カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

緒方監督、『リーグ3連覇』の次なる2つの関門「短期決戦が下手…」

2018年7月28日

緒方監督、『リーグ3連覇』の次なる2つの関門「短期決戦が下手…」

球団史上初のリーグ3連覇へ独走で視界良好。第一関門突破は時間の問題の広島・緒方孝市(49)監督だが、次なる関門が控えている。

「球団史上初のリーグ3連覇は難しいだろう。2人に代わるコーチはいない。今の選手にとって一番重要なのは、コミュニケーションの取れるコーチだから、あれだけ選手とうまくコミュニケーションが取れて、熱心に指導してきたコーチは貴重だった」

広島OBたちは開幕前、こう異口同音に球団史上初のリーグ3連覇を危ぶんでいた。石井琢朗打撃コーチと河田雄祐外野守備走塁コーチが昨季限りで、広島と東京の二重生活解消という家庭の問題で退団。今季からそろってヤクルトのユニホームを着ている。

この2人の流出は計り知れないダメージになると、広島OBたちは危惧していたのだ。ところが、3人制から2人制になった東出輝裕、迎祐一郎の打撃コーチ陣と、新任の広瀬純外野守備走塁コーチは、石井、河田両コーチの教えを引き継ぎ、抜けた穴を感じさせない。

だが、球団史に残る名将・古葉監督もなしえなかった球団史上初のリーグ3連覇へ快走する緒方監督には、まだ2つの関門が待ち構えている。広島OBたちはこう烙印を押している。

「長いペナントレースを戦い抜くのはうまいが、短期決戦が下手だ。一昨年の日本ハムとの日本シリーズ、昨年のDeNAとのクライマックスシリーズファイナルステージで敗退した結果を見れば一目瞭然だろう。こちらがアドバイスしても聞こうとしない。頑固だから、本人はペナントレースと同じ戦い方で勝ちたいんだ」

球団史上初のリーグ3連覇を達成しても、まずはCS、さらに日本シリーズと関門が続く。ファンが待ちわびる34年ぶりの日本一奪回への道は険しい。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

理想捨て「左殺し」追及した元カープ・『河内』氏、心からの願い

理想捨て「左殺し」追及した元カープ・『河内』氏、心からの願い

広島のオスカル、飯田の両左腕が、サイドスローに転向。ワンポイントを目指している。 ふと気になり、広島最後の「左殺し」に話を聞いた。現在は広報の河内貴哉氏(35)だ。08年に左肩関節唇と腱板(けんばん) …

今季で17年目、すっかり目立たなくなった『石原』の確たる存在感

今季で17年目、すっかり目立たなくなった『石原』の確たる存在感

すっかり目立たなくなった感がある。広島の石原慶幸。今季で17年目を迎えるベテラン捕手のことだ。 無理もない。25年ぶりのリーグ優勝を果たした一昨年は、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞。チームだ …

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

今シーズン導入された申告敬遠に慣れてしまった自分に寂しさを感じている同志の皆さま、如何お過ごしですか。あれほど「敬遠球をホームランにしたり暴投したりのドラマがなくなる!」と憤っていたのに案外簡単に受け …