カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

沖縄出身の僕がカープを愛し、広島を第一の故郷だと思ってる理由とは

2023年10月9日

沖縄出身の僕がカープを愛し、広島を第一の故郷だと思ってる理由とは

皆さん、改めまして。文春野球コラム、文春カープ監督のガル憎です。文春野球コラムのペナントレース制が今シーズンで終了、我が文春カープはBクラスが確定したことにより、今回がチームにとって「最後のコラム」ということになります。当初は監督である自分が書こうとしましたが、今年、大病を患いながらも元気に回復された安仁屋宗八さん。その安仁屋さんにどうしても最後のコラムを書いてほしくて、ダメ元でお願いしたところ、なんと快諾をいただきました。ファンとしての「文春野球コラムに安仁屋さんの言葉を残したい」という夢が叶いました。前置きが長くなりましたが、文春カープ最後のコラム。カープ、カープファン、広島の「おじいちゃん」こと安仁屋さんです。どうぞよろしくお願いします。

スカウトの情熱に惹かれて決めたカープ入団

カープファンの皆さん、こんにちは。安仁屋宗八です。今回は、私がカープに入団してからのこと、病気のこと、現在のカープやファンの皆さんへの思いなどを書かせていただきます。最後まで読んでいただけると幸いです。

1964年(昭和39年)、私は沖縄出身のプロ野球選手第1号としてカープに入団しました。ただ、当時の沖縄ではプロ野球のテレビ中継がほとんど無かったため、私はプロ野球というものにピンと来ておらず、さらに沖縄を離れることにも大きな不安があったので、正直そこまで入団には乗り気ではありませんでした。しかし、まだ沖縄に来るのにパスポートが必要だった時代に、日系アメリカ人だったスカウトの平山智さんが初代オーナーの松田恒次さんの依頼を受けてわざわざ沖縄まで来られ、熱心にカープ入りを勧めてくださったのです。親父を含む家族、高校の監督は平山さんの熱意と人柄に惹かれ、私には「もしカープに来てくれたらワシがぜんぶ面倒を見る!」と言ってくださり、カープ入団を決意することとなりました。もし平山さんがおられなければ、私はプロ野球選手になってなかったと思います。

最初に戸惑ったのは、まず言葉の違いです。いまでこそ野球解説やテレビ出演をさせていただいていますが、そもそも私は人と話すのが苦手で、しかも広島弁は「おどりゃあ!」など荒っぽいものが多く、聞いていて怖かった。普通に話している人たちを見ても、ケンカをしているのかと思ったくらいです。さらに言えば沖縄弁も広島の人にほとんど通じないので、自然と口数も減っていきました。

あとは食生活ですかね。いまでは随分と変わりましたが、当時の沖縄の食べ物は味付けが濃く、こっちの薄い味付けがどうしても合いませんでした。でも寮や周りの方が本当に私を気にかけてくれて、そういう広島の人たちの優しさや温かさを感じながら、あるとき、ふと「沖縄の人たちと似てるな」と思ったのです。やがて同期入団の仲間たちと流川(編注:広島の歓楽街)に遊びに行くようになり、そこでお酒を覚えて、自然と広島の街も好きになりました。苦労した言葉に関しても、そういう実戦の場で自然と覚えていきましたね(笑)。

今年のカープは優勝こそ逃しましたが、クライマックスシリーズ進出を決めました。コーチ経験が無い1年目の新井貴浩監督は本当に頑張ったと思います。選手を怒らず、つねに褒めて前向きに戦うという姿勢もすごくいいと思います。ただ、ひとつ思うのは、藤井彰人ヘッドコーチ、あるいはその他のコーチ。僕はその中に選手に嫌われる人間がいてもいいと思うんです。いわゆる「嫌われ役」が。それは新井監督にも藤井ヘッドコーチにも直接、伝えました。たまにはガツンと言う人がいてもいいんじゃないかと。チームのことをあえて「家族」と呼んで戦い抜くという方針でやってきましたが、家族だからこそ怒るお父さんがいたり、注意するお兄さんがいてもいいですからね。

順位としては、2位。これは素晴らしい。2位を死守してくれるよう、私も真剣に応援しました。残念ながら最終戦で負け、ベイスターズの順位が確定するのを待つ形にはなりましたが、やっぱり地元で戦えるというのは、試合の流れやたくさんのファンの皆さんの応援などを考えると有利です。なんせ広島にはたくさんのカープファンがいますから。

体を壊して改めて知った広島とカープの魅力

話は少し戻りますが、私は今年の6月、動脈瘤破裂で緊急手術を受けて入院し、退院後の8月には‪コロナに感染。多くの皆さんに心配をかけてしまいました。その時に改めて感じたのが、広島に根付いたカープという存在の大きさ。入院中、僕が病室のテレビでカープの試合を観戦していると、先生や看護師さんたちが「安仁屋さん、どうなってます?」とか「いま誰が投げてます?」って聞いてくるんです。それで僕が「勝っとるよ」と教えたり。先生たちは仕事中で観戦できないから、患者の僕のところに情報収集に来るんですよね(笑)。予期せぬ入院ではありましたが、広島の皆さんの「強いカープ愛」を再認識させてもらいました。‬‬‬‬

僕はお酒を飲みますが、タバコは吸いません。散歩も毎朝しています。さすがに療養中や退院後は控えましたが、自分の身体や体力に関しては自信がありました。そういう意味では少しショックでしたね。内臓系の病気というのは表に出なくて急に来ます。今回のことで、定期的な検査というのは本当に大事だなと痛感しました。だから、カープファンの皆さんにも気をつけてほしいですし、そういう検査を受けてほしいと思います。健康じゃないと大好きなカープを応援できません。1年に1回くらいは検査を受けて、それでカープを応援してほしいです。やっぱり健康がいちばんですから。

僕はカープに入団して、カープに面倒を見てもらいました。カープが無かったら、いまの自分もありません。広島の人にも、ものすごく温かくしてもらいました。近所の人にも、カープファンの人にも優しくしてもらって、心から感謝しているんです。退院して朝の散歩ができるようになってからも、すれ違う方々に「退院おめでとうございます」とか「元気になりましたか? もうお酒は飲んでますか?」と声をかけていただいたり。そうやって声をかけてもらうというのがすごくありがたくて、散歩のときの楽しみになっています。

少し脱線してしまいますが、僕が退院した時、ラジオで「真っ先にパチンコに行きたい」と言ったのが想像以上に話題になって驚きました。どこでどんな台を打ってるのか予想されている方がいるとも聞いて。せっかくなので書かせてもらうと、僕はパチンコ一本。しかも「海物語」だけ。あの台しか打ちません。ただ、開店から頑張って行くとかじゃなくて、気が向いた時に2~3時間、ハンドルを握ってればそれで落ち着くんですよ。リラックスしに行ってるようなものなので、勝ち負けは気にしてません。ただ「魚群」という魚がバ~ッと出るリーチがあるんですけど、それがハズれたらショックなんで、すぐに違う台に移動します。あの台が無くなったらパチンコから足を洗うかもしれません(笑)。

最後になりますが、僕からカープを取ったらなにも残りません。そのくらいカープに惚れ込んでいます。僕は皆さんとまったく同じ、一(いち)カープファン、大ファンです。2位でクライマックスシリーズに進出できるので、地元で応援するのも解説するのも楽しみで仕方がありません。どうか皆さん、共に大好きなカープを、最後まで温かく応援しましょう。目指すはもちろん「日本一」。そして来年の「安仁屋算」も楽しみに待っていてください。以上、安仁屋宗八でした。

(※引用元 文春オンライン

関連記事

會澤のタックルで審判転倒!「退場レベルのプレー」ファンからは賛否

會澤のタックルで審判転倒!「退場レベルのプレー」ファンからは賛否

15日に行われた広島対巨人の一戦。この試合に「6番・捕手」でスタメン出場した広島・會澤翼のプレーが、ネット上のプロ野球ファンの間で物議を醸している。 問題となったのは、「0-5」と広島5点ビハインドの …

『逆メークドラマ』、セ・リーグ4連覇を信じる赤ヘルファンの本気度

『逆メークドラマ』、セ・リーグ4連覇を信じる赤ヘルファンの本気度

リーグ4連覇へ逆メークドラマには、敵地・東京ドームで巨人を三タテするしかない。広島は27日、その大事な3連戦の初戦を制した。 今季は連勝、連敗を繰り返す突発性の乱高下症を繰り返すだけに、赤ヘルファンに …

開幕延期は、広島カープにとって吉か凶か?戦力チェックしてみると…

開幕延期は、広島カープにとって吉か凶か?戦力チェックしてみると…

野手は全体的に順調 新型コロナウイルスの拡大感染の影響で、プロ野球の開幕は4月24日以降となった。ファンはずっとおあずけを食ったままの状態となり、なんともすっきりしない状態が続くが、世の中の情勢がこう …