月7日、日本2-0アメリカ、横浜スタジアム) 五輪では1996年アトランタ大会以来25年ぶりの決勝進出となった野球日本代表。アメリカとの頂上決戦を2対0で制して見事に金メダルを獲得した。 …

危うい「6.19」開幕…コロナ禍の『3大リスク』乗り越えられるか

危うい「6.19」開幕…コロナ禍の『3大リスク』乗り越えられるか

待ちに待った球音がスタジアムに響く。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕を延期していた日本野球機構(NPB)は25日、12球団代表者会議をオンラインで開き、公式戦を6月19日に開幕することを決めた。 …