カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島が10連勝で首位浮上!新井監督の「サプライズ采配」に驚きの声

2023年7月27日

広島が10連勝で首位浮上!新井監督の「サプライズ采配」に驚きの声

広島が2023年7月27日のヤクルト戦(マツダ)で4-1と快勝し、破竹の10連勝。最大9ゲーム差をひっくり返し、4月17日以来の首位に浮上した。

「これからも大事な場面で頼むぞ」

西川龍馬が右脇腹肉離れ、マクブルームが打撃不振で登録抹消され、菊地涼介も左脇腹の張りで欠場と主力がそろわない中で、日替わりヒーローが誕生している。

この日の主役は会沢翼だった。成長著しい坂倉将吾が正捕手を務めるため、出番は決して多くないが存在感が光る。女房役として床田寛樹を8回途中まで1失点の好リードに導くと、バットでも魅せた。5回無死二塁から中堅適時打で先制点をうみだすと、同点で迎えた7回1死三角のスライダーをしぶとく中前に落とす決勝打。攻守で勝利に大きく貢献した。

新井貴浩監督の采配も光る。3点リードの9回に栗林良吏を起用。前日の同戦で青木宣親に危険球退場でマウンドを降りたため精神面が気がかりだったが、先頭打者の宮本丈を3ボールからフルカウントに整えて、最速152キロの直球で三ゴロに仕留めると、村上宗隆を129キロカーブで三ゴロ、オスナも151キロ直球で二飛に抑えた。

スポーツ紙デスクは、「新守護神の矢崎拓也でなく、栗林をあの場面で起用したことに驚きました。青木のことは心配ですが、栗林に『これからも大事な場面で頼むぞ』という新井監督のメッセージが込められていたように感じます。栗林も登板前は不安があったと思いますが、三者凡退に抑えて期待に応えた。広島にとってただの1勝ではなく、大きな白星だと思います」と新井采配を絶賛した。

この強さは一過性の勢いではない。広島がこのまま突っ走るか。(中町顕吾)

(※引用元 J-CAST

関連記事

長冨「ボク、つまんないっす」…野球人生を救った「37歳の移籍」?

長冨「ボク、つまんないっす」…野球人生を救った「37歳の移籍」?

誰もが順風満帆な野球人生を歩んでいくわけではない。目に見えない壁に阻まれながら、表舞台に出ることなく消えていく。しかし、一瞬のチャンスを逃さずにスポットライトを浴びる選手もいる。華麗なる逆転野球人生。 …

菊池涼介に続き若手のホープが…「女性問題」連発でチーム影響必至!

菊池涼介に続き若手のホープが…「女性問題」連発でチーム影響必至!

15歳で妊娠・中絶、16歳で出産をしたことで、物議を醸したYoutuberの渡辺リサ。出産後に交際相手の浮気を原因として別れるなど、波乱万丈な人生を送ってきたことで知られる彼女に、とある疑惑が持ち上が …

山崎隆造、機動力野球を体現したスイッチ2号/1980年代の名選手

山崎隆造、機動力野球を体現したスイッチ2号/1980年代の名選手

猛練習でスイッチ転向 昭和の広島黄金時代。山本浩二と衣笠祥雄の“YK砲”が打線の中軸を担い、北別府学や大野豊ら投手陣は“投手王国”と評された。そんなチームを引っ張ったのが機動力だろう。スイッチヒッター …