カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井監督に「選手と一緒に喜ぶのはいいけど…」と不安も/OB座談会

2023年4月24日

新井監督に「選手と一緒に喜ぶのはいいけど…」と不安も/OB座談会

WBCの勢いそのままにプロ野球も開幕から例年以上の盛り上がりを見せている。大激戦のペナントの行方を占うべく大物球界OBを緊急招集。野球評論家の江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏の3人が見どころを大いに語った。

中畑:予想外だったのが広島の好調よ。まだシーズンが始まったばかりだけど、首位に浮上したり、評論家たちの下馬評を覆している。

達川:ボクははじめからカープ優勝を予想していましたよ。オープン戦を見よったら阪神と巨人より強いと思ったんです。カープはピッチャーが揃っていますからね。

中畑:えー! 本当に?

達川:今は外国人バッターがハマっていないですが、去年のヤクルトのサンタナ(30)とオスナ(30)のように機能すれば、優勝すると思っています。

江本:カープは雨に強いんですよ。雨天コールドで2回勝ち、ほかの雨での試合でも逆転勝ちを2回している(4月19日終了時点、以下同)。元々水の中にいるようなやつばかりだからね。なんせ鯉だから(笑)。

中畑:今の広島の勢いは雨のせいなのか。

達川:それもあると思いますよ。環境が人を育てるというか、例えば巨人選手の場合、本拠地がドームだから、雨予報があったら中止だと思うんですよ。だけど、広島の連中は誰もそうは思わない。

中畑:オレは新井(貴浩)監督(46)のチーム作りも上手いと思うな。同じ駒大の後輩だけど、オレが監督だった時の雰囲気と似ているように思える。

達川:確かに新井はいい雰囲気を作っていますが、中畑さんとはかぶってませんよ。

中畑:何っ! 否定の仕方が酷いな。「そうですね」と合わせろよ(笑)。

江本:新井は選手と一緒に喜ぶのはいいけど、少しは抑えたほうがいいんじゃないのと思うけどね。負けが重なった時に、去年の阪神の矢野(燿大)みたいに沈んだ雰囲気にならないかなと……そこを心配しちゃうよね。落ちかけた時にどう立ち直らせるかがカギになる。それをヒット1本打って“イェーイ”とやっていると、見る見るうちに泥沼にハマっていくよ。

中畑:あと好調なチームと言えばDeNAだよ。中継ぎも悪くないし、三浦(大輔)監督(49)も、だんだん勝ちパターンに対する意識を持って采配を振るうようになってきているよね。選手の質もよくなっているし、オレはいいところまで行くんじゃないかと思っている。

達川:石田(健大、30)、東(克樹、27)、今永(昇太、29)ら既に強力な布陣にトレバー・バウアー(32)が加わるんですから強いですよ。

江本:DeNAもこれだけいいピッチャーがいるのであれば、誰か完投するような流れを作ってやると投手陣は安定してくる。それが判で押したように交代させるからもう一つ伸び上がってこない。

達川:たしかにセ・リーグでは9回を投げ切った投手が阪神の西(勇輝、32)だけ。そこは今後のポイントになるかもですね。

(※引用元 NEWSポストセブン

関連記事

プロ野球開幕、最短「6・19」に生じる『矛盾』/専門家チームは…

プロ野球開幕、最短「6・19」に生じる『矛盾』/専門家チームは…

何だか〝既定路線〟になっているようだ。新型コロナウイルスの感染拡大で延期を余儀なくされているプロ野球の今季開幕日についてである。11日にNPB(日本野球機構)とJリーグの合同で行われた「第7回新型コロ …

高木豊が<現役ドラフト>を総括、評価はしつつも「改善の余地ある」

高木豊が<現役ドラフト>を総括、評価はしつつも「改善の余地ある」

出場機会に恵まれない選手の移籍の活性化を図る「現役ドラフト」が、12月9日に開催された。球界初となる試みに対してさまざまな声が上がっていたが、成功といえる内容だったのか。 かつて大洋ホエールズ(現・横 …

戦局の悪化でプロ野球が無念の『休止』、そして復活へ…/不屈の物語

戦局の悪化でプロ野球が無念の『休止』、そして復活へ…/不屈の物語

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 主力たちの悲報 プロ野球の歴史を回顧するとき、戦前や戦 …

Archives by Month

新着記事