カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

緒方監督、『リーグ3連覇』の次なる2つの関門「短期決戦が下手…」

2018年7月28日

緒方監督、『リーグ3連覇』の次なる2つの関門「短期決戦が下手…」

球団史上初のリーグ3連覇へ独走で視界良好。第一関門突破は時間の問題の広島・緒方孝市(49)監督だが、次なる関門が控えている。

「球団史上初のリーグ3連覇は難しいだろう。2人に代わるコーチはいない。今の選手にとって一番重要なのは、コミュニケーションの取れるコーチだから、あれだけ選手とうまくコミュニケーションが取れて、熱心に指導してきたコーチは貴重だった」

広島OBたちは開幕前、こう異口同音に球団史上初のリーグ3連覇を危ぶんでいた。石井琢朗打撃コーチと河田雄祐外野守備走塁コーチが昨季限りで、広島と東京の二重生活解消という家庭の問題で退団。今季からそろってヤクルトのユニホームを着ている。

この2人の流出は計り知れないダメージになると、広島OBたちは危惧していたのだ。ところが、3人制から2人制になった東出輝裕、迎祐一郎の打撃コーチ陣と、新任の広瀬純外野守備走塁コーチは、石井、河田両コーチの教えを引き継ぎ、抜けた穴を感じさせない。

だが、球団史に残る名将・古葉監督もなしえなかった球団史上初のリーグ3連覇へ快走する緒方監督には、まだ2つの関門が待ち構えている。広島OBたちはこう烙印を押している。

「長いペナントレースを戦い抜くのはうまいが、短期決戦が下手だ。一昨年の日本ハムとの日本シリーズ、昨年のDeNAとのクライマックスシリーズファイナルステージで敗退した結果を見れば一目瞭然だろう。こちらがアドバイスしても聞こうとしない。頑固だから、本人はペナントレースと同じ戦い方で勝ちたいんだ」

球団史上初のリーグ3連覇を達成しても、まずはCS、さらに日本シリーズと関門が続く。ファンが待ちわびる34年ぶりの日本一奪回への道は険しい。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

野間峻祥、『二刀流』で滑り込める高い技術も持つ男!/足で魅せる

野間峻祥、『二刀流』で滑り込める高い技術も持つ男!/足で魅せる

とにかく足が速い。野間峻祥の足は12球団でも屈指だろう。高いバウンドになれば、あっという間に一塁を駆け抜ける。「転がせば、何とかなる」。その言葉どおり、打席数は少ないながら内野安打15本は田中、菊池の …

当たり前のように勝つ広島の強さは、当たり前のように走る新井にあり

当たり前のように勝つ広島の強さは、当たり前のように走る新井にあり

ビジネス書を手に取ると、「当たり前のことが当たり前にできることが成功への道」などと書かれている。 分かっていてもできていない。 やろうとしても続かない。 「当たり前のことを当たり前にやる」は意外と難し …

元広島カープのエース・北別府氏がアメブロを更新する「深イイ」理由

元広島カープのエース・北別府氏がアメブロを更新する「深イイ」理由

プロ野球・広島カープの元エースとして活躍した野球解説者の北別府学氏が28日、自身のアメブロの中でブログを更新する「深イイ」理由を明かした。 北別府氏は周囲の人から「ブログを頻繁に更新して儲かっているで …