カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良、2勝2敗から4連勝!心身充実し、投手の軸に/序盤戦MVP

2018年5月24日

大瀬良、2勝2敗から4連勝!心身充実し、投手の軸に/序盤戦MVP

首位を走るチームの中で、大瀬良大地の奮闘が目立った。登板4試合目までは2勝2敗。与四球も多く制球に苦しんだが、そこから4連勝と加速した。5月5日のヤクルト戦(神宮)では1失点で自身3年ぶりの完投勝利。チーム一番乗りとなる快投を演じた。

「こどもの日ということで、子どもたちに夢を与えられる投球ができたらと思っていた。疲れはあったが、点差もあったし最後まで投げるつもりだった」

続投を意味する9回の打席に向かうときには、神宮のカープファンから大歓声。「あれでまた頑張ろうと思えた」と後押しされ、今季最多123球を投げ抜いた。

この白星でヤクルト戦は無傷の8連勝。広島では黒田博樹が阪神戦で97年8月から02年8月まで足かけ6シーズンで8連勝していたことがある。尊敬する先輩に並び「うれしいこと。また次勝てるように」と発奮材料にして、1週間後の阪神戦も5勝目をゲット。

7回1失点のほか、打っても先制となる決勝二塁打と二刀流の活躍だった。その後、5月19日のヤクルト戦(マツダ広島)でも勝って、ヤクルト戦の連勝は9に伸ばした。

開幕投手の野村が背中の張りで4月末に離脱。投手陣の軸と期待された薮田も不振が続いている。そんな中で大瀬良は岡田、中村祐とともに先発陣を支えている。

かねて投手陣の不安を口にしてきた緒方監督からも「やっと持ち直してきたね」と前向きなコメントが出るようになった。昨年に先発復帰して3年ぶり10勝を挙げた5年目右腕。心身ともに充実期を迎えようとしている。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

今季カープの投打キーマン!背番号1・鈴木誠也、先発左腕・床田寛樹

今季カープの投打キーマン!背番号1・鈴木誠也、先発左腕・床田寛樹

注目は外野と外国人枠の起用法 セ・リーグ3連覇を果たした広島は、今年4連覇を目指すシーズンになる。しかし、このオフに丸佳浩がFA権を行使し同リーグの巨人へと移籍したため、その道のりは決して平坦ではない …

現役選手で最も「敬遠されている」のは誰?現役最多は意外なあの選手

現役選手で最も「敬遠されている」のは誰?現役最多は意外なあの選手

次の打者でアウトを取るために意図的に勝負を避ける故意四球、いわゆる「敬遠」の数は、強打者ほど多いというイメージがある。例えば、西武の中村剛也やソフトバンクのウラディミール・バレンティンといった現役屈指 …

Bクラスで終わったから気づけたもの、CSから考える『幸せの意味』

Bクラスで終わったから気づけたもの、CSから考える『幸せの意味』

拝啓、全国のカープファンの皆さま。いかがお過ごしでしょうか? 当コラムの公開前日から始まった2019年シーズンのCS……クライマックスシリーズ。ご存知のとおりカープの試合はありません。試合が無いのだか …