カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

言葉の魔術師、床田の話はなぜ面白いのか?「彼の取材が楽しみで…」

2023年4月27日

言葉の魔術師、床田の話はなぜ面白いのか?「彼の取材が楽しみで…」

この男は、どんな球でも打ち返してくれる。会話のラリーは、どこまでも軽快だ。

「ハムスターを飼っていました。名前は“ひまわり”」

「マンガが好きです。とくに『ダイヤのA』」

「ボウリングのベストスコアは276」

キャリアハイの8勝をマークしても、オールスターに出場しても、飾らない人柄は変わらない。昨シーズン、右足首骨折の怪我を負っても、表情は曇らない。むしろ、故障個所の状況を丁寧に説明してくれる。

メディア内では「彼の取材が楽しみでしかたがない」という人も少なくない。キャリア15年のスポーツライター前原淳氏も「彼は野球への考えも深いですが、根っこには関西のお兄ちゃんのようなノリがあって、本筋から脱線することもしばしばです」と話す。

度々目撃されるチームメイトとの熱い「野球談議」

今シーズン、故障から復帰すると、開幕から先発ローテーションでフル回転を続ける床田寛樹である。

話し上手でユーモアもある。関西出身。なかなかに、笑いのツボも押さえてくれる。しかし、これは彼の一面に過ぎない。

「野球に対して、とんでもなく熱い」

チームメイトから、そんな声が聞こえてくる。

快速球が武器のリリーバー島内颯太郎は、チーム内での様子を語ってくれた。

「あんまり野球の話をするイメージはないかもしれませんが、違います。たくさん野球の話をしてくれます。かなり細かく、わかりやすく話してくれます。ロッカーでも、他の選手と野球の話をしている姿を見かけることが多いです」

先発ローテで好投の続く遠藤淳志も、床田の野球論の解像度の高さに舌を巻く。

「本当に野球の話もたくさんしてくれます。例えば、ボールが高めに浮く問題点を相談すると、下半身の使い方やタイミングのことまで細かく話してくれます。僕は、そうやって動きを言葉にするのが得意ではないので、分かりやすく説明できる床田さんは凄いと思います」

生来のコミュニケーション力もあるだろう。しかし、パフォーマンスの言語化に前向きなことには、何らかの「意図」があるようにも感じる。

発した言葉が感覚を取り戻すヒントになる

明るい性格や後輩への優しさは根底にある。一方で、やはり、解像度の高い「野球談議」には床田の狙いがあった。

「たしかに、人に聞かれたときに、言葉にできるように心がけています。そうすれば、自分が調子を落としたとき、感覚を取り戻すヒントになることがあります。矢崎(拓也)なんかは、そういう能力が高いです。自分も、具体的な言葉にできるようにと思います。選手によって考えが違うこともあるし、全てが同じにはなりませんが、ひとつひとつの言葉が自分のひきだしにもなります」

取材であっても、床田の説明は極めて具体的である。一例として、昨シーズン好投が続いたときの会話がメモに残っている。

「腕を振るときに、どこに力を入れるか。そういう感覚で学んだことはあります。お腹のあたりに力が入ることで、投球が安定するようになりました」

「僕は左の股関節が硬いです。その方が出力につながることもありますが、故障のリスクも生じますから、硬くなりすぎないようにしています」

パフォーマンスの再現性の難しさは、多くの選手が直面するテーマである。そのために、反復練習で理想の動きを体にしみこませていく。ただ、長いシーズン、そのパフォーマンスが再現できない時期がやってくる。そんなとき、発した言葉が感覚を取り戻すヒントになるのだという。

多くの技術職がそうであるかもしれない。新人研修の講師役が、指導を通じて自分の技量を高めるのは、他の職種でも見られる光景である。

企業の人事部も唸るようなサイクル

「体の開きが早くなる」という相談をチームメイトから受けたことがあった。

それに対する床田の話はロジカルだった。

「開きが早いなら、右肩(前側の腕)をひとつ前に入れるイメージにしてはどうか」

加えて、床田は心がけていることがある。発した言葉を、自分の動きで確認してみるのだ。

「そういうことを自分でやってみて、把握することも大事にしています。言葉にしたことは、実際にやってみます。そうすることで、気づくことがあります」

ノウハウを言語化する。惜しげもなく共有する。再確認することで、本人のスキルアップにもつながる。まさに、企業の人事部も唸るようなサイクルが展開されている。

そうか、言語化することが、選手にもプラスになっているのか。ならば、我々メディアも、遠慮なく質問をぶつけよう。そこで、念のため聞いてみた。

「取材の質問から、何か技術面で発見をしたエピソードとか、ありますか?」

床田は、いつもの笑顔に戻り、少し背中を丸めて、恐縮しながら答えてくれた。

「すいません。そ、それは、あんまりないですね……」

いつも報道陣に話題を提供してくれる。もちろん、白星も運んでくれる。そんなナイスガイのお役に立つためにも、発見があるような核心を突いた質問をできるようにならねば。そんな気持ちにさせられた。

(※引用元 文春オンライン

関連記事

実態は『松田家』の私有球団…「広島マツダカープ」と呼ばれないワケ

実態は『松田家』の私有球団…「広島マツダカープ」と呼ばれないワケ

広島東洋カープは、現在の日本プロ野球において、ただ1チーム「親会社」を持たない球団として、「12球団唯一の市民球団」と呼ばれている。しかし、現在カープの株式を持っている市民は一人もおらず、実態は松田( …

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

ヘルメットが赤になったワケ 1975年、広島カープは球団創設26年目にして初優勝を果たした。今回は長年にわたって染みついた負け犬根性を一掃した指導者について書く。 その男、ジョー・ルーツはクリーブラン …

九里亜蓮が海外FA権取得も…「憧れの黒田博樹」には程遠い不足部分

九里亜蓮が海外FA権取得も…「憧れの黒田博樹」には程遠い不足部分

プロ野球・広島カープの九里亜蓮投手が7月5日、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。 九里はスポーツ紙の取材に対し、 「実感はあまりない。向こう(メジャー)の野球に興味はある。そこ …