カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

連続試合出場記録の『世界の鉄人』衣笠祥雄の年俸は今ならいくら!?

2020年4月20日

連続試合出場記録の『世界の鉄人』衣笠祥雄の年俸は今ならいくら!?

球界のレジェンド今なら年俸はいくら?

今や1億円プレーヤーなど当たり前になった日本球界。もしも、昭和を代表するレジェンド選手たちが現在の日本球界でプレーしたら、いくら稼ぐのか!?妄想企画、スタート!

安定した数字を残しながら連続試合出場をマーク。まさに「鉄人」の呼び名がふさわしい

連続試合出場記録を樹立した“世界の鉄人”:衣笠祥雄
【妄想生涯年俸】
42億7600万円 (年平均1億8591万円)

2018年4月23日、上行結腸がんのため71歳でこの世を去った衣笠祥雄。1970~80年代の赤ヘル黄金期を支え、2215試合連続出場は当時の世界記録で、今でも日本記録として燦然と輝いている。おそらくは、2度と破られることのない連続出場記録はもちろん、国民栄誉賞の授与、背番号3の永久欠番など、その功績は計り知れない。現役引退後もいかつい(?)顔とは裏腹の選手を思うコメントや甘い声で野球評論家として多くのファンに愛された。そんな広島が誇るレジェンドの妄想年俸、僭越ながら査定させて頂こう。

衣笠祥雄のプロ入りは1965年。当時はドラフト実施前だったが、前年には平安(現龍谷大平安)の正捕手として甲子園に春夏連続出場を果たしている。とはいえ、「争奪戦が起こった」ほどの選手ではなかったこと、さらには広島という球団のセオリーを加味して、1年目の年俸は600万円に設定する。プロ入り後、捕手から内野手へと転向したが、入団後の3年間は目立った成績を残せていない。1軍出場は果たしていたので、この間の年俸は微増、もしくは現状維持が妥当だろう。

通算2543安打、504本塁打、1448打点、266盗塁という球史に残る数字を残しながら、1年単位で見ると突出した成績を残していないのだ。ざっくり言ってしまうと、ほぼ毎年「打率2割5分~3割、本塁打20~30本」をコンスタントに叩き出している。もちろん、それはそれで凄い。連続出場を継続しながら一定水準の数字を残し続けることは、想像以上に難しいことだ。ただ、たとえば王貞治や野村克也、同僚の山本浩二のように打撃タイトルの常連でもない限り、年俸を「飛躍的にアップ」させることは難しい。

連続出場を地道に続けてきたのと同じく、年俸も高水準ではあるが緩やかに上昇曲線を描く―。これが、現実的な数字になってくる。

『世界の鉄人』衣笠祥雄の年俸は今ならいくら!?

とはいえ、本企画は「現在であれば」という前提のもと、妄想年俸を算出している。毎年コンスタントに数字を残す衣笠にとって、年俸が一気に上がるタイミング…。当時はなくて、今はあるチャンス。それが、FA権の取得&行使だ。衣笠祥雄がFA権を取得したと仮定して、それを行使するベストタイミング。それはずばり、1976年オフだろう。同年、31盗塁を記録して自身初のタイトルを獲得。打率.299、26本塁打とトリプルスリーに肉迫する数字を残した。所属年数と試合数を考えると、この時点では間違いなく海外FA権を保持している。年齢的にも29歳とベストだ。

広島は基本的にFA権を行使しての残留を認めない球団だが、例えば黒田博樹のような「特例」もある。当然、衣笠祥雄クラスになればその特例が適用されるだろう。行使する、しないは別として、年俸が一気に跳ね上がるのは間違いない。

「広島残留」を前提に考えると、その妄想年俸は3年総額9億円。安すぎる気もするが、そこは「広島」ということでご納得いただきたい。以降も衣笠祥雄は、2割台後半の打率と30本弱の本塁打をコンスタントに継続。20代中盤と30代中盤の成績がほぼ変わらない(というか、30代の方が少し良い)というあたり、「さすが鉄人」という成績を残し続ける。1984年には37歳でキャリアハイを記録し、打点王も獲得。当然、年俸はさらに上がり、衣笠の「妄想年俸」のキャリアハイはなんと38~39歳のシーズン。やはり鉄人は、凄い。

(※引用元 ラブすぽ

関連記事

菊池が巨人移籍でまさかの「キクマル」再結成?どうなるFA移籍市場

菊池が巨人移籍でまさかの「キクマル」再結成?どうなるFA移籍市場

オフの風物詩でもあるFA移籍。今年も、40名程度が新たに権利を獲得する見通しで、有力選手に関しては、シーズン終了を待たずに、様々な情報が飛び交うことも恒例となっている。 今回はそんな選手たちのなかから …

ここ一番で勝てない…「自力V消滅」、崖っぷち招いた短期決戦の弱み

ここ一番で勝てない…「自力V消滅」、崖っぷち招いた短期決戦の弱み

広島が自力V消滅の危機に立たされた。 広島は2019年8月12日、マツダスタジアムで首位・巨人と対戦し7-8で敗れた。先発アドゥワ誠投手(20)が初回に4点を失う大乱調で、3回までに大量6点を許した。 …

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死からちょうど25年が経った。1993年7月20日、32歳の若さでこの世を去った津田恒実。いつも魂を込めて投げ、マウンドでは鬼の形相を浮かべて広島の勝利に貢献した。“炎のストッパー”と呼ばれた …