カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープファン・有吉、巨人にアンチ発言炸裂「金に汚い」「1番嫌い」

2019年3月31日

カープファン・有吉、巨人にアンチ発言炸裂「金に汚い」「1番嫌い」

新番組「有吉×巨人」(日本テレビ系)が3月27日、スタートした。MCは広島東洋カープの大ファンで、アンチ読売巨人軍としても有名な有吉弘行さん。そんな有吉さんに、巨人ファンの有名人が魅力をプレゼンし、好きになってもらおうという番組だ。

しかし、有吉さんは番組冒頭で、「(巨人は)1番嫌いなんだもん、全球団の中で。メジャーもあわせて」と言い放つ。初回のゲストは巨人ファン歴44年である、お笑いコンビ・TIMのレッド吉田さん。

有吉さんに巨人が嫌いになった理由を聞くと、「そういう教育を受けてるからね、僕は広島(出身)ですから」と幼少期から”巨人は敵”という刷り込み教育があったと口にし、「金に汚かったり、FAで移籍した選手に冷たいとか嫌いですよね」と続けた。(文:石川祐介)

「ファンの夢って、巨人ファンだけでしょ?」「思い上がるなって感じですよ」

有吉さんは「巨人以外だったらどこが優勝しても良いんですよ」と巨人以外の11球団を応援しているらしく、「めちゃくちゃ野球ファンじゃない?」と自画自賛する。

巨人が最も嫌われている要素として「お金を積み上げてFA宣言した選手を獲得する」ことを挙げる人は多い。その理由について、レッド吉田さんは”全野球ファン”のためだと語気を強める。

ファンには「ドリームチームを作って対戦したい」という気持ちがあり、「オールスターで構成されたチームがリーグ戦を戦う姿を野球ファンは求めている」と主張。その夢を叶えるためにはお金が必要というのだ。ただ、有吉さんは、

「ファンの夢って、巨人ファンだけでしょ?そんなドリームチームなんて見たくもねーよ。巨人の選手がいないドリームチームならいいけど」
「全野球ファンのためって言われると、思い上がるなって感じですよ」

と一蹴した。

菅野は広島に入ってたら30勝していた

全くすきを見せない有吉さんに困惑しつつも、レッド吉田さんは球団ではなく巨人のエース・菅野智之投手の魅力を話す。菅野投手は沢村賞を2年連続受賞しており、年俸はプロ野球史上日本人最高額の6億5000万円とも推測されている。

そんな菅野投手は「菅野さんと自主トレがしたい」と志願した後輩達を引き連れて、オフシーズンにハワイで自主トレをする。後輩ひとりひとりに自らトレーニングメニューを考案し、かかる費用も全額負担している。後輩思いな菅野投手の一面を聞いても、有吉さんは、

「『芸人界で嫌われてる』って言われてる品川庄司の品川でさえ、後輩たくさん連れて、家族も連れてハワイ行くし。ちゃんと後輩の面倒もみてるし、お笑いのことも教えてるし、当然。先輩の役目。当たり前のこと」

とお金を持っている先輩が後輩の世話をするのは芸人の世界では珍しくない、と驚きを見せない。ただ、生え抜き選手がなかなか育たない巨人で、大活躍している菅野選手の潜在能力の高さと人一倍の努力を評価するも、

「巨人であそこまでなったんだからすごいなって思うよ、菅野は。広島が育てたら30勝してるよ」

と断言した。

(※引用元 キャリコネニュース

関連記事

メジャー挑戦の菊池がチーム決別を決めた真相、盟友が去ったのが発端

メジャー挑戦の菊池がチーム決別を決めた真相、盟友が去ったのが発端

問題は、左足。広島東洋カープ・菊池涼介内野手のポスティングシステムによるメジャーリーグ挑戦は、米メディアでも大きく取り上げられていた。米フォーブス誌は「すぐにメジャーリーグのゴールドグラブ賞候補になる …

「江夏の21球」のウラで、古葉監督が考えていたこと…/裏面史探偵

「江夏の21球」のウラで、古葉監督が考えていたこと…/裏面史探偵

衣笠祥雄の気遣い 広島を4度のリーグ優勝と3度の日本一に導いた古葉竹識が、さる11月12日、85歳で亡くなった。広島が初めて日本一になったのは1979年のシーズンである。「江夏の21球」で幕を閉じた近 …

『勝負の年』を迎えたカープ…鈴木誠也の穴埋めに求められる采配の妙

『勝負の年』を迎えたカープ…鈴木誠也の穴埋めに求められる采配の妙

2016年からのリーグ3連覇以降、3年連続Bクラスと低迷が続く広島。昨季はシーズン後半に猛烈な追い上げで3位の巨人に詰め寄ったが、あと一歩及ばず4位に終わった。 就任3年目を迎える佐々岡真司監督だが、 …